mroiprofile


メニュー情報

行列上のROIで右クリックして強度プロファイルを選択

概要

ROIでの行列データのプロファイル

コマンドラインでの使用法

mroiprofile -r 1 multi:=all trstats.n:=1 trstats.sum:=1;

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
roi

Input/Output

MatrixLayer

0

行列に追加されたROIです。

入力行列 ims

入力

MatrixLayer

<active>

入力行列を指定します。

プロファイル位置 multi

入力

int

0

行列上のすべてのROIまたはアクティブROI上でプロファイルするか指定します。

オプションリスト:

  • 0=all: すべてのオブジェクト
    アクティブROI上のプロファイル
  • 1=active: アクティブオブジェクトのみ
    行列上のすべてのROI
統計 trstats

入力

TreeNode

<unassigned>

計算し、出力する値を指定します。

詳細はこちらのページ をご覧下さい。

出力 rd

出力

ReportData

[<新規>]

出力ワークシートを指定します。

説明

このXファンクションを使用して、ROIから新しい行列を作成できます。

関連するXファンクション

mdim, mexpand, mproperty, mreplace, mrotate90, msetvalue, mflip, mtranspose , msmooth


キーワード:新規行列