reducexy


メニュー情報

解析: データ操作: データ削減: クラスタX

概要

Xでサブグループの統計情報を使用してXYデータを削減します

追加の情報

必要なOriginのバージョン: Origin 8.1 SR0以降

2015 SR0での追加オプションあり

コマンドラインでの使用法

1. reducexy iy:=(col(A),col(B)) subgroup:=inc xincr:=0.5 xstats:=median ystats:=min;

2. reducexy iy:=(col(A),col(B)) subgroup:=points points:=8 xstats:=ave ystats:=ave;

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
入力 iy

入力

XYRange

<active>
入力データ範囲を指定します。
サブグループ化の方法 subgroup

入力

int

0
元データをサブグループに分離する方法を指定します。そして、各グループのデータポイントを単一データポイントに統合されます。

オプションリスト

  • points:Nポイント毎
    元データをNポイント毎にサブグループ分けします。Nの値はpoints 変数で指定できます。
  • groups:グループの数による
    Groups 変数でm を指定します。そして、元データをmグループに分けます。
  • inc:X増分による
    xincr変数で増分を指定します。そして、元データのX範囲を増分によってサブレンジに分離します。各サブレンジのデータポイントはサブグループに分けられます。
N points

入力

int

<auto>
サブグループ化の方法Nポイントごとが選択されているときのみ利用できます。nを指定し、入力範囲のn個のデータポインント毎に1つのデータポイントに統合します。
Xの増分 xincr

入力

double

<auto>
サブグループ化の方法X増分によるが選択されているときのみ利用できます。この変数で値dxを指定します。次に、同じグループに属する2つのデータポイントのX値の差がdxを超えないように、dxを使用して入力データポイントを複数のグループに分割します。グループ化後、データポイントの各グループは一つに統合されます。xincr が指定されていないとき、式 xincr = end-start / nsize * 5(ここでnsize は入力データポイントの数)によってデフォルト値が自動で計算されます。
グループ数 groups

入力

int

<auto>
サブグループ化の方法グループの数によるが選択されているときのみ利用できます。グループの数を指定します。
開始X start

入力

double

<auto>
グループ化を開始するX値を指定します。
終了X end

入力

double

<auto>
グループ化を終了するX値を指定します。
X統合 xstats

入力

int

0
データポイントのグループが統合される出力データポイントのX値を取得する方法を指定します。

オプションリスト

  • ave:Average
    各グループのデータポイントのX値の平均値を取得します。
  • median: 中央値
    各グループのデータポイントのX値の中央値を取得します。
  • first:サブグループの最初
    各グループの最初のデータポイントのX値を取得します。
  • last:サブグループの最後
    各グループの最後のデータポイントのX値を取得します。
  • xatminy:最小のYのX値
    各グループの最小Y値のX値を取得します。
  • xatmaxy:最大のYのX値
    各グループの最大Y値のX値を取得します。

サブグループ化の方法X増分によるまたはグループの数によるの場合、次の3つのオプションを利用できます。

  • begin:サブグループ開始
    各サブグループの開始値
  • center:サブグループの中央
    各サブグループの中央の値
  • end:サブグループ終了
    各サブグループの終了の値
Y統合 ystats

入力

int

0
データポイントのグループが統合される出力データポイントのY値を取得する方法を指定します。

オプションリスト

  • ave:Average
    各グループのデータポイントのY値の平均値を取得します。
  • min: 最小
各グループのデータポイントのY値の最小値を取得します。
  • max: 最大
各グループのデータポイントのY値の最大値を取得します。
  • median: 中央値
    各グループのデータポイントのY値の中央値を取得します。
  • first:サブグループの最初
    各グループの最初のデータポイントのY値を取得します。
  • last:サブグループの最後
    各グループの最後のデータポイントのY値を取得します。
  • sum: 合計
    各グループのデータポイントのY値の合計値を取得します。
  • sd:SD
    各グループのデータポイントのY値の標準偏差を取得します。
  • se: SE
    各グループのデータポイントのY値の標準誤差を取得します。
  • rms: RMS
    各グループのデータポイントのY値の二乗平均平方根の値を取得します。
出力 oy

出力

XYRange

<new>
出力範囲を指定します。

シンタックスはここをご覧ください。

説明

このXファンクションは、X値に基づいたXYデータの削減が可能です。X値は単調である必要があります。

データをグループ分けする方法は複数されています。グループ化すると、データポイントの各グループは単一データポイントに統合されます。出力データポイントのXおよびY値の取得方法は指定できます。

サンプル

X値が等間隔でないデータセットがあり、X値によってデータを削減したいとします。データセットには200ポイントのデータが含まれています。次の操作を実行すると、これを50ポイントにできます。

  1. 新しいブックを用意し、単一ASCIIインポートボタンButton Import Single ASCII.pngをクリックして \Samples\Signal Processing\Convolution.dat ファイルをインポートします。
  2. データ列を選択し、Originメニューから作図:シンボル図:散布図を選択して、グラフを作成します。
    Reducexy111.png
  3. 解析:データ削減:クラスタXを選び、reduceXY Xファンクションダイアログボックスを開きます。
  4. ダイアログボックスで、サブグループ化の方法ドロップダウンリストからグループ化の数によるを選択します。グループ数の右側にある自動チェックボックスからチェックを外し、編集ボックスに50を入力します。
  5. X統合のドロップダウンリストからサブグループの最初を選択します。
  6. Y統合ドロップダウンリストから最小を選択します。
    Reducexy222.png
  7. OKボタンをクリックします。元データの隣の入力ワークシートに結果が保存されます。X2 および Y2を選択し、Originメニューから作図:シンボル図:散布図を選択して、グラフを作成します。
    Reducexy333.png

また、データポイントの削減のために以下のスクリプトコマンドを使用できます。

reducexy -r 2 iy:=[Book2]Convolution!(col(A),col(B)) subgroup:=groups groups:=50 xstats:=first  ystats:=min;

関連 X ファンクション

stats, reducedup, xy_resample


キーワード:データ削減、代表値、平均、合計、最小値、最大値、統計