パラメータタブ (上側パネル)

NLFit Parameter tab.png

このタブを使って、パラメータの値、有効桁数などを確認することができます。ここには、フィット処理中にパラメータ値を可変または固定にするかどうかを制御するチェックボックスがあります。 誤差など、各パラメータのその他の情報についてもこのタブ内に表示されます。このタブを使ってフィット処理をモニタリングすることができます。

自動パラメータ初期化チェックボックス

選択したフィット関数の自動パラメータ初期化コードを実行します。

すべての組み込み関数に対して、自動パラメータ初期化コードが提供されています。ユーザ定義関数に対して、このようなコードは任意です。パラメータ初期化コードが提供されていない場合、自動パラメータ初期化チェックボックスを選択していても、すべてのパラメータ値は欠損値となります。 この場合、フィット処理を開始する前に、予想値を入力する必要があります。

詳細については、 パラメーラ初期化ページをご覧下さい。

隠すボタン

このボタンをクリックしてパラメータを隠すダイアログを開きます。選択されたパラメータはパラメータ表で隠されます。これは、初期パラメータ値またはフォーマットを操作するときに役立つ場合があります。パラメータを非表示にしても、フィット処理からパラメータが除かれることはありません。

Hide parameter.png

前へボタンと次へボタン

一回反復計算を戻してパラメータを確認する場合は、前へボタンPrevious button.pngをクリックします。同じように、次へボタンNext button.pngをクリックして1回反復計算を進めることができます。

パラメータ表

すべてのパラメータがここに表示されています。各パラメータの情報は各行の列にあります。

結果シートにパラメータ表を表示して意味列の情報を表示するには、設定タブに移動し、詳細 > 意味のチェックをオンにします。

列タイトルを右クリックして表示されるコンテキストメニュー

NLSF dialog Para tab 2.png

列タイトルを右クリックすると、コンテキストメニューが現れ、パラメータのプロパティを表示(または非表示)する列を選択します。すべての列を表示を選択すると、このテーブルにすべての列を表示します。

これらの列は、ピークフィットパラメータダイアログの対応する列と同じ意味を持ちます。 各列に関する詳細は、こちらをご覧下さい。

タブタイトルを右クリックして表示されるコンテキストメニュー

パラメータタブのタイトルを右クリックすると、下記のコンテクストメニューが開きます。

NLSF dialog Para tab 1.png

これは、ピークフィットパラメータダイアログの対応するコンテキストメニューと同じ方法で動作します。詳細に関しては、ピークフィットパラメータのヘルプをご覧下さい。

値のセルのフォーマットを指定する

のセルは数値、日付と時間フォーマットをサポートしています。

PTUP Para tab.png

パラメータタブののセル上で右クリックします。 ショートカットメニューから、セルのフォーマットを選択します。開いたセルのフォーマットダイアログの列のデータ型ドロップダウンリストから選択します。日付と時間を選択すると、表示フォーマットドロップダウンリストからフォーマットが指定できます。カスタム定義の日付、時間フォーマットを使うには、表示フォーマットドロップダウンリストからカスタム表示を選択し、カスタム表示コンボボックスにフォーマットを入力します。

PTUP Format Cells dlg.png

境界タブの下側境界上側境界のセルに関しても同じ方法で指定できます。

パラメータ値をコピー/貼り付けする

NLSF dialog Para tab 3.png

同じフィッティング関数を使用して複数のデータセットに対して独立したフィッティングを行う場合、フライアウトメニューを使用して、他のデータセット内のすべての同じパラメータに現在の値を適用できます。

例えば、上のスクリーンショットのように、パラメータxcの値を右クリックします。 フライアウトメニューから同じ”値”を全てのxcに適用するを選択して、同様のパラメータxc_1xc_2xc_3、およびxc_426を適用します。このメニューを使用して、初期値をコピーして、並列化されたすべてのパラメータに貼り付けます。


Note:
  • フィット処理中に、パラメータの「固定」ボックスが選択されていると、パラメータ値は変化しません。
  • 共有」チェックボックスは、グローバルフィットが選択されているときに利用できます。
  • パラメータ値および固定チェックボックスの状態は、ダイアログテーマに保存できます。 詳細については、テーマでフィットするをご覧ください。
  • フィット関数を定義するときに、これらのパラメータ設定を指定することができます。これは、関数オーガナイザパラメータ設定ボックスで行うことができます。詳細情報は、フィット関数オーガナイザダイアログボックスを参照してください。
  • ダイアログテーマ内のパラメータ設定は、関数定義ファイル(FDF)の設定より優先されます。 テーマが読み込まれると、テーマに保存されているパラメータの初期値がFDFファイルの初期値に代わって使われます。