(作図の詳細)「グループ」タブ


グループ化されたプロットをダブルクリック、または 作図の詳細 ダイアログを開き、左のパネルでグループの先頭のデータセットのアイコンを選択し、て、グループ タブを開きます。

このタブ上で利用できるオプションは、グラフタイプや他のタブで選択されているオプションによりさまざま変化します。これらを使って、グループ化されたプロットをどのような形式にするかを決定します。

Group tab.png

『編集モード』コントロール

  • 独立: グループ内のデータプロットの独立した編集を可能にします。これは、グループの推移の動作を行いませんが、既に適用されているプロットの設定は変わりません。
  • 従属: これを選択すると、次の通り推移するコントロールを適用します。

Note: グループ化したデータプロットを編集する良い方法は、編集モード従属にするか、プロット要素の推移動向を編集するかの何れかです。(次をご覧ください)

グループ推移のコントロール

これらのコントロールを使って、グループ化されたデータプロットの表示属性を編集したり、グループ推移リストを作成することができます。

Group incrementing controls.png
  • 最初の列は、プロット要素のリストです。
  • 推移 列は、それぞれの要素に対する推移動向をリストアップします。
  • サブグループ 列は、サブグループでグループ化されたそれぞれの要素の推移動向を指定するために使われます。
  • 詳細 列は、使用しているリストを表示します。
  • 詳細の右にあるボタンをクリックすると、推移リストエディタ色の作成ダイアログ(カラー/パターンリスト)が開き、現在のリストを編集できます。

推移列

推移 列のドロップダウンリストをクリックし、推移の仕方を設定します。

なし

推移を行わず、最初のプロットのスタイルがグループ内のすべてのプロットに適用されます。

1つずつ

詳細列のリストを使って推移します。推移リスト内の項目数がグループ内のプロットの数よりも少ない場合、推移リストの最後まで使用して、再び最初からリストを繰り返し使用します。

全体に合わす

詳細列のリストを使って推移します。推移リスト内の項目数がグループ内のプロットの数よりも少ないまたは多い場合、推移リストの最初の項目が最初のプロットに使われ、最後の項目が最後のプロットに使われます。それ以外のプロットはリスト内の項目を補間し適切な項目が提供されます。

ビン化

詳細列のリストを使って推移します。推移リスト内の項目数がグループ内のプロットの数よりも少なくない場合、推移リスト内の項目がグループ内のプロット数に従ってビン化され、対応するビンの中央の項目がグループ内の対応するプロットに対して使われます。推移リスト内の項目数がグループ内のプロットの数よりも少ない場合もビン化は行われますが、リスト内の同じ項目がグループ内の複数のプロットに対して適用されます。

ブックロングネーム/ブック名/シート名

詳細列のリストは、ソースのブックロングネーム/ブック名/シート名のインデックスに従って推移するために使用されます。プロットは、同じワークブックまたは同じロングネームのワークブックから作成されるか、同じワークシートまたは同じ名前のワークシートが同じリスト要素にインデックスされます。
推移リスト内の項目数がグループ内のプロットの数よりも少ない場合、推移リストの最後まで使用して、再び最初からリストを繰り返し使用します。

ロングネーム/単位/コメント/サンプル間隔

詳細列のリストは、ソースのブックロングネーム/ブック名/シート名のインデックスに従って推移するために使用されます。プロットは、指定された列ラベル行の同じ値(カテゴリ値または数値)の列から作成され、同じリスト要素でインデックスされます。0、10進数の値、またはリスト内のプロパティの数より大きい値などの値を持つ列ラベル行がある場合、これらの値はプロパティリストにマップすることができないため、Originはその列ラベル行をカテゴリテキストとして扱います。
推移リスト内の項目数がグループ内のプロットの数よりも少ない場合、推移リストの最後まで使用して、再び最初からリストを繰り返し使用します。


Note: ユーザが保存した推移リストのテーマは同じようにテーマオーガナイザで編集できます。

サブグループ列

グループプロットで、推移リストをどのように使うのかを指定します。

なし 推移リストを適用する際に、サブグループを考慮しません。
サブグループ内 サブグループ内で、推移リストを繰り返します。
サブグループ間 サブグループ間で推移リストを繰り返して、各サブグループのプロットが全体として取り扱われ、かつ、同じサブグループ内のデータプロットが同じスタイル設定を共有するようにします。

推移リストでメタデータ(ブックロングネーム/ブック名/シート名/ロングネーム/単位/コメント/サンプリング間隔)を選択した場合、サブグループドロップダウンリストは無効になります。

詳細列

  • 右側のボタンをクリックすると、プロット要素の推移リストエディタが開きます(色要素の編集では色の作成が開きます)。
  • カラーバーを直接クリックしてカラーリスト/パレットを選択します。
    Lin12.png
カラーリストの編集については、 データプロットの色を編集する をご参照ください。
  • シンボルサイズ行の編集可能コンボボックスをクリックして直接シンボルサイズを入力します(単位はポイント)。
    SizeInc1.png
シンボルサイズは、スペース区切りの値または"初期サイズ(+増分)"の形式で指定できます。<自動>シンボルタブサイズ設定に従うことを示します。
スペース区切りの値 初期サイズ(+推移)
SizeInc2.png SizeInc3.png

推移リストでの作業

推移リストを修正するには

  1. 詳細の右隣にあるIncrement Editor editButton.pngボタンをクリックして推移リストエディタまたは色の作成ダイアログを開きます。
Increment editor db.png
OH build colors db.png

推移リストエディタまたは色の作成ダイアログで以下のことができます。

  • 最初の列にあるナンバーセルをドラッグして、リストを再編集します。(下の「1対1組合せ方式」または「総当り組合せ方式」を参照してください)
  • リストメンバーの右にある矢印をクリックして、別のスタイルに設定します(推移リストエディタのみ)。
  • リストメンバーを右クリックして、要素を追加 または 削除 します。(追加された要素はリスト下部に追加されます)
  • 反転ボタンCategories Reverse Button.png をクリックして、要素のリストを反転させます。
  • 推移リストエディタで、リストを右クリックしてリストを テーマとして保存するか、以前保存していたテーマをロードします。色の作成ダイアログで、右クリックして開くショートカットメニューから色の追加挿入削除や、ほかのカラーリストやパレットから色をロードできます。名前を付けて保存をクリックします。
  • 色の作成ショートカットメニューの名前の変更を有効にすると、デフォルトの16進コードの色名を直接編集して、より意味のある名前を割り当てることができます(カスタム色を定義するときに名前を割り当てることもできます)。

グラフのプロパティ(色、シンボルなど)がカテゴリー列にインデックス化されている場合、推移エディタ-や作図の詳細のタブリスト(図形リスト内部リスト)にカテゴリーとの対応がわかりやすく表示されます。

Index Categories List.png

「1対1組合せ方式」または「総当り組合せ方式」推移

1つ以上のプロット要素が1つずつ全体に合わすビン化のいずれかにセットされている場合、推移は1対1組合せ方式または総当り組合せ方式のどちらかで適用できます。

  • 1対1組合せ: 全ての推移要素は、それらのメンバーリストをそれぞれ一巡します。
  • 総当り組合せ方式: 第2要素リストのメンバーは、というようにインクリメントされ、前の最初の要素リストのすべてのメンバーが排出されている要素の階層を確立します。

グループメンバー プレビューは現在の設定の影響を表示します。

  1. 1対1組合せ方式と総当り組合せ方式の推移を選択するには、グループ推移リストの上で右クリックし、ショートカットメニューから「総当り組合せ」または「1対1組合せ」を選びます。
Nested vs concerted.png

総当り方式の要素の並べ替え

総当り組合せ方式で要素が推移するときは、要素の並べ替えと、どのように推移するか設定することが出来ます。

  1. プロット要素をドラッグ&ドロップしてリストを並び替えます。グループ化されたメンバーのプレビューは、並べ替えによってプロット表示がどのようになるかを示します。
Reorder nested list.png

推移リストの保存と再利用

  1. 要素の上で右クリックし、推移リストの保存 を選択します。 このアクションは、この特定の要素のみのリストを保存します。
  2. このリストを後で再利用するには、要素の上で右クリックするか、推移リストのロード を選択します。
Save increment list.png
  1. 全ての 要素を一緒に保存したい場合は、要素でクリックし、テーマの保存 を選択します。
  2. このテーマを後で使いたい場合は、同じショートカットメニューから、テーマのロード を選択します。

サブグループ内またはサブグループ間での推移リストの適用

現在のグループ化されたプロットに対しては、サブグループ設定 でそれらのプロットをサブグループ化し、サブグループを推移リストに適用することが出来ます。

  1. サブグループを有効にするには、サイズによる または 列ラベルによる ラジオボックスにチェックを入れ、グループのサイズ または 列ラベル を選択します。
  2. 上記のグループ推移コントロール表に、サブグループ が現れるので、サブグループ内 または サブグループ間 をドロップダウンリストから選択し、サブグループに次の推移リストをどのように適用するかを指定します。

『グループメンバー』プレビューボックス

このビューボックスには、グループ内のすべてのデータセットに対する現在のプロット属性が表示されます。 ビューボックスは、作図の詳細ダイアログの「グラフグループ」タブや他のタブで行った変更や選択によって更新されます。

サブグループ

このコントロールは、指定したサブグループサイズか、列ラベル行のグループ識別子で、グループ化データプロットをサブグループにさらに分割するために使います。

サブグループ有効化

グループ化プロットのサブグループ化方法を指定します。 オプションリスト

  • なし
    サブグループ不可
  • サイズによる
    指定したグループサイズで、データプロットをサブグループ化します。
  • 列ラベルによる
    指定した列ラベル行に従って、データプロットをサブグループ化します。
サブグループのサイズ

サイズによるサブグループ可能として、選択されている場合にのみ、有効です。このドロップダウンリストはデータプロットを選択または数値を入力してサブグループのサイズを変更します。

列ラベル

列によるサブグループ可能として、選択されている場合にのみ、有効です。このドロップダウンリストは、サブグループ識別子としてアクティブなワークシートから、組込またはユーザ定義の列のラベル行を選択する際に使います。

Note: 縦棒グラフまたは横棒グラフがグループ化されている場合、作図の詳細の積上げ形式 タブ で、サブグループの有効化(グループタブ) を設定

サンプル

サンプル 1: 積上げ棒グラフの列ラベルによるサブグループ

次の例では、同じアークシートデータでの3つのバリエーションを示します。列ラベルでのサブグループ化ー ロングネーム または 予算

Subgroup controls stacked bar example.png

サンプル 2: 列ヘッダ行によるシンボルのサイズと色の制御

この例では、ロングネーム列にグループ情報があり、同じグループのシンボルが同じサイズと色になるようにします。

SizeInc5.png
  1. 作図の詳細ダイアログのグループタブで、サブグループの項目の列ラベルによるを選択して、列ラベルをロングネームにします。
  2. 表では、シンボルの縁色シンボルサイズの両方について、増分1つずつサブグループサブグループ間に設定します。
  3. シンボルの境界の色シンボルサイズ詳細を指定します。
SizeInc4.png