Layer.Plotn

LabTalkオブジェクトタイプ:

ウィンドウ

このページは、layer.plotオブジェクト、またはプロットのlayerオブジェクトのサブオブジェクトのプロットプロパティについてです。

プロパティ

プロパティ アクセス 説明
layer.plotn.color

読み込み/書き込み,
数値
プロットの色。color()もご参照ください。
layer.plotn.colorlist$

読み込み/書き込み,
文字列
カラーリスト
layer.plotn.contlines

読み込み/書き込み,
数値
等高線を有効にするかどうか:1=有効、0=無効。
layer.plotn.contmat

読み込み/書き込み,
数値
等高線の行列オブジェクト
layer.plot.delaunayTriangulation 読み込み/書き込み,
数値
XYZ等高線図の作成に使用される三角分割アルゴリズムをコントロールします。

0 = 2016より前のバージョンにおける挙動、平面内の任意の点の三角分割と補間
1 = Qhullアルゴリズム
2 = Qhull高速モード(同一線上のデータでは信頼できません)

layer.plotn.index

読み込み,
数値
プロットのインデックス
layer.plot.parametricx

読み込み/書き込み,
数値/文字列
パラメトリックX行列インデックスの数値、範囲構文の文字列
layer.plot.parametricy

読み込み/書き込み,
数値/文字列
パラメトリックY行列インデックスの数値、範囲構文の文字列
layer.plotn.pid

読み込み,
数値
グラフタイプを選びます。
layer.plotn.shapelist$

書き込み,
文字列
図形リスト
layer.plotn.show

読み込み/書き込み,
数値
nplotを表示するかどうか設定します。
layer.plotn.subgroupsize

(9.1 SR0)

読み込み/書き込み,
数値
サブグループのサイズを設定します。nは、グループの最初のデータプロットのプロットインデックスである必要があります。
layer.plotn.subgrouplabelrow

(2016 SR0)

読み込み/書き込み,
数値
サブグループの列ラベル行を設定する。nは、グループの最初のデータプロットのプロットインデックスである必要があります。1 = ロングネーム, 2 = 単位, 3 = コメント, 4 = サンプリング間隔, など。 このオプションを有効にすると、layer.plotn.subgroupsizeが上書きされることに注意してください。
layer.plotn.subsetgap

読み込み/書き込み,
数値
サブセット間の間隔、縦棒/横棒の幅に対するパーセント値です。サブセットサイズが0でないときに使用できます。
layer.plotn.subsetsize

読み込み/書き込み,
数値
サブセットの数を指定して、縦棒を複数のサブセットに分類します。
layer.plot.subsetsize=4
layer.plotn.transparency

読み込み/書き込み,
数値
これは、0から100まで、プロットをどれぐらいを透過させるか指定します。
layer.plotn.usepropssubgroup

(2016 SR0)

読み込み/書き込み,
数値
推移リストを、各サブグループで繰り返し使用するか、サブグループ間で繰り返し使用するかを指定します。0 =推移を使用しない、1 =各サブグループ内で推移リストを繰り返し使用する、2 =サブグループ間で推移リストを繰り返し使用するnは、グループの最初のデータプロットのプロットインデックスである必要があります。

サンプル

//Group.datをインポートし、col(B)を使用して散布図を作成する
layer.plot1.color = color(1,n);//プロットの色 = インデックス : col(C) 
layer.plot1.colorlist$="Fire";
//Group.datをインポートし、グループのプロットを作成しする
layer.plot.shapelist$="myShape";//「myShape」という名前のShapeの推移リスト 

layer.plot.shapelist$={3, 2, 1};//tempデータセットによる

サブオブジェクト

ボックスチャート

layer.plotn.boxchartオブジェクトはlayerオブジェクトのサブオブジェクトです。作図の詳細ダイアログボックスのボックスチャートオプションへのスクリプトでのアクセスを提供します。

Note:nを、編集するボックスチャートのデータリストの番号に置き換えます。

プロパティ アクセス 説明
layer.plotn.boxchart.binBegin 読み込み/書き込み,
数値

ビン範囲の最小値

layer.plotn.boxchart.binEnd 読み込み/書き込み,
数値

ビン範囲の最大値

layer.plotn.boxchart.binSize 読み込み/書き込み,
数値

ビンの大きさ。

layer.plotn.boxchart.boxRange 読み込み/書き込み,
数値

ボックスなし、SE、SD、パーセンタイル 25, 75などのボックス範囲。1=ボックスなし、2 = SE、3 = SDなど。作図の詳細のボックスチャートタブの範囲ドロップダウンリストを参照してください。

layer.plotn.boxchart.label 読み込み/書き込み,
数値

ボックスのラベルの設定、1 = 平均, 2 = 中央値, 3 = 両方

layer.plotn.boxchart.line 読み込み/書き込み,
数値

ボックスの線の設定、1 = 平均, 2 = 中央値, 3 = 両方

layer.plotn.boxchart.type 読み込み/書き込み,
数値

ボックスチャートの種類を、ボックスのみ、点列のみ、ボックスと点列、等のように設定します。1 = ボックスのみ, 2 = 点列のみ, 3 = ボックスと点列、等。「作図の詳細」ダイアログボックスの、ボックスチャートタブの種類ドロップダウンリストを参考にして下さい。

layer.plotn.boxchart.width 読み込み/書き込み,
数値

ポイントで示された、ボックスの幅を設定します。

等高線ラベル

layer.plotn.contourlabelsオブジェクトはlayerオブジェクトのサブオブジェクトです。作図の詳細ダイアログボックスの等高線ラベルオプションへのスクリプトでのアクセスを提供します。

Note:nを、編集する等高線図のデータリストの番号に置き換えます。

プロパティ アクセス 説明
layer.plotn.contourlabels.bold

読み込み/書き込み,
数値
フォントを太字に設定するかどうか:1 =する、0 =しない。
layer.plotn.contourlabels.color

読み込み/書き込み,
数値
1 =黒、2 =赤、3 =緑、4 =青などのカラーインデックスを使用して、等高線ラベルの色を設定します。付録のカラーリストを参照してください。
layer.plotn.contourlabels.font

読み込み/書き込み,
数値
現在のフォントリストのインデックスで、等高線ラベルのフォントを設定します。
layer.plotn.contourlabels.italic

読み込み/書き込み,
数値
フォントをイタリックに設定するかどうか:1 =する、0 =しない。
layer.plotn.contourlabels.minarea

読み込み/書き込み,
数値
あるパーセント値を設置し、これより大きい値(領域全体に対する割合で)を持つ領域のみにラベルを表示することができます。
layer.plotn.contourlabels.size

読み込み/書き込み,
数値
等高線ラベルのフォントサイズを、ポイント単位で設定します。
layer.plotn.contourlabels.underline

読み込み/書き込み,
数値
等高線ラベルの下線を有効にするかどうか:1=有効、0=無効。
layer.plotn.contourlabels.whiteout

読み込み/書き込み,
数値
各データラベル値の後ろに白い背景を表示するかどうか、1 =はい、0 =いいえ。

ラベル

プロパティ アクセス 説明
layer.plot.label.color 読み込み/書き込み,
数値
アクティブなデータプロットのラベルの色
layer.plot.label.color=2 // LabTalkの色のリスト(1 =黒、2 =赤、3 =緑など)
layer.plot.label.color=color(#FF0000); //HTML、RGB値でcolor関数を使用する
layer.plot.label.datagap 読み込み/書き込み,
数値
引出し線とデータポイントの間隔(%)
layer.plot.label.form$ 読み込み/書き込み,
文字列
アクティブなデータプロットのラベル形式ラベル形式カスタムに設定し、フォーマット指定を設定します。
layer.plot.label.form$=%(?,@LL); // ラベルにロングネームを使用する
layer.plot.label.fsize 読み込み/書き込み,
数値
アクティブなデータプロットのラベルのフォントの大きさ(ポイント単位)。
layer.plot.label.labelgap 読み込み/書き込み,
数値
引出し線とテキストフレームの間隔(%)
layer.plot.label.leader 読み込み/書き込み,
数値
引出し線を表示-1 = 非表示、2 = 2%のしきい値で表示
layer.plot.label.spec$ 読み込み/書き込み,
文字列
  • 指定されたポイントでのみデータラベルの表示を有効にします。
layer.plot.label.spec$="end"; //最後のデータポイントにおけるラベルの表示を有効にする
layer.plot.label.spec$="1 10 20 30"; // ポイントのインデックス1、10、20、30でのラベルの表示を有効にします。

ラベルが有効になっていない場合は、ラベルを有効にします。

  • 指定した点のみを表示ボックス(作図の詳細のラベルタブ)をオフにするには、以下を使用します。
layer.plot.label.spec$=""; //「指定した点のみを表示」チェックボックスをオフにします
  • ラベル表示を完全に無効にするには、set-qを使用します。
set %C -q 0; //アクティブなプロットのラベルをオフにします

数値フォーマット

layer.plotn.numericformatsオブジェクトはlayerオブジェクトのサブオブジェクトです。作図の詳細ダイアログボックスの数値フォーマットオプションへのスクリプトでのアクセスを提供します。

Note:nを、編集する等高線図のデータリストの番号に置き換えます。

プロパティ アクセス 説明
layer.plotn.numericformats.subformat

読み込み/書き込み,
数値
1 = 十進数:1000、2 =指数:1E3、3 =工学:1K、4 = 十進数:1,000など、表示形式のインデックスを使用して、等高線ラベルの表示形式を設定します。
layer.plotn.numericformats.divideby

読み込み/書き込み,
数値
カラーマップと等高線のレベルは、指定された値の刻みで設定されます。
layer.plotn.numericformats.digimode

読み込み/書き込み,
数値
数値表示の方法を設定します。0=小数点桁数、1 =有効桁数。
layer.plotn.numericformats.digits

読み込み/書き込み,
数値
表示する桁数を設定します。layer.plotn.numericformats.digimode = 0の場合、この値は小数点以下の桁数を設定します。layer.plotn.numericformats.digimode= 1の場合、この値は表示する桁数を設定します。
layer.plotn.numericformats.prefix$

読み込み/書き込み,
文字列
等高線ラベルの接頭語を指定します。
layer.plotn.numericformats.suffix$

読み込み/書き込み,
文字列
等高線ラベルの接尾語を指定します。

シンボル

layer.plotn.symbolオブジェクトはlayerオブジェクトのサブオブジェクトです。作図の詳細ダイアログボックスのシンボルオプションへのスクリプトでのアクセスを提供します。プロットがアクティブな場合、プロット番号nは省略できます。

プロパティ アクセス 説明
layer.plot.symbol.kind 読み込み/書き込み,
数値
プロットのシンボルの形状
layer.plot.symbol.oct 読み込み/書き込み,
数値
重なったポイントのずらしが有効になっている場合のシンボル中心
layer.plot.symbol.offset 読み込み/書き込み,
数値
重なったポイントのずらしが有効になっている場合のシンボル並べ替え。1 = 水平, 2 = 垂直
layer.plot.symbol.size 読み込み/書き込み,
数値
シンボルのサイズ単位は、サイズの単位リストで設定されているものです。
layer.plot.symbol.sizeFactor 読み込み/書き込み,
数値
シンボルサイズの縮尺倍率
layer.plot.symbol.transparency 読み込み/書き込み,
数値
透過率、パーセンテージ (%)