クイックピークガジェット


Video Image.png 関連動画はこちら

概要

クイックピークガジェットは素早く、インタラクティブにピーク分析を行う事ができます。ROI領域を使って、グラフ内の任意のデータプロットを選択できます。ROIオブジェクトを移動したり大きさを変えると、ピーク分析結果が更新されます。

Quick Peaks Gadget.png

クイックピークガジェットでは、


クイックピークガジェトを開く

ツールを使うには、グラフがアクティブなときに、メニューからガジェット:クイックピークを選びます。このツールが既にアクティブな場合、ROIボックスの右上にある矢印ボタンをクリックして設定を選択するとダイアログを再度開くことができます。

ガジェットツールの表示/非表示

全ガジェットのROIボックスの表示は、グラフの右上にあるHボタンH Button.pngで制御でき、ガジェットの結果と共にグラフをエクスポートことができます。

ROIボックスタブ

Xスケール ROIのXデータ範囲を指定します。
開始
Xスケールの開始値を指定します。
終了
Xスケールの終了値を指定します。
固定(ROIによる変動を防止)
X目盛りを固定してROIボックスによって動くのを防ぎます。
ツール名を表示する ROIの上部付近にツールの名前を表示するかどうか指定します。
上部中央にピーク数を表示する ROIの上部中央にツールの名前を表示するかどうか指定します。
塗り色 ROIの塗り色を指定します。

基線タブ

モード 基線モードを指定します。以下のオプションがあります。
  • 無し(Y=0)
    基線として、Y=0を使用します。
  • 一定
    水平線を基線として使用します。定数オプションを使って、水平線の切片を指定することができます。
  • 二次微分
    二次微分を使って基線を作成します。
  • 既存のデータセットを使用
    既存のデータセットを基線として選択します。
  • 最小&最大
    正の方向のピーク検索するためにを最小Yをベースラインとします。正の方向のピーク検索するためにを最大Yをベースラインとします。
  • 最終ポイント重み付け
    2つの終点からデータポイントを使ってスムージングされた曲線を作成します。
  • 直線
    データポイントの2つのエンドポイントをつなぎ、これを基線とします。
範囲 モード直線が選択されている時のみ利用できます。ROI上の基線範囲の表示方法を指定します。
  • 全プロット範囲
    全プロット範囲についての基線を作成します。
  • ROI内の曲線
    ROIボックス内のみのプロット範囲で基線を作成します。
Xの固定 モード直線が選択されている時のみ利用できます。どのように直線のエンドポイントを決めるか決定します。
  • データ全体
    データプロットのエンドポイントが使用されます。
  • 四角形
    ROIボックスの境界にあるポイントが使用されます。
  • スケール
    X 軸スケールのエンドポイントが使用されます。
左のYオフセット モード直線が選択されている時のみ利用できます。Y 軸スケール上の左のエンドポイントオフセットを指定します。
右のYオフセット モード直線が選択されている時のみ利用できます。Y 軸スケール上の右のエンドポイントオフセットを指定します。
スムージング法 基線作成のスムージング方法を選択します。これは、モード二次微分が選択されている時のみ利用できます。
ウィンドウサイズSavitzky-Golayまたは隣接平均法を 使う際、目的のウィンドウサイズ(自然数)を移動するウィンドウに指定します。
しきい値Savitzky-Golayまたは隣接平均法を使う際にしきい値を設定します。
多項式次数:このパラメータはスムージング法Savitzky-Golayが選択されている場合のみ利用できます。多項式次数を指定します (1から9)。
最大アンカーポイント数 基線のアンカーポイントの最大値を指定します。これは、モード二次微分が選択されている時のみ利用できます。
接続法 アンカーポイントへの接続法を指定します。これは、モード二次微分が選択されている時のみ利用できます。
定数 ドロップダウンリストから、基線として使用する水平線の切片を指定することができます。
  • 最小
    データの最小値に切片を設定します。
  • 最大
    データの最大値に切片を設定します。
  • 平均
    データの平均に切片を設定します。
  • 中央値
    データの中央値に切片を設定します。
  • カスタム
    このオプションを選択すると、基線として使う水平線の切片の値を指定することができます。
Y= 基線として使う水平線の切片の値を入力します。このオプションは、定数カスタムが選択されている時のみ有効です。
データセット 基線として使用するデータセットを指定します。これは、モード既存データセットを使用が選択されている時のみ利用できます。
最終ポイント(%) 基線作成に使う終点のパーセンテージを指定します。これは、モード最終ポイント重み付けが選択されている時のみ利用できます。

ピーク検索タブ

方向 指定した向きのピークのみを探すかどうかを指定します。
  • 正のピークのみを探します。
  • 負のピークのみを探します。
  • 両方
    正負両方のピークを探します。
ピークフィット設定 ピーク検査の設定を指定します。
方法:このドロップダウンリストを使って、ピークを検出する手法を選択します。
  • 局所最大法
    局所最大法を使ってピークを探します。
  • ウィンドウサーチ法
    ウィンドウサーチ法を使ってピークを探します。
  • 一次微分
    一次微分法を使ってピークを探します。
  • 二次微分(隠れたピークの検索)(Pro)
    二次微分法を使ってピークを探します。この方法は、データ内の隠れたピークを検出することができます。
  • 一次微分後の残差(隠れたピークの検索)(Pro)
    1次微分後の残差を使って、スペクトル内のピークを探します。この方法は、データ内の隠れたピークを検出することができます。
ローカルポイント:これは手法のドロップダウンリストで局所最大法が選択されている場合のみ利用できます。局所的な領域でのポイント数を指定します。これは局所最大法でピークを検出するのみ使用します。
サイズオプション:これは方法のドロップダウンリストでウィンドウサーチ法が選択されている場合のみ利用できます。このドロップダウンリストは、高さの値(下記参照)をどのように解釈するかを指定します。
  • データサイズ
    値は元データのサイズとして解釈されます。
  • 元データのパーセント
    値は、スペクトルデータの合計の幅または最大高さのパーセントとして解釈されます。
高さ:これは手法のドロップダウンリストでウィンドウサーチ法が選択されている場合のみ利用できます。これは矩形の高さを指定します。これはピークを検出するのに使用されます。右側に「自動」チェックボックスがあります。これが選択されていると、自動的に値が決められます。値を編集する場合、このチェックボックスのチェックを外して下さい。
:これは手法のドロップダウンリストでウィンドウサーチ法が選択されている場合のみ利用できます。これは矩形の幅を指定します。これはピークを検出するのに使用されます。右側に「自動」チェックボックスがあります。これが選択されていると、自動的に値が決められます。値を編集する場合、このチェックボックスのチェックを外して下さい。
スムーズ微分:これは、手法ドロップダウンリストで、一次微分二次微分(隠れたピークの検索)一次微分後の残差 (隠れたピークを探す)のいずれかが選択されている場合のみ利用できます。手法を選択して、データ(一次微分、二次微分)をスムージングします。
方法:スムージングの方法を指定します。
  • なし
    どのスムージング法も使いません。
  • Savitzky-Golay
    微分スムージングにSavitzky-Golay法を指定します。
  • FFTフィルタ
    微分スムージングにFFTフィルタによる方法を指定します。二次微分(隠れたピークの検索)(Pro)のみに有効です。
  • 隣接平均法
    微分スムージングに隣接平均法による方法を指定します。二次微分(隠れたピークの検索)(Pro)のみに有効です。
  • Quadratic Savitzky-Golay
    微分スムージングに二次Savitzky-Golay法を指定します。二次微分(隠れたピークの検索)(Pro)のみに有効です。
多項式次数Savitzky-GolayQuadratic Savitzky-Golayを使う際の多項式次数を指定します。
ウィンドウのポイント数Savitzky-Golay隣接平均法二次Savitzky-Golay法を使用する際に指定できます。この値が大きくなると、スムージングの次数が大きくなります。このパラメータの値をゼロにすると、データはスムージングされません。
カットオフ周波数:これは、方法でFFTフィルタが選択されている時のみ有効です。カットオフ周波数を指定します。
ピークフィルタリング ピークフィルタリングの方法を指定します。
方法:このドロップダウンリストを使って、見つけるピークの数またはピークの高さを制限するかどうかを指定します。
  • なし
    見つけるピークの数またはピークの高さを制限しない場合、このオプションを選択します。
  • 高さに基づく
    このオプションを選択して、しきい値の高さ(%)テキストボックスで値を指定すると、ピークの高さがしきい値より小さいピークは検出しません。
  • 数による
    このオプションを選択して、ピークの数テキストボックスで値を指定すると、検出するピークの数に制限を付けることができます。
しきい値高さ(%):このテキストボックスは、フィルタリングの方法ドロップダウンリストで高さによるが選択されているときのみ利用できます。これを使って検出するピークの最小高さを指定することができます。パーセントが参照値である場合、次のように定義します。最初に、データの最小値と最大値を取得します(基線が現在されている場合、減算後のデータが使われます)。そして、最小値と最大値の絶対値を比較します。大きい方が、しきい値高さの参照値と見なされます。右側に「自動」チェックボックスがあります。これが選択されていると、スムージングポイントは自動的に決められます。スムージングポイントを指定する場合、このチェックボックスのチェックを外します。
ピークの数:このテキストボックスは、フィルタリングの方法ドロップダウンリストで数によるが選択されているときのみ利用できます。これを使って検索するピークの最大数を指定することができます。右側に「自動」チェックボックスがあります。これが選択されていると、スムージングポイントは自動的に決められます。ピークの数を指定する場合、このチェックボックスのチェックを外します。
ピーク表示

ピークマーカー:ピークマーカーを表示するかどうか指定します。

:ピークマーカーの色を指定します。
サイズ:ピークマーカーの大きさを指定します。ドロップダウンリストにない数も、入力が可能です

ピークラベル:ピークラベルを表示するかどうか指定します。

ラベル:どのピークラベルを表示するか指定します。3つのオプションがあります。
ピークのX:ピークラベルとしてXスケールのピークのみ表示します。
ピークのY:ピークラベルとしてYスケールのピークのみ表示します。
ピークの(X, Y):ピークラベルとしてX、Yスケール両方のピークを表示します。

軸の目盛ラベルに数式を適用した場合は、作図の詳細のラベルタブの数値表示フォーマットボックスを使用して、実際のデータ(スケール)値ではなく、数式で調整された値を表示できます。

基線マーカー:基線マーカーを表示するかどうか指定します。100ピーク以上見つかった場合、これにチェックを付けていても基線マーカーは表示されません。

:基線マーカーの色を指定します。
サイズ:基線マーカーの大きさを指定します。ドロップダウンリストにない数も、入力が可能です
ピークとベースをタグ付け
  • データプロット
    これを選択すると、ガジェットのフライアウトメニューからピークのタグを選択した時にデータプロットが作成され、元のグラフに追加されます。
  • マーカー
    これを選択すると、ガジェットのフライアウトメニューからピークのタグを選択した時にラベルのみ作成され、データマーカーとして元のグラフに追加されます。しかし、データマーカーを右クリック(マウスを合わせてカーソルが十字になった時)してデータプロットに変換を選択すれば、マーカーをプロットに変換できます。

面積タブ

積分の開始

基線または Y=0から、ピークの積分の方法を指定します。

積分領域の表示

ROIボックス内で検出されたピークの積分面積を表示する場合、選択します。100ピーク以上見つかった場合、これにチェックを付けていても積分領域は表示されません。

出力先タブ

スクリプトウィンドウ

スクリプトウィンドウに結果を出力するかどうかを指定します。

結果ログ 結果ログに結果を出力するかどうかを指定します。
ワークシートに追加

結果をワークシートに書き出すかどうかを指定します。

結果のワークシート名

これは、ワークシートに追加が選択されたときのみ利用できます。これは目的のワークシートの名前を指定するのに使用します。

  • 結果は、デフォルトで[QkPeak]Result に出力されますが、ほかのブックやシートを指定することもできます。指定したブックやシートがない場合、作成して出力します。
  • もう一つの方法として、結果ワークシート名の右側にあるフライアウトボタンGadget flyout button.pngをクリックして、入力ブック内のシートを選択します。これにより、編集ボックスには[<input>]Resultが入力されます。結果は、元データのワークシートResultに出力されます。
ワークシート名情報をタグ付け

タグ情報に出力シート名を入れるか指定します。

ピーク検索タブで、次のように設定した場合、

  • ピークとベースのタグ付けデータプロットに設定すると、指定した名前の新しいワークブックがタグ情報が入力されて作成されます。デフォルトの[QkPeak]Tagのままにするか、タグ情報ワークシート名の右側にあるフライアウトボタンGadget flyout button.pngをクリックして、入力ブック内のシートを選択します。これにより、編集ボックスには[<input>]Tagが入力されます。新しい出力(O)を選択すると、QkPeakブックまたはソースブックのどちらかにTagシートとして出力されます。あるいは、入力欄に[BookName]SheetNameのように入力できます。指定したブックやシートがない場合、作成して出力します。
  • ピークとベースのタグ付けマーカーに設定すると、マーカーには関連データがないため、ワークシートは作成されません。
基線をワークシートに出力

基線をワークシートに出力するか指定します。

基線ワークシート名
  • 結果は、デフォルトで[QkPeak]Baseline に出力されますが、ほかのブックやシートを指定することもできます。指定したブックやシートがない場合、作成して出力します。
  • もう一つの方法として、結果ワークシート名の右側にあるフライアウトボタンGadget flyout button.pngをクリックして、入力ブック内のシートを選択します。これにより、編集ボックスには[<input>]Baselineが入力されます。結果は、元データのワークシートBaselineに出力されます。

値タブ

出力する値 出力するデータを指定します。
データセット識別子
ドロップダウンからデータセット識別子を指定します。
ピークID
ピークID(例えば、"Peak 1", "Peak 2"など)
ピーク行
ピークの中心のインデックス行
ピークX
ピークのXスケール
ピークY
ピークのYスケール
高さ
基線から計算されるピークの高さ
ピーク領域
ピーク領域は、基線またはY=0から(面積タブの積分の開始から選択)ピークデータを積分することで計算できます。ピーク検索タブの基線マーカで、積分範囲に印をつけます。これは、ROIボックスで指定された範囲と同じではありません。
FWHM
半値幅を出力するかどうかを指定します。
重心
ピークの重心で、次のように定義します。C=\frac{\int_{0}^{\infty}xF(x)dx}{\int_{0}^{\infty}F(x)dx}
左半幅
左半分の幅を示します。y = MaximumHeight / 2に対する線を引くなら、入力データと2か所で交わる事になります。ここで x1 < x2なら、これらを (x1, y1)(x2, y2) にします。また、ピークの中心を(xc, yc)と記します。そして、左半分の幅は、LeftHalfWidth = xc - x1の式で求める事ができます。
右半幅
右半分の幅を示します。y = MaximumHeight / 2に対する線を引くなら、入力データと2か所で交わる事になります。ここで x1 < x2なら、これらを (x1, y1)(x2, y2) にします。また、ピークの中心を(xc, yc)と記します。そして、右半分の幅は、RightHalfWidth = x2 - xcの式で求める事ができます。
左基線マーカーの行
左基線マーカーの行インデックス
左基線マーカーのX
左基線マーカーのXスケール
左基線マーカーのY
左基線マーカーのYスケール
右基線マーカーの行
右基線マーカーの行インデックス
右基線マーカーのX
右基線マーカーのXスケール
右基線マーカーのY
右基線マーカーのYスケール
情報
基線の情報(埋め込みのノートウィンドウ)を表示Note: 入力データが1000ポイントを超える場合、基線データはノートに出力されません。基線データを確認するには「ワークシートに基線を出力」を選択してください。

フライアウトメニュー

新しい出力 指定したワークシートに結果を出力します(空欄でない場合、結果を追加します)。
曲線全体で出力 アクティブプロット内にある全てのピークの結果を、指定したワークシートに出力します(空でない場合、結果を追加します)。
すべての曲線で出力(N) 現在のレイヤ内にある全ての曲線の結果を、指定したワークシートに出力します(空でない場合、結果を追加します)。
すべてのレイヤで出力(L) 現在のグラフ内にある全レイヤの全ての曲線の結果を、指定したワークシートに出力します(空でない場合、結果を追加します)。
基線の減算 ROIボックス内のソースデータから指定した基線を減算します。
レポートシートに行く もし出力されているならば、レポートワークシートをアクティブにします。
クリップボードに出力 選択すると(メニューの項目にチェックが入っている)、新しい出力がクリップボードに出力されます。
ピークのタグ 見つかったピークにタグ付けし、ラベルプロットかデータマーカのラベルを元のグラフに追加します。ラベルは、ガジェットを閉じた後も表示されます。データマーカーとしてピークが追加されると、複数ピークフィット(メニューの解析:ピークと基線:複数ピークフィット)ツールを使うことができます。
ピークフィット フィット関数を指定してピークを検索します。
ピークアナライザに切り替え 検出したピークをフィットするためにピークアナライザに切り替えます。ピークのフィットとピークアナライザに関してのはこのヘルプページをご覧ください。
出力を更新 元の結果をクリアしてから出力を更新し、現在の結果を追加します。これは、ピークの値の出力がある時のみ有効です。
データ変更 元データセットを変更します。これは複数の曲線がグラフレイヤ内ある場合のみ適用されます。
  • 任意のプロットをクリックして選択します。
  • 選択...または、詳細...をクリックするとプロットを選択ブラウザが開きます。
  • デフォルトでは、フライアウトメニューで自動モードチェックが入っています。つまり、ターゲットとなるデータ・プロットはグラフのROIボックス外のハイライトされたデータ・プロットに従います。Origin 2019以前のバージョンでは、自動モードはありません。ターゲットプロット/データを変更するには、フライアウトリストまたはプロットを選択ダイアログから選択する必要があります。

データ・ターゲットプロットを変更する場合、ピーク検出タブの設定に従い、ピークメーカとピークラベルは自動的に新しいプロットのピークの検出を行います。もし、現在のピークを維持したい場合は、フライアウトメニューからピークタグを選択します。

プロット群の最大範囲に拡大する 全プロット範囲にROIボックスを拡大します。
ROI位置の固定 ROIボックスの位置を固定して、移動できなくします。
テーマに名前を付けて保存 ダイアログ設定にテーマを保存します。
<デフォルト>として保存 現在のダイアログの設定をデフォルトのテーマとして保存します。
テーマのロード 既存のテーマをロードして、ダイアログ設定に適用します。
設定... メニューのガジェット:クイックピークで開くガジェットと似た、クイックピーク設定が開きます。