統計ガジェット

概要

統計ガジェット (addtool_curve_stats Xファンクション)を使って、四角形で選択した関心領域(ROI)のデータについて、基本的な統計情報を得ることができます。

Statistics Gadget.png

このダイアログで、次のことができます。

  • ROIの上に結果を表示
  • ROI内の平均と、指定した倍数(n)の標準偏差ラインを表示
  • ROIが移動した場合、結果を更新
  • グラフレイヤの中にあるプロットから、必要なデータプロットを簡単に選択
統計ガジェットを使うには

ツールを使うには、グラフがアクティブなときに、メニューからガジェット:統計を選びます。

ROIボックスタブ

Statistics Gadget ROI Box Tab.png
Xスケール ROIのXデータ範囲を指定します。
開始 (leftx)
Xスケールの開始値を指定します。
終了 (rightx)
Xスケールの終了値を指定します。
固定(ROIによる変動を防止)(fixscale)
X目盛りを固定してROIボックスによって動くのを防ぎます。
ツール名を表示する(toolname) グラフ内の四角形の左上に、ツール名を表示するかどうかを指定します。
塗り色 (rectcolor) 関心範囲(ROI)の色を指定色の選択については、 データプロットの色を編集する をご参照ください。
平均ライン(meanline)を表示 四角で覆われたデータの平均ラインを表示するかどうかを指定します。デフォルトの設定は1です。
形状 (style)
このドロップダウンリストから希望の接続線を選択します。
幅 (width)
このコンビネーションボックスで、線の太さを入力または選択します。線の太さはポイントを単位とし、1ポイント= 1/72インチとなります。
色 (color)
このドロップダウンリストから、線の色を選択します。色の選択については、 データプロットの色を編集する をご参照ください。
標準偏差ラインを表示(sdline) 四角形で囲われた標準偏差ラインを表示するかどうかを指定します。デフォルトの設定は0です。(チェックがない場合)
SDの倍数 (nSD)
標準偏差ラインを作成するために、標準偏差値の因子を指定します。
形状 (style)
このドロップダウンリストから希望の接続線を選択します。
幅 (width)
このコンビネーションボックスで、線の太さを入力または選択します。
色 (sdcolor)
標準偏差ラインの色を指定します。色の選択については、 データプロットの色を編集する をご参照ください。
最小/最大の線(極値)を表示 (extremumline) 四角で覆われたデータの平均ラインを表示するかどうかを指定します。デフォルトの設定は0です。(チェックがない場合)
形状 (style)
このドロップダウンリストから希望の接続線を選択します。
幅 (width)
このコンビネーションボックスで、線の太さを入力または選択します。
色 (color)
境界線の色を指定します。色の選択については、 データプロットの色を編集する をご参照ください。
値 (valForm)
ドロップダウンリストから、最大値および最小値ラベルの数量を指定します。:<X,Y>ではXの値とYの値両方をラベルに使用し、 Y ではYの値のみをラベルに使用します。
線の長さ (linelength) 平均ライン、および/または、標準偏差ラインの長さを指定します。以下のオプションがあります。
  • ROIボックス内部(0): ROI矩形内に直線を表示します。
  • レイヤまでの長さ(1): 拡大して、レイヤ全体に直線を表示します。
  • カスタム(2): 開始終了で指定した範囲内に直線を表示します。
線ラベル位置 (linelabelpos) 線ラベルの位置を指定します。以下のオプションがあります。
  • なし (0): 線を非表示にします。
  • 内部左 (1): 四角形内の左側に線ラベルを表示します。
  • 内部右 (2): 四角形内の右側に線ラベルを表示します。
  • 外部左 (3): 四角形外の左側に線ラベルを表示します。
  • 外部右 (4): 四角形外の右側に線ラベルを表示します。
ラベル形式:カスタム
  • 値 (0): それぞれの値で、平均と標準偏差をタグ
  • ラベル (1): それぞれのラベルで、平均と標準偏差をタグ
  • 両方 (2): 値とラベルの両方でタグ

ROIボックスタブの上中央に表示

Statistics Gadget Show Top Tab.png
N (n) ROIの上部に、選択したデータポイントの数を表示するかどうか指定します。デフォルトの設定は、checked (1)です。
平均 (mean) ROIの上部に、選択したデータポイントの平均値を表示するかどうか指定します。デフォルトの設定は、checked (1)です。
SD (sd) ROIの上部に、選択したデータポイントの標準偏差を表示するかどうか指定します。デフォルトの設定は、checked (1)です。
最小 (min) ROIの上部に、選択したデータポイントの最小値を表示するかどうか指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
最小のX (xmin) ROIの上部に、選択したデータポイントの合計を表示するかどうか指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
最大 (max) ROIの上部に、選択したデータポイントの最小値を表示するかどうか指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
最大のX (xmax) ROIの上部に、選択したデータポイントの合計を表示するかどうか指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
総和 (sum) ROIの上部に、選択したデータポイントの合計を表示するかどうか指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。

出力先タブ

Statistics Gadget Output To Tab.png
スクリプトウィンドウ (script) スクリプトウィンドウに結果を出力するかどうかを指定します。 デフォルトの設定は、checked (1)です。
結果ログ (reslog) 結果ログに結果を出力するかどうかを指定します。 デフォルトの設定は、checked (1)です。
ワークシートに追加 (appendwks) 結果をワークシートに書き出すかどうかを指定します。 デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
結果ワークシート名

(wksName)

これは、ワークシートに追加(appendwks)が選択されたときのみ有効です。これはワークシートの名前を指定するのに使用します。
  • 結果は、デフォルトで[QkStats]Resultに出力されますが、ほかのブックやシートを指定することもできます。指定したブックやシートがない場合、作成して出力します。
  • もう一つの方法として、結果ワークシート名の右側にあるフライアウトボタンGadget flyout button.pngをクリックして、入力ブック内のシートを選択します。これにより、編集ボックスには[<input>]Resultが入力されます。結果は、元データのワークシートResultに出力されます。

値タブ

Statistics Gadget Quantities Tab.png
データセット識別子(名前) ドロップダウンからデータセット識別子を指定します。デフォルトの設定は、Plot Legend (5)です。
入力範囲インデックス (range) 終了行のインデックスを出力するかどうかを指定します。デフォルトの設定は、checked (1)です。
N (n) 入力データポイントの数を出力するかどうかを指定します。デフォルトの設定は、checked (1)です。
総和 (sum) 入力データ範囲の合計を出力するかどうかを指定します。 デフォルトの設定は、checked (1)です。
平均 (mean) 入力データ範囲の平均値を出力するかどうかを指定します。 デフォルトの設定は、checked (1)です。
メディアン (median) 入力データ範囲の中央値を出力するかどうかを指定します。 デフォルトの設定は、checked (1)です。
SD (sd) 入力データ範囲の標準偏差値を出力するかどうかを指定します。 デフォルトの設定は、checked (1)です。
最小 (min) 入力データ範囲の最小値を出力するかどうかを指定します。デフォルトの設定は、checked (1)です。
最小のX(xmin) データポイントのXの最小値を出力するかどうかを指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
最大 (max) 入力データ範囲の最大値を出力するかどうかを指定します。デフォルトの設定は、checked (1)です。
最大のX (xmax) データポイントのXの最大値を出力するかどうかを指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
標準誤差  (sem) 標準誤差を出力するかどうかを指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
平均の下側95%信頼区間 (LCL) 平均の下側95%信頼区間を出力するか指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
平均の上側95%信頼区間 (UCL) 平均の上側95%信頼区間を出力するか指定します。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
パーセンタイル (percentile) 任意のパーセンタイルを出力するか指定します。下記のパーセンタイルリスト コンボボックスにパーセンタイル値を入力することが可能です。デフォルトの設定は、unchecked (0)です。
パーセンタイルリスト (percentileList) 任意のパーセンタイル値を指定します。スペースキーで、数をそれぞれ指定します。デフォルトの設定は90 95 99.です。

フライアウトメニュー

新しい出力(0) 新しい結果を出力します。統計ダイアログの出力先タブで、出力先を指定します。
レポートシートに行く もし出力されているならば、レポートワークシートをアクティブにします。
クリップボードに出力 選択すると(メニューの項目にチェックが入っている)、新しい出力がクリップボードに出力されます。
線にタグ 線のオブジェクトとして、線(平均ラインと標準偏差ライン)の表示を追加します。削除および変更したテキストオブジェクトとして、追加した線にラベル付けをします。ガジェットを閉じても、線とテキストは削除されません。
データ変更 元データセットを変更します。これは複数の曲線がグラフレイヤ内ある場合のみ適用されます。デフォルトでは、現在のレイヤ内にあるすべてのプロットが選択されます。フィットデータ/プロットを変更します。デフォルトでは、現在のレイヤ内にあるすべてのプロットが選択されます。
  • 全てのプロットについているチェックを外すと、全て未選択になります。
  • 各プロットにチェックを付けて、そのプロットを選択します。
  • 選択...または、詳細...をクリックするとプロットを選択ダイアログが開きます。
  • 自動モードは最初は淡色表示になっていますが、全てのプロットのチェックを外すと有効になります。チェックを付けると、グラフのROIボックスの外側でデータプロットのを選択/強調表示するとターゲットデータ/プロットになります。Origin 2019以前のバージョンでは、自動モードはありません。ターゲットプロット/データを変更するには、フライアウトリストまたはプロットを選択ダイアログから選択する必要があります。
プロット群の最大範囲に拡大する 全プロット範囲にROIボックスを拡大します。
ROI位置の固定 ROIボックスの位置を固定して、移動できなくします。
テーマに名前を付けて保存 ダイアログ設定にテーマを保存します。
<デフォルト>として保存 現在のダイアログの設定をデフォルトのテーマとして保存します。
テーマのロード 既存のテーマをロードして、ダイアログ設定に適用します。
設定 統計ダイアログを開きます。メニューのガジェット: 統計を選択して、ガジェットを開始したときと同様です。

サンプル

  1. 新しいワークシートを作成します。
  2. <Originプログラムフォルダ>\Samples\Data ManipulationにあるOriginのサンプルファイルnot_monotonic_multicurve.datをインポートします。
  3. 列Bを選択し、作図:折れ線:折れ線を選択してグラフを作図します。
    Quick Statistic tool 01.png
  4. グラフウィンドウをアクティブにして、Originメニューからガジェット: 統計: ダイアログを開くを選択し、統計: addtool_curve_statsダイアログボックスを開きます。
  5. デフォルト設定のまま、OKをクリックし、グラフにROIボックスを追加します。ROIボックスのサイズと位置を調整して、データ範囲を以下のように選択します。
    Quick Statistic tool 02.png
  6. 四角形の上部にあるROI arrow.pngボタンをクリックして、フライアウトメニューから新しい出力を選択します。結果は、デフォルトの出力先のスクリプトウィンドウ結果ログに出力されます。
    Quick Statistic tool 03.png
  7. 三角ボタン ROI arrow.png をクリックして、フライアウトメニューから、線にタグ を選択します。平均値付きの線が追加されます。
    Quick Statistic tool 04.png

全ガジェットのROIボックスの表示は、グラフの右上にあるHボタンH Button.pngで制御でき、ガジェットの結果と共にグラフをエクスポートことができます。

アルゴリズム

このツールで、グラフウィンドウの曲線の記述統計を実行します。計算についての詳細は、 Xファンクションstatsのアルゴリズムをご覧ください。