expG2img


メニュー情報

ファイル:グラフを画像としてエクスポート

概要

簡単設定のダイアログでグラフをエクスポートします。

コマンドラインでの使用法

1.expG2img type:=jpg name:="<short name>" path:="C:\Users\Documents\OriginLab\User Files" width:=2000;

2.expG2img type:=emf name:="<PE parent1>-<long name>" path:="C:\Users\Documents\OriginLab\User Files" ratio:=60;

Xファンクションの実行オプション

スクリプトからXファンクションにアクセスする場合、追加のオプションスイッチについてのページを参照してください。

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
グラフ igp

入力

GraphPageBase

<active>

エクスポートするグラフです。デフォルトではアクティブグラフです。

画像の種類 type

入力

int

0

エクスポート画像の形式を設定します。


オプションリスト

  • 0=png:PNG
  • 1=bmp:BMP
  • 2=jpg:JPEG
  • 3=tif:TIFF
  • 4=emf:EMF
  • 5=svg:SVG
  • 6=PDF(MS print to PDF)
ファイル名 name

入力

string

<ロングネーム>

エクスポートするグラフのファイル名を指定します。

ファイルパス path

入力

string

path$

エクスポートした画像ファイルを保存するパスを指定します。デフォルトでは、ユーザファイルフォルダが使用されます。

グラフサイズ size

入力

string

グラフの実際のサイズです。読み取り専用です。

テキストをアウトラインに変換 font

入力

int

0

このチェックボックスをにチェックを付けると、テキスト要素がパスに変換され、PCが対応するフォントをサポートしていなくても、テキストが正しく表示されるようになります。これを有効にしない場合、表示の際にデフォルトのフォントが使用され、一部の文字フォントがほかのフォントと一致しない可能性があります。

ベクター形式 (SVG, EMF) の画像で利用可能

DPI res

入力

int

300

エクスポートするグラフのDPIを指定します。

サイズ倍率 (%) ratio

入力

int

100

画像種類がEMFおよびSVGの場合、エクスポート画像のサイズ倍率を指定できます。

幅(ピクセル単位) width

入力

int

0

画像の幅をピクセルで指定します。デフォルトでは、実際のグラフのサイズが適用されます。

高さ(ピクセル単位) height

入力

int

0

画像の高さをピクセルで指定します。デフォルトでは、実際のグラフのサイズが適用されます。

説明

このXファンクションは、現在のグラフをラスター画像ファイルとしてエクスポートするためのより簡単なツールです。

グラフのエクスポート時に詳細な設定を行う場合は、代わりにexpGraphを使用することになります。

関連するXファンクション

impImage, expMatASC,expImage,expGraph