変数をOrigin C関数に渡す/受け取る

どのような関数を呼び出す場合でも、その関数に変数を渡したり、関数が出力する変数を受け取る必要がある場合がしばしば起こります。 以下は、LabTalk変数をOrigin C関数に渡すシンタックスおよび特徴をまとめたものです。

LabTalkからOrigin C関数を呼び出すシンタックス

Origin C関数は次のようなシンタックスを使ってLabTalkから呼び出します。

// 複数のパラメータがある場合、カンマ(,)でパラメータを分ける
int iret = myfunc(par1, par2....); 
 
// 代入がなければ、括弧やカンマは不要
myfunc par1; 
 
// 次の関数は、値を返さず、パラメータもない。括弧は任意
myfunc;

LabTalkから渡すまたは受け取る変数のデータ型

次の表は、Origin C関数を呼び出すときのLabTalkから渡されるまたは受け取るOrigin C変数型の一覧です。

変数型 OC関数への引数 OCからの戻り
double
int
bool (真または偽) 不可。変わりに int を渡す。偽の場合0、真の場合他の整数。 不可。変わりに int を返す。偽の場合0、真の場合1。
string
int型、double型の配列
String Array 可。参照では渡せない

Note:

  1. Origin C関数をLabTalkをから呼び出すために持つことができる引数の最大数は80です。
  2. LabTalkの変数は参照によってOrigin Cの数値関数に渡すことができます。