積み上げグラフ

Stack Graph 02.png

要求されるデータ

通常複数のY列(あるいは、その部分領域)を選択します。(1つのY列を選択すると、通常の2D面積グラフが3次元化されたウォール形式のグラフ表現になります。)関連付けられたX列がある場合はそれを使用し、そうでない場合は、Y列または行番号のサンプリング間隔が使用されます。

グラフ作成

データを選択します。

作図> 複数区分/軸:積み上げ...を選択します。

または、

2Dグラフギャラリーツールバーの積み上げボタンをクリックします。

Stack Graph 01.png

plotstackダイアログボックスが開きます。

Stack Graph 03.png

このダイアログでオプションをカスタマイズし、OKをクリックして確率プロットを作成します。

テンプレート

STACK.OTP (Originのプログラムフォルダにインストールされています)

ノート

  1. この積み上げグラフをプロットするときは、Xファンクションplotstackを使用します。
  2. グラフレイヤは1列に積み重ねられます。
  3. 単一X列を含むワークシートを選択したとき、各Y列はデフォルトで個別のレイヤにプロットされます。しかし、プロット割り当ての項目を開き、自動のチェックを外してレイヤの数各レイヤ中のプロットの数(スペース区切りで入力)を指定することもできます。
  4. 複数のX列を含むワークシートデータを選択した場合、デフォルトでは、レイヤの数 = X列の数になり、各Y列データの左側で一番近いXデータに対してYのデータプロットが作成されます。単一X列の場合と同じように、自動のチェックを外してレイヤとプロットの構成を指定することもできます。X列の数がレイヤの数を上回るような作図はできません。
  5. ワークシートデータは、最も左の列から右に向かって、下のレイヤ2から上方向にに、順番にプロットされます。
  6. 各子レイヤのX軸は、レイヤ1のX軸と直接(1対1)のリンクを持っています。
  7. 軸のタイトルには、関連付けられているワークシートの列名が表示されます。