グラフウィンドウの統合ダイアログボックス


グラフウィンドウの統合ダイアログボックスを開くには、グラフウィンドウがアクティブな時にグラフ操作:グラフウィンドウの統合と操作します。

Merge Graph Dialog Box1.png

この機能は指定したグラフを新しいグラフウィンドウに統合します。新しいグラフでは、元のグラフは * グリッドで配置されます。

グラフ

グラフが統合される順序でグラフを一覧表示します。ボックスの上部にあるボタンを使用すると、グラフを選択して並べ替えることができます。グラフ選択用のフライアウトメニューに注目してください。

Merge Graph Dialog Box Graphs Controls.png

フライアウトメニューオプション

現在のページ アクティブページ内のすべてのグラフ
現フォルダ中の全て サブフォルダを除く、アクティブフォルダ内の全てのグラフ
現フォルダ中のすべて(再帰的に適用) サブフォルダを含む、アクティブフォルダ内のすべてのグラフ
現フォルダ中のすべて(オープンのもの) アクティブフォルダ内の開いている全てのグラフ
現フォルダ中の全て(埋め込みを含む) 埋め込みグラフを含むアクティブフォルダ内の全てのグラフ
プロジェクト中のすべて プロジェクト内のすべてのグラフ
グラフブラウザ グラフブラウザを開きます(次のセクションをご覧ください)

グラフブラウザ

グラフブラウザは、 グラフリストにグラフを追加するために使用されます。 左上隅のフォルダフィルタドロップダウンを使用すると、フォルダ内のすべてのグラフを参照してから、Button Expand Panel Right.pngボタンとButton Expand Panel Right.pngボタンを使用して、グラフリストにグラフを追加または削除できます。

Merge Graph Dialog Box Browser.png


注意点:

  • 埋め込みグラフを表示する ボックスをオンにすると、ワークシートに埋め込まれているグラフを参照して含めることができます(スタンドアロングラフとしては存在しなくなる可能性があります)。
  • 右側のパネルで(a)名前見出しをクリックするか、(b)名前のすぐ左にあるボタンをドラッグして、グラフをソートまたは再配置できます。

元のグラフを保持

統合を実行した後、元のグラフを保持するかどうかを指定します。

レイアウトの再配置

複数レイヤを含むグラフに属するレイヤを再配置するかどうかを指定します。

リンクレイヤを持つ複数レイヤグラフを統合する場合、各グラフは一つの単位として扱われ、個別のグラフのレイヤリンク関係は保持されます。

Merge linked layer graphs.png

配置の設定

レイヤを配置する時の設定です。

行の数 新しいグラフでの行数を指定します。グラフは、新しいウィンドウの行と列の並びを再配置します。
列の数 新しいグラフでの列数を指定します。グラフは、新しいウィンドウの行と列の並びを再配置します。
グリッドのためのレイヤを追加 元のグラフの数が行数と列数の積より少ない場合、空白のグリッドに対して新しいレイヤを追加するかどうかを指定します。
レイヤの縦横比を維持 グラフレイヤの元の縦横比を維持するかどうかを指定します。
それぞれの元のグラフを1つの単位として扱う このチェックをつけると、1つのグラフ内の全てのレイヤはグラフを統合している時に1単位として認識されます。元のグラフでリンクしていないレイヤは元のレイヤ1にリンクされます。

この制御は、レイアウトの再配置がオンになっていて、向き自動に設定されている場合は使用できません。

レイヤリンク 全てのリンクしていないレイヤを統合したグラフのレイヤ1にリンクします。リンク済みのレイヤは、統合前にリンクしていたレイヤとリンクした状態が保持されます。

Note: それぞれの元のグラフを1つの単位として扱うレイヤリンクの両方をチェックすると、以下のようになります。

  • それぞれのソースグラフでリンクのないレイヤは、ソースグラフのLayer1とリンクします。
  • 各ソースグラフのレイヤ1 は統合したグラフのレイヤ1にリンクします。
共通スケールでレイヤ幅を設定

それぞれのレイヤ幅を共通スケールで定義します。例えば、積み上げ横棒グラフの作図する際に共通スケールを決めて、レイヤ間でバーの長さを直接比較することができます。一方、このオプションがないと、同じ物理量を示す2つの軸が、異なるスケール範囲となってしまう可能性があります。

この制御は、レイアウトの再配置がオンになっていて、向き自動に設定されている場合は使用できません。

共通スケールでレイヤ高さを設定

それぞれのレイヤ高さを共通スケールで定義します。例えば、積み上げ縦棒グラフの作図する際に共通スケールを決めて、レイヤ間でバーの長さを直接比較することができます。一方、このオプションがないと、同じ物理量を示す2つの軸が、異なるスケール範囲となってしまう可能性があります。

この制御は、レイアウトの再配置がオンになっていて、向き自動に設定されている場合は使用できません。

軸フレームを表示 このチェックは軸や目盛が重なった時に重なった軸や目盛を非表示にして、軸フレームを表示するか指定します。

間隔

単位 以下の間隔と余白の単位を指定します。サポートされている単位:ページに対する%, インチ, cm, mm, ピクセル, ポイント
水平の間隔 隣り合うレイヤ間の水平の間隔を指定します。
垂直の間隔 隣り合うレイヤ間の垂直の間隔を指定します。
左端余白 新しいグラフページまでの左余白を指定します。
右端余白 新しいグラフページまでの右余白を指定します。
上部余白 新しいグラフページまでの上余白を指定します。
下部余白 新しいグラフページまでの下余白を指定します。

ページ設定

新しい向きの設定である「自動」が、Origin 2021bより追加されました。下記の説明のように、これにより、ページのサイズが大きくなります。グラフを元のグラフと同じサイズのページに統合するには、向きまたはに設定します。

向き この中から、新しいグラフの向きを指定します。
  • 自動

デフォルトでは、自動が選択されています。つまり、統合されたグラフのレイヤサイズは保持されます。ページの高さと幅は、レイヤサイズと余白の合計によって制御されます。

新しいグラフページの幅を指定します。向きを指定するために自動を選択すると、使用できなくなり、ページの幅のみが表示されます。
高さ 新しいグラフページの高さを指定します。向きを指定するために自動を選択すると、使用できなくなり、ページの高さのみが表示されます。
単位 新しいグラフページのテンプレートを指定します。
Note:2つ以上のグラフを1x 1配置(1行1列)と指定し、向き = 自動(つまり、複数のレイヤがオーバーラップする)の場合、Originはオーバーラップしたレイヤ/グラフの最大の幅と高さの寸法を使用します。

スケールエレメント

スケール レイヤ枠、レイヤとスケールに接続している軸、軸ラベル、凡例、データプロット、他のオブジェクトが、新しいグラフページのレイヤのサイズが変わったときに、どのような効果にするかを指定します。
  • 自動: 元のグラフの設定を使用します。
  • レイヤフレームでスケーリング:レイヤの大きさに比例してレイヤ要素をスケールします。
  • 固定倍率:各レイヤ要素のサイズを、元のサイズ(フォントサイズ、シンボルサイズ、線幅など)で決定します。これらの要素のサイズは、元のサイズと固定倍率で指定するスケール因子との掛け算で決定されます。
固定倍率 これは、スケールドロップダウンで固定倍率にセットされている場合のみ利用可能です。固定倍率を指定します。
Note:グラフレイヤの作図の詳細サイズタブ 内のスケールエレメントグループで固定倍率を設定している場合、グラフを他のグラフと統合し、ページの設定項目向き= 自動に設定すると、固定倍率1で上書きされます。

ラベルを追加

ラベルテキスト 統合したグラフのラベルを追加・フォーマットする項目です。
  • なし:グラフにラベルを追加しません。
  • A: ラベルは大文字で表示されます(ABC等)
  • a: ラベルは小文字で表示されます(abc等)
  • カスタム:下にあるテキストボックスにラベルを定義します。
カスタム このテキストボックスは、ラベルテキストドロップダウンリストでカスタムが選択されているときのみ利用できます。カスタムラベルのテキストを指定します。
  • a$ および A$を選択すると、 (a, b, c...) および (A, B, C...)のような小文字、大文字が、統合されたレイヤのラベルを付けのために使用されます。
  • r$ および R$を選択すると、 (i, ii,iii...)および (I, II, III...)のようなローマ数字の小文字、大文字が、統合されたレイヤのラベルを付けのために使用されます。
  • n$が選択すると、(1, 2, 3...)のようなレイヤ番号がレイヤのラベルを付けのために使用されます。
  • h$を選択すると、レイヤに文字#が追加されます。
  • Graph ##カスタムテキストボックスで選択できます。ラベルは、Graph 01, Graph 02, Graph 03という形式でグラフに追加されます。
  • アクティブウィンドウタイトルの名前は文字列レジスタ %H に保存されます。このオプションを選択して、ウィンドウのショートネームでラベルを付けます。このラベルは静的ラベルとなります。ソースウィンドウのタイトルが変更されても、テキストラベルは更新されません。

デフォルトで「置換の有効」チェックボックスが選択されており、変数表記と列挙コードをサポートしています。 列挙コードでは、%(u$)%(v$) が、大文字と小文字を列挙します。$(i)# が、インデックスを列挙します。%(p$) は、文字#を示します。

ラベル位置 ラベルの位置をコントロールします。ラベルは、外側の左上内側の左上外側の右上内側の右上上部中央内側上部中央外側、または底部中央外側に表示できます。