plotstack


メニュー情報

作図 : 複数区分/軸 : 積み上げ

概要

複数パネル積み上げグラフを作成します

コマンドラインでの使用法

1. plotstack iy:=((1,2), (3,4)) plottype:=line;
2. plotstack iy:=((1,2), (3,4)) legend:=combine link:=0;
3. plotstack iy:=((1,2),(1,3),(1,4)) plottype:=custom custom:="203 200" number:="1 2";

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
入力 iy

入力

XYRange

<active>
入力範囲を指定します。
プロットタイプ plottype

入力

int

0
プロットタイプを指定します。

オプションリスト

  • line:折れ線
    折れ線グラフ
  • scatter:散布図
    散布図
  • LineSymb:線+シンボル
    線+シンボルグラフ
  • column:縦棒
    縦棒グラフ
  • template:テンプレートの使用
    各レイヤのプロットに、指定されたテンプレート(グラフテンプレートで指定)のプロットタイプを使用します。例えば、指定したテンプレートで指定したプロットのタイプはnだとします。そして各レイヤ内の最大レイヤ数はmです。もしnがmより多い場合、最初のmプロットタイプはテンプレートが使用されます。または、テンプレートの全プロットタイプが最初のn個のプロットに使用され、それ以降のプロットはテンプレートの最後のプロットタイプを使用します。
  • custom:カスタム
    custom 変数で指定したプロットタイプを使用します。
各レイヤ中のグラフタイプ custom

入力

string

200
この変数はプロットタイプカスタムのときに利用できます。各レイヤのプロットに対してプロットタイプを指定します。各プロットタイプにはそれぞれの値があります。それらはダブルクオテーションで囲まれ、スペースで区切られています。関連するプロットタイプの値については ここ をクリックして下さい。指定されたタイプの数がプロットのレイヤ数よりも少なかった場合、プロットタイプはテンプレートのものが使用されます。
グラフテンプレート template

入力

string

stack
グラフページのテンプレートを指定します。プロットタイプテンプレートの使用の場合、テンプレート内のプロットタイプが使用されます。Origin 2018以降、*.otpu と *.otpとどちらのテンプレートタイプも使用できます。
向き portrait

入力

int

1
グラフの向きを指定します。

オプションリスト

  • landscape:横
    グラフの向きを横にします。
  • portrait:縦
    グラフの向きを縦にします。
積上げの方向 dir

入力

int

0
積み上げ方向を指定します。

オプションリスト

  • vertical:垂直
    全レイヤを垂直方向に積み上げます。
  • horizontal:水平(X・Y軸の交換)
    全レイヤを水平方向に積み上げます。X-Y軸が交換されるので注意してください。
レイヤの順序 order

入力

int

1
レイヤの並べ方を指定します。

オプションリスト:

  • top:上から下/左から右
    レイヤは上から下(積上げの方向垂直の場合)または左から右(積上げの方向水平(X・Y軸の交換)の場合)に並べられます。これは最初のレイヤが上または左に来ることになります。
  • bottom:下から上/右から左
    レイヤは下から上(積上げの方向垂直の場合)または右から左(積上げの方向水平(X・Y軸の交換)の場合)に並べられます。これは最後のレイヤが上または左に来ることになります。
凡例 legend

入力

int

1
グラフの凡例を作成する方法を指定します。

オプションリスト

  • none: 凡例なし
    グラフに凡例を付けません。
  • seperate:各レイヤ毎の凡例
    各レイヤに個別の凡例を作成します。
  • combine:全てのページ用の1つの凡例
    全レイヤのデータプロットを含めた1つのグラフ凡例を作成します。
レイヤリンク link

入力

int

1
レイヤをリンクするかどうかの指定します。
X軸のリンク xlink

入力

int

1
この変数はレイヤをリンクチェックボックスが選択されている場合にのみ有効です。全レイヤのX軸間にどのようなリンクを設定するか指定します。

オプションリスト:

  • none:なし
    X軸スケール間のリンクを設定しません。
  • straight:直接(1対1)
    子レイヤのX軸が親レイヤのスケール値を反映するリンクを作成します。
単位のリンク unit

入力

int

6
この変数はレイヤをリンクチェックボックスが選択されている場合にのみ有効です。レイヤに対する単位を指定します。

オプションリスト:

  • page: ページの%
    この単位は、ページサイズに相対的な同じレイヤサイズを維持するのに役立ちます。これが選択されると、レイヤの『左』、『上』、『幅』、『高さ』のテキストボックスの値は、グラフページの高さと幅のパーセンテージで表示されます。
  • inch:インチ
    これが選択されると、レイヤの『左』、『上』、『幅』、『高さ』のテキストボックスの値は、インチで測られます。
  • cm:cm
    これが選択されると、レイヤの『左』、『上』、『幅』、『高さ』のテキストボックスの値は、cmで測られます。
  • mm:mm
    これが選択されると、レイヤの『左』、『上』、『幅』、『高さ』のテキストボックスの値は、mmで測られます。
  • pixel:ピクセル
    これが選択されると、レイヤの『左』、『上』、『幅』、『高さ』のテキストボックスの値は、ピクセルで測られます。
  • point:ポイント
    これが選択されると、レイヤの『左』、『上』、『幅』、『高さ』のテキストボックスの値は、ポイントで測られます。
  • link:リンクされたレイヤの%
    このオプションを使用すると、親レイヤ枠の寸法から見て子レイヤのレイヤ枠の寸法やオフセットの値を指定できます。この単位が選択されると、レイヤの『左』、『上』、『幅』、『高さ』は、親レイヤフレームの高さと幅のパーセンテージで表示されます。
レイヤの数 layer

入力

int

<auto>
レイヤの数を指定します。Xデータセットが1つの場合、デフォルトでは全Yデータが個別のレイヤにプロットされるので、レイヤの数とプロットの数は同じです。複数のXデータセットがある場合、各Yデータセットから見て左側にある直近のXデータセットに対してプロットされるのがデフォルトです。このデフォルトの構成は、レイヤの数と各レイヤ中のプロットの数を指定することで編集できます(例: plotstack layer:=3 number:="2 2 9")。X列の数はレイヤの数を超えることはできません。
各レイヤ中のプロットの数 number

入力

string

1
各レイヤのプロット数を指定できます。各レイヤのプロット数はスペース区切りで指定します。例: 1 2 3
垂直/水平ギャップ gapy

入力

int

0
隣接するレイヤ間の垂直ギャップ (積み上げの方向垂直) 、もしくは水平ギャップ(S積み上げの方向水平(X-Y 軸の交換)) を指定します。
左端余白 leftmg

入力

int

15
ページの左側余白の位置を指定します。
右端余白 rightmg

入力

int

10
ページの右側余白の位置を指定します。
上部余白 topmg

入力

int

10
ページの上部余白の位置を指定します。
下部余白 bottommg

入力

int

10
ページの下部余白の位置を指定します。
新しく作成したグラフを非表示にする hide

入力

int

0
新しく作成したグラフを非表示にするかどうか指定します。このオプションはダイアログでは表示されていません。この変数の値を設定するのはLabTalkスクリプトからのみです。

説明

このXファンクションは複数の範囲を積み上げグラフとして作図します。各レイヤのプロットタイプを編集できるほか、レイヤの積み上げ方向を垂直または水平にするか指定できます。

詳細は、Originヘルプの積み上げグラフをご覧下さい。

サンプル

  • サンプルコード
// plotstackの機能は作図 : Multi-Curve :
//積み上げメニューで使われますが、
// テンプレートを指定する追加機能を持つ
newbook;
string fn$ = system.path.program$ + "Samples\Graphing\Linked Layers 1.dat";
impasc fname:=fn$;
%N = %H;
// 全列 vs. 列1の積み上げグラフを作成
plotstack iy:=(1,2:end) plottype:=line link:=1 xlink:=1;

// 列2 vs. 列1と列4 vs. 列3
win -a %N;
plotstack iy:=((1,2), (3,4)) plottype:=column link:=0;

// 使用するテンプレートを指定できますが、この機能はデータセットごとにテンプレートのインスタンスを1つロードするので、
// このテンプレートは単一レイヤのテンプレートにする必要がある
// スタイルホルダを使用する場合は、プロットタイプがテンプレートと一致している必要がある
win -a %N;
plotstack iy:=((1,2),(1,3),(1,4)) plottype:=3 template:=column;

// すべてのワークシートを最小化し、残りのウィンドウをタイル表示
doc -e W {
    win -i;
}
win -s T;  //ウィンドウを水平方向に並べる

関連 X ファンクション

newpanel