直角三角形の3点グラフ

Right-Triangle Ternary 01.png

必要なデータ

1つのZ列(あるいは、その部分領域)を選択する必要があります。このZ列に結びついたXY列がある場合、そのXY列が使われます。そうでない場合、ワークシートのデフォルトのX値とY値が使われます。

グラフ作成

データを選択します。メニューから作図> 特殊グラフ:直角三角形の三点グラフと選択します。

テンプレート

TERNARYRIGHT.otpu (Originのプログラムフォルダにインストールされています)。

ノート

直角三角形の三点グラフは三点グラフの変形ですが、直角三角形の座標で作図されます。X軸とY軸が直交する正三角形で、Z軸は斜辺です。

三角グラフと同様に、直角三角形の三点グラフは、入力データが規格化されていると見なします。これは各行のセルの絶対値の合計が1または100(|x|+|y|+|z|=1または100)という意味です。詳細は、三点グラフに関する説明を参照してください。

軸をカスタマイズするには、X軸またはY軸をダブルクリックしてダイアログボックスを開きます。そして

  • 直交座標のX/Y軸と同じように、X/Y軸を編集できます。
  • 斜辺軸(Z軸)は、目盛と目盛ラベルがデフォルトで非表示になっています。それらを有効にすると、目盛と目盛ラベルをY軸に配置できます。

ただし、方向が異なり、目盛りは対角でZ軸に平行に表示されます。
Right-Triangle Ternary 02.png