カラーマネージャー

関連する動画はこちら:Color Manager

Originは、Originで使用されるカラーリストパレットを編集するために、カラーマネージャーツールを提供しています。

  • GUIに表示するOriginカラーリストパレットを指定できます。
  • Webやファイルからカラーリストパレットをインポートすることができます。
  • 自分で編集し、新しくカラーリストパレットを作成することができます。


カラーマネージャーのダイアログボックスを開くには:

  1. ツール:カラーマネージャをクリックするか、CTRL + SHIFT + Oを押します。


Color Manager.png

使用できるカラーリスト・パレット

カラーマネージャーツールの左パネルに、使用できるカラーリスト/パレットがリスト化されています。 Note: これらのカラーリスト/パレットは、すべてがOriginのGUIに表示されるわけではありません。

カラーリスト/パレットの名前セルをクリックし、名前を変更できます。カテゴリのドロップダウンリストをクリックし、未定義/ 連続/ 分岐/ 固定 のカテゴリを設定することができます。

名前カテゴリのヘッダをクリックすると、名前カテゴリでリストが並べ替わります。

GUIのカラーリスト・パレットを管理する

カラーマネージャーツールの右パネルに、色の編集のGUIで選択できるカラーリスト/パレットがリスト化されています。

現在のGUIにカラーリスト・パレットを追加する
  • 左パネルで利用できるカラーリスト/パレットを選択します。(ShiftCtrlを使って複数のカラーリスト・パレットを選択することができます。)
  • Button Select To Right.pngボタンをクリックし、選択したカラーリスト・パレットを右パネルに追加します。
GUIからカラーリスト・パレットを削除する
  • GUIに選択リストでカラーリスト・パレットを選択します。
  • Button Select To Left.pngボタンをクリックして削除します。
GUIのカラーリスト・パレットを並び変える
  • 目的のカラーリスト/パレットをクリックします。
  • Button Layer Contents Up.pngButton Layer Contents Down.pngボタンを使って、順序を変更します。
カラーリスト・パレットを編集する
  • カラーリスト・パレットを右クリックし、色の編集を選択します。
  • 組み込みのリストまたはパレットを編集するには、最初にそれらを複製することができます。複製したものは編集可能です。
  • カラーリスト・パレットは、色の作成ダイアログを使用して編集します。
カスタムカラーリスト・パレットを削除する
  • 左側のパネルで、カスタムリスト・パレットを右クリックして削除を選択します。

カラーリスト・パレットのインポート

Originは、Webサイトやローカルファイルから、カラーリストやパレットをインポートすることをサポートしています。新しいカラーリスト・パレットをインポートすると、利用可GUIに選択のどちらのリストにも追加されます。

デフォルトでは、インポートされた20色未満のパレットは、パレット(.pal)ではなくカラーリスト(.oth)として保存されることに注意してください。システム変数@MPSの値を変更すると、この挙動を変更できます。

Webからインポート

このボタンをクリックすると、カラーリスト・パレットのWebサイトのURLを入力するためのダイアログが表示されます。

OriginはドロップダウンリストにいくつかのURLサンプルを提供しています。それらを選択して、カラーリスト・パレットをインポートすることができます。

Import from Web.png

ファイルからインポート

このボタンをクリックすると、ユーザの持つカラーリスト・パレットのローカルファイルを選択することができます。

次のファイル形式をインポートできます:Scribus(.xml)、CorelDrawおよびCorel PhotoPaint(.xml)、Office Color Table(.soc)、Adobe Color(.aco)、Adobe Color Table(.act)、Adobe Swatch Exchange(.ase)、JASC PaintShopPro(.pal)、およびGNUPlot Palette(.pal

XML形式を除いて、これらのパレットファイルはドラッグアンドドロップで追加することもできます。

新しいカラーリスト・パレットを追加する

新規ボタンをクリックし、色の作成ダイアログを開きます。このダイアログでは、必要に応じてカスタムカラーリストを追加できます。

Build Color List.png

カラーリスト

左パネルで16進数カラーコード付きのカラーリストが表示されます。

Color List.png

色の追加・挿入・削除
  • Color List Add button.pngボタンをクリックする/カラーリストを右クリックして追加を選択し、カラーリストの最後に色を追加します。次に、さまざまなの編集(スポイトツールを含む)を使用して色を指定し、置換をクリックします。
  • 色を挿入するには、リストの色を選択し、挿入をクリックして、選択された色の上に現在の色を挿入します。の制御(スポイトツールを含む)の組み合わせを使用して新規の色を作成し、置換をクリックします。
  • ボタンColor List Delete button.pngをクリックする/色を右クリックして削除を選択し、選択した色を削除します。
カラーリストを並び替え
  • 反転ボタンColor List Flip button.png をクリックして、カラーリストを反転させます。
  • 上へ移動Color List Up button.pngまたは下へ移動Color List Down button.pngボタンをクリックして、選択された色をリスト内で1つ分の位置に移動します。
  • 上へ移動Color List Top button.pngボタンをクリックして、選択した色を一番上に移動します。下へ移動Color List Bottom button.png ボタンをクリックして、選択した色を一番下に移動します。
  • リスト番号をドラッグして、カラーリストの順番を変えることもできます。
推移リスト・パレットのロード

カラーリストを右クリックし、推移リストをロードもしくはパレットをロードを選択して、推移リスト・パレットをロードします。そして、このカラーリストを変更して、新しいカラーリストとして保存できます。

色の定義

中央のパネルで、色を定義し、カラーリストに追加します。

色の定義には次の3つの方法があります。

  • 色の選択に、クロスヘアとスライダーを使います。
  • 目薬マーク(スポイトみたいな)マークをクリックして、ワークスペースの別の場所にある箇所の色をクリックで拾います。
  • 編集ボックスにRGB, HSL値または色のHEXを入力します。
Add or Replace Colors.png
  1. リストの色を置き換えるには、色を定義し、置き換えたいリストの色を選択して置換をクリックします。
  2. リストに新しい色を追加するには、色を定義し、新規として追加をクリックします。
  3. 名前の変更をクリックして、選択したリストの色を名前の変更モードにします。このモードでは、カラーブロックの横にある16進数のカラーコードをクリックして、色に名前を付けることができます(なお、システムの色(「赤」など初期状態から設定済みの色)の名前は変更できません)。

補間

表示されるダイアログで、右パネルの補間ボタンをクリックし、補間タイプと補間する色の数を指定します。

Interpolate Color List.png

このダイアログでは、パレットとカラーリストの両方を作成できます。パレットとカラーリストは2色からでも補間することができます。

UG Color Manager interpolate.png

補間タイプ

これらの4つの補間タイプを指定できます。

  • 線形
  • スプライン
  • B-スプライン
  • Akimaスプライン

それぞれの補間法のアルゴリズムについては、Xファンクションのinterp1xyを参照してください。

適用 プレビューを生成します。
OK プレビューを受け入れ、ダイアログを閉じて、カラーリスト・パレットをカラーマネージャに追加します。
キャンセル プレビューを破棄し、補間ダイアログを閉じて、元のリストに戻ります。

名前とカテゴリの設定

一番下にある名前編集ボックスで、ユーザ定義カラーリストの名前を編集します。

Color List Name Category.png

カテゴリ

  • 連続:このカテゴリのカラーリストの色は、2つの主要な色の間で徐々に変化しています。そして、その変化は単一の色相です。
Sequential.png
  • 分岐:このカテゴリのカラーリストの色は、3つの主要な色の間で徐々に変化しています。そして、その変化は多色です。
Diverging.png
  • 固定:このカテゴリのカラーリストの色は、主要な色によって徐々に変化することはありません。
Qualitative.png
  • 未定義:カラーリストが以上3つのカテゴリに属していない場合は、未定義に設定できます

デフォルトのプロットの色を設定

カラーリストラジオボタンが選択されている場合にのみ使用できます。ボタンをクリックし、テーマ・オーガナイザダイアログのシステム推移リストを開きます。