pfit2l

メニュー情報

グラフ操作:ページにレイヤサイズを合わせる

フォーマット:ページにレイヤサイズを合わせる

概要

グラフページを展開してすべてのレイヤを包含します

追加の情報

必要なOriginのバージョン: Origin 9.1以降

コマンドラインでの使用法

1. pfit2l margin:=1 direction:=0;

2. pfit2l margin:=tight;

3. pfit2l margin:=0 borderwid:=10 direction:=2;

Xファンクションの実行オプション

スクリプトからXファンクションにアクセスする場合、追加のオプションスイッチについてのページを参照してください。

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
入力ウィンドウ igp

入力

Page

<active>
名前付きグラフページ、またはアクティブなグラフページにすることができます。
余白の制御 margin

入力

int

0
余白制御の許容値:0=border:境界、1=tight:余白詰め
境界幅 borderwid

入力

double

5
余白の制御が0 = borderの場合にのみ使用します。グラフページ上のすべてのオブジェクトを完全に囲むように、最小の長方形の幅の割合である境界線を指定します。
方向の調整 direction

入力

int

0
方向の調整で許可された値: 0=both:高さと幅、1=height:高さのみ、2=width:幅のみ

説明

このXファンクションは、グラフレイヤの外側から不要な空白を削除したり、グラフページに衝突するグラフにパディングしたりするのに役立ちます。

アルゴリズム

参考文献

関連するXファンクション

gfitp


キーワード:フィット、拡大