積分ガジェット


概要

積分ガジェット ツール(addtool_curve_integ X-Function) は、黄色で長方形の関心範囲(ROI)オブジェクトを使って、直感的にデータ範囲を選択し計算させることが出来ます。カーブの下にある面積を計算し、ROIボックスの上に結果を簡単に表示することが出来ます。

Integrate Gadget.png

このダイアログで、次のことができます。

  • 積分限界を指定
  • 基線を指定
  • ROI内に差分曲線と積分曲線を表示
  • ピークの範囲、ピークの高さ、ピークの中心、FWHMなどのパラメータを計算


積分ガジェットを開く

このツールを使用するには、グラフウィンドウがアクティブなときにOriginメニューからガジェット:積分を選択します。このツールが既にアクティブな場合、ROIボックスの右上にある矢印ボタンをクリックして設定を選択すると積分ダイアログを再度開くことができます。

ガジェットツールの表示/非表示

全ガジェットのROIボックスの表示は、グラフの右上にあるHボタンH Button.pngで制御でき、ガジェットの結果と共にグラフをエクスポートことができます。

ROIボックスタブ

Xスケール ROIのXデータ範囲を指定します。
開始
Xスケールの開始値を指定します。
終了
Xスケールの終了値を指定します。
固定(ROIによる変動を防止)
X目盛りを固定してROIボックスによって動くのを防ぎます。
ツール名を表示する(toolname) グラフ内の四角形の上にツール名を表示するかどうかを指定します。ツール名は設定で指定できます。
塗り色(rectcolor) グラフに表示しているツールの四角形オブジェクトの色を指定します。色リストをご覧下さい。
AreaとFWHWを中心上に表示 (showtop) グラフ内の四角形の上に積分面積とFWHWの指定範囲を表示するかどうかを指定します。

積分タブ

フィット制限範囲(fitlimit) 積分限界を指定します。 線形補間/補外で限界を取得するか、元データを積分限界として使用します。
  • 枠の端まで補間
    元データに従って、四角形の端の2点を補間し、この2点を積分限界に使用するかどうか指定します。 四角形の端が元データを超えたら補間しません。
  • 枠の端まで補間/補外
    元データに従って、四角形の端の2点を補間/補外し、この2点を積分限界に使用するかどうか指定します。
  • データポイント
    補間せず、ローデータを積分限界として使用します。
面積タイプ(areatype) 積分領域の種類を指定します。
  • 数学的面積
    面積は台形の代数的総計で求められます。
  • 絶対値面積
    面積は絶対台形値の総計で求められます。
表示
基線減算した曲線
グラフ内に基線減算した曲線を表示するかどうか指定します。
積分領域の表示
グラフ内に積分面積を表示するかどうか指定します。
新しい出力を閉じた後も影の色を保持する
新しい出力オプションを閉じた後も積分した範囲の塗色を保持するかを指定します。
Note: 影にした(積分)面積及び基線についての詳細は こちらの FAQ をご覧ください。
積分曲線
  • なし
    積分曲線をグラフに表示しません。
  • 四角形に制限
    矩形の中に積分曲線を表示します。もし元の値よりも積分曲線の値の方が大きかった場合、積分曲線は再スケールして矩形のボックス内に収めるようにします。この場合、積分曲線は真の値を表示しません。
  • 真の値
    実際の積分値をグラフ内に表示します。

基線タブ

モード 基線モードを指定します。
  • 無し(Y=0)
    基線として、Y=0を使用します。
  • 定数Y
    水平線を基線として使用します。
  • 直線
    傾ける事ができる直線を基線として使用します。
  • 既存のデータセットを使用
    既存のデータセットを基線として使用します。
  • 二次微分
    二次微分を使って基線を作成します。
  • 最終ポイント重み付け
    2つの終点からデータポイントを使ってスムージングされた曲線を作成します。
Y= (yvalue) これは、モードとして定数Yが選択されているときのみ利用できます。基線として使用するために、水平線に対するY値を指定するのに使うことができます。
X固定値 (fixxto) これは、モード直線が選択されているときのみ利用できます。 左のYオフセット(yoffsetleft) と右のYオフセット(yoffsetright)と一緒に使います。 基線の始点と終点のX値を選ぶ方法を指定するのに使用します。

では、左のYオフセット(yoffsetleft) の値をb1、右のYオフセット (yoffsetright) の値をb2、基線の開始Y値をa1、基線の終点Y値をa2と定義するものとします。すると、常にa1-b1=y1 と a2-b2=y2になります。y1とy2はx1とx2のそれぞれのY値を表します。x1とx2の定義方法については、下記をご覧ください。

  • データ全体
    Xをデータセット全体に固定します。これを選択するとき、x1は元データの開始X値、x2は元データの終了X値です。
  • 四角形
    矩形にX値を固定します。これを選択するとき、x1は矩形の左端のX値で、x2は右端のX値です。
  • スケール
    XスケールにX値を固定します。これを選択するとき、x1ははスケールの開始、x2はスケールの終了です。
左のYオフセット (yoffsetleft) これは、モード直線が選択されているときのみ利用できます。これは上記で述べたb1の値をセットするのに使用します。
右のYオフセット (yoffsetright) これは、モード直線が選択されているときのみ利用できます。これは上記で述べたb2の値をセットするのに使用します。
データセット (xyrbase) これは、モード既存データセットを使用が選択されているときのみ利用できます。既存のデータセットを基線として使用することを指定するのに使います。

範囲1 (Range1)

X (X=)
X範囲を指定します。
Y (Y=)
Y範囲を指定します。
データセットの一部のみを基線として使用したい場合にチェックボックスを選択します。
開始
開始行を設定します。
終了
終了行を設定します。
スムージング法 基線を作成する前に、適用するスムージング法を選択します。これは、モード二次微分が選択されている時のみ利用できます。以下のオプションがあります。
ウィンドウサイズ
Savitzky-Golayまたは隣接平均法を 使う際、目的のウィンドウサイズ(自然数)を移動するウィンドウに指定します。
しきい値
Savitzky-Golayまたは隣接平均法を使う際にしきい値を設定します。
多項式次数
このパラメータはスムージング法Savitzky-Golayが選択されている場合のみ利用できます。多項式次数を指定します (1から9)。
最大アンカーポイント数 基線のアンカーポイントの最大値を指定します。これは、モード二次微分が選択されている時のみ利用できます。
接続法 アンカーポイントへの接続法を指定します。これは、モード二次微分が選択されている時のみ利用できます。
最終ポイント(%) 基線作成に使う終点のパーセンテージを指定します。これは、モード最終ポイント重み付けが選択されている時のみ利用できます。


出力タブ

出力先

出力結果を編集します。

スクリプトウィンドウ (script) スクリプトウィンドウに結果を出力するかどうかを指定します。
結果ログ (reslog) 結果ログに結果を出力するかどうかを指定します。
結果ログ/スクリプトウィンドウ中のロングネーム (useLongName) Originが結果ログやスクリプトウィンドウに結果を出力するとき、計算する値(quantities)のロングネームまたは変数名を使用するかどうかを指定します。
ワークシートに追加 (appendwks) 結果をワークシートに書き出すかどうかを指定します。
結果ワークシート名 (wbkName) これは、ワークシートに追加(appendwks) が選択されたときのみ利用できます。
  • 結果は、デフォルトで [QkInteg]Resultに出力されますが、ほかのブックやシートを指定することもできます。指定したブックやシートがない場合、作成して出力します。
  • もう一つの方法として、結果ワークシート名の右側にあるフライアウトボタンGadget flyout button.pngをクリックして、入力ブック内のシートを選択します。これにより、編集ボックスには[<input>]Resultが入力されます。結果は、元データのワークシートResultに出力されます。
グラフにラベルを追加 (LabelToGraph) グラフにラベルを出力するか指定します。
有効桁数signdigits 出力する数量の有効桁数を指定するために使用されます。デフォルトのシステム環境設定:オプションダイアログの数値の表現形式タブの桁数設定に従います。これは、ROIボックスの上部のラベルと、スクリプトウィンドウ、結果ログへの出力、およびグラフに追加されたラベルに影響します。

計算する値

出力する値を指定します。

データセット識別子 (name) ドロップダウンからデータセット識別子を指定します。
開始の行番号 (begin_row) 開始行のインデックスを出力するかどうかを指定します。
終了行インデックス (end_row) 終了行のインデックスを出力するかどうかを指定します。
X開始 (begin_x) 開始X値を出力するかどうかを指定します。
X終了 (end_x) 最終X値を出力するかどうかを指定します。
最大の高さ (ph) 基線から計算する最大の高さを出力するかどうか指定します。
YmaxでのX (pc) 最大Y値でのX値を出力するかどうか指定します。
面積 (pa) 基線から計算するピークの面積を出力するかどうか指定します。
基線より上の範囲(paa) 基線よりも上のピーク面積を出力するかどうか指定します。
基線より下の範囲(pab) 基線よりも下のピーク面積を出力するかどうか指定します。
重心 (pcd) ピークの中心を出力するかどうかを指定します。
FWHM (pfwhm) FWHM(元の曲線の半分の高さでの幅)を出力するかどうかを指定します。
左半幅 (plhw) 左半分の幅を出力するかどうかを指定します。
右半幅 (prhw) 右半分の幅を出力するかどうかを指定します。
Y最大 (pymax) X位置の入力曲線上のY値を出力するか指定します。この場合、差分曲線のY値は最大の絶対値を有します。
YmaxでのXインデックス (pxofymax) 最大Y値でのXインデックスを出力するかどうか指定します。
基線 (base) 基線の情報を出力するかどうかを指定します。
Notes: 名前はダイアログボックスのラベルで、括弧の中の名前はツリーノード名です。Xファンクションがスクリプトで実行されるとき、その名前を使って、ツリーノードに値を割り当てる必要があります。ツリーノード名に特殊記号やスペースを使うことはできません。しかし、ツリーノードラベル(ダイアログのラベル)には特殊記号やスペースを使うことができます。

基線と積分曲線

作成された基線、積分曲線、ROIボックスで選択された範囲の差分曲線を出力するか指定します。

基線 (base) 基線の情報を出力するかどうかを指定します。
積分曲線 (Integrated) 積分曲線を出力するかどうかを指定します。
減算された曲線(Subtracted) 基線モードなしでない場合の、減算された曲線(ソースデータから選択された基線を減算)を出力するか指定します。
出力先 (Outputto) 結果を出力する場所を指定します。
  • 「ソースシート」は、結果をソースワークシートの新しい列に出力します。
  • 「ソースブック、新しいシート」は、結果をソースワークブックのGadgetIntegN というシートに出力します。
  • 「新しいブック」は、結果をGadgetIntegN というブックに出力します。

フライアウトメニュー

ROIボックスの右上角にある三角形のボタンROI menu.pngをクリックして、以下のオプションを含んだフライアウトメニューを開きます。

新しい出力 結果を出力します。
すべての曲線で出力(N) 現在のレイヤ内にある全ての曲線の結果を、指定したワークシートに出力します(空でない場合、結果を追加します)。
すべてのレイヤで出力(L) 現在のグラフ内にある全レイヤの全ての曲線の結果を、指定したワークシートに出力します(空でない場合、結果を追加します)。
最後の出力を更新 最後の出力を更新します。これは既に出力が1回行われている時のみ使用できます。
レポートシートに行く ワークシートの結果が出力されてから、レポートのワークシートに移動します。
ソースワークシートに行く ソースワークシートに移動します。
クリップボードに出力 選択すると(メニューの項目にチェックが入っている)、新しい出力がクリップボードに出力されます。
データ変更 入力データを変更します。
  • デフォルトで自動モードになっています。 自動が有効になっている場合、プロットの選択は、グラフウィンドウまたはオブジェクトマネージャでプロットをクリックすることによって可能です。 Origin 2019より前のバージョンでは、自動はサポートしていないので、変更する場合はフライアウトメニューを使います。
  • 各プロットにチェックを付けて、そのプロットを選択します。
  • 選択...または、詳細...をクリックするとプロットを選択ダイアログが開きます。
プロット群の最大範囲に拡大する 全プロット範囲にROIを拡大します。
ROI位置の固定 ROIボックスの位置を固定します。
テーマに名前を付けて保存 この設定をダイアログテーマとして保存します。
<デフォルト>として保存 この設定を<デフォルト>テーマとして保存します。
テーマのロード 以前保存されたテーマをロードします。
設定... 積分設定ダイアログを開きます。

例題

基線y=2で、グラフの面積に積分を実行するには、以下を行います。

  1. 新しいワークシートを作成します。
  2. <Originプログラムフォルダ>\Samples\Signal ProcessingにあるOriginのサンプルファイルfftfilter1.DATをインポートします。
  3. Originメニューから作図: 線図: スプラインを選択して、グラフを描画します。
    Addtool curve integ.png
  4. グラフウィンドウをアクティブにしてから、Originメニューでガジェット:積分を選び、積分:addtool_curve_integダイアログを開きます。
  5. 基線タブを開きます。モード定数Yを選択し、Y=編集ボックスに2と入力します。
    Addtool Curve Integ 1.png
  6. OKボタンをクリックします。これでプロットに矩形オブジェクトが追加されます。積分面積は矩形の上側に表示されます。
    Addtool curve integ2.png
  7. ROI arrow.png ボタンをクリックし、コンテキストメニューから新しい出力を選択します。結果は、スクリプトウィンドウに出力されます。