(作図の詳細)リッジラインプロットの表示タブ

この表示タブは、各サンプルの分布を表示する方法を制御するために使用されます。

The (Plot Details) Display3 Tab 01.png

種類

どの種類のリッジラインを表示するか設定します

  • 分布曲線
    リッジラインプロットの分布曲線のみを表示します
  • データポイント付き分布曲線
    データポイント付きの分布曲線を表示します。後述する曲線下のデータポイントにチェックして曲線上にデータポイントを表示する代わりに曲線下にデータポイントを表示できます。データタブが表示され、どのようにデータを表示する設定できます。
  • ラグ付き分布曲線
    曲線下にラグの付いた分布曲線を表示しますラググループでラグの編集ができます。
  • 境界線のないヒストグラム
    全てのプロットを境界線のないヒストグラムで表示します

曲線下のデータポイント

このオプションは種類データポイント付き分布曲線を選択した場合に表示されます。チェックをつけた場合にはとデータポイントは分布曲線の下にプロットされます。つけなかった場合にはデータポイントは曲線上に重ねて表示されます。

分位数の線

分位数の線を表示するかどうかとどこで表示するかを設定します。チェックをつけると続いて数値を入力する空のボックスが表示されます。入力できる数値は0~100です。

線種

いったん分位数の線を追加すると線種オプションが利用できるようになり、線のスタイルや色、太さを設定できます。

位置

列ラベルの行を選択して、Y方向のリッジラインの位置を制御します。デフォルトでは、列インデックスがリッジラインの場所決定します。

ラグ

種類ラグ付き分布曲線を選択するとラグパネルが表示され、リッジラインの下に表示されるラグを制御できます。

ラグの太さサイズ(%)曲線との間隔を設定できます。