重複行の削除


Originには、1列あるいは複数列内の同じ値を持つワークシートの行を削除するツールがあります。複数列が選択された場合、行内のすべての値が一致すると重複と見なされます。許容値を指定することもできます。

このダイアログボックスを開くには、

  1. ワークブックをアクティブにします。
  2. ワークシート: 重複行の削除を選択して、wdeldup Xファンクションによるwdeldupダイアログを開きます。
Notes: 列の重複した値を削除するには関数uniqueを使用します。

ダイアログオプション

再計算

分析結果の再計算を制御します。

  • なし
  • 自動
  • 手動

詳細情報は、 分析結果の再計算をご覧下さい。

参照列

重複データを含む列(複数可)を指定します。複数の列が選択されている場合、選択されたすべての列で重複する値を含む行が削減されます。

重複の統合基準

ワークシートの重複行をどのように削除するか指定します。 オプションリスト

  • 全て削除
    最初に重複した行を含む全ての行を削除します。
  • 最初の行を残す
    重複した行の内最初の行を残し、他のすべての行を削除します。
  • 最後の行を残す
    重複した行の内最後の行を残し、他のすべての行を削除します。
  • 平均
    参照列で重複した行に対応する値の、平均の値で他の列を削減します。
  • 最小
    参照列で重複した行に対応する値の、最小の値で他の列を削減します。
  • 最大
    参照列で重複した行に対応する値の、最大の値で他の列を削減します。
  • 合計
    参照列で重複した行に対応する値の、合計の値で他の列を削減します。
  • SD
    参照列で重複した行に対応する値の、標準偏差の値で他の列を削減します。
大文字小文字の区別

2つの文字列を比較するときに、大文字と小文字を区別するか指定します。

Duplicate Tolerance

チェックボックスにチェックを付け、許容値を指定して、近い値を重複として扱います。

出力ワークシート

出力ワークシートを指定します。

出力結果についてはこちらを確認してください:

出力カウント

重複行の数を数え、出力するかどうかを指定します。