二重Y軸グラフ

サマリー

このチュートルアルは、2Y軸を持つグラフを作成する方法を示します。

Double Y tutorial 1.png

必要なOriginのバージョン: Origin 2015 SR0以降

学習する項目

  • 2Y軸グラフを作成する
  • 散布図を編集する
  • 軸スケール、タイプ、タイトルなどを変更する
  • 凡例の更新

ステップ

このチュートリアルは、サンプルプロジェクト、\Samples\Graphing\Double Y.opjを使用します。

  1. <Origin Installation Directory>\Samples\Graphing\Double Y.opj を開き、ワークブックをアクティブにします。
  2. ワークシートのデータ4列を選択し、メニューから作図:複数区分/軸:二重Y軸と選択して二重Y軸のグラフを作図します。
  3. 散布図を編集する
    • グラフのプロット上でダブルクリックして、作図の詳細(プロット属性)ダイアログを開きます。プロットをダブルクリックして、作図の詳細ダイアログを開きます。左側パネルで、Layer 1のプロットを選択し、作図形式を散布図、シンボルを三角形にして、大きさを10とします。
      Double Y tutorial 2.png
    • Layer2の最初のデータプロットを選び、 下図のように作図形式サイズを変更します。
      Double Y tutorial 3.png
    • Layer2のエラーバーデータを選択して、エラーバータブで灰色に変更します。
    • OK をクリックしてこれらの変更を適用し、ダイアログボックスを閉じます。
  4. X 軸上でダブルクリックしてダイアログを開きます。X軸(水平アイコン選択時)のスケールタブでX軸のスケールを、開始に92、終了に83、増分に-2を入力します。
    Double Y tutorial 5.png
  5. 垂直アイコンを選択して、Y軸スケールタブを開き、以下のように左Y軸を設定します。
    Double Y tutorial 4.png
  6. 水平アイコンをクリックしてからタイトルタブを開き、X 軸のタイトルを「Transition Temperature (K)」に変更します。
    Double Y tutorial 6.png
  7. 左側パネルでをクリックしてY軸のタイトルを「Deposition Pressure (Torr)」に設定します。
  8. レイヤのドロップダウンリストを2に設定し、レイヤ2に切り替えます。ステップ5 - 6の操作を繰り返し、開始=765終了=795グラフタイプ=線形に設定します。主目盛増分10にします。タイトルタブに移動し、テキストに「Annealing Temperature (\+(0)C)」と入力します。
  9. 軸と軸目盛タブを開き、主目盛副目盛のスタイルを内側に設定してからOKをクリックします。
    Double Y tutorial 7.png
  10. 凡例をクリックして選択し、右クリックすると表示されるオブジェクトの表示属性を選択します。オブジェクトプロパティダイアログボックスを開きます。 タブに移動し、ボックスに変更します。テキストタブには、以下のように設定します。
    \l(1.1) As Grown
    \l(2.1) Annealed
    Double Y tutorial 11.png
  11. OKボタンを押し、オブジェクトプロパティダイアログを閉じます。凡例を適当な場所に移動します。