merge_graph

メニュー情報

グラフ操作: グラフウィンドウの統合...

概要

選択したグラフウィンドウを1つのグラフに統合

コマンドラインでの使用法

1. merge_graph option:=open;

2. merge_graph row:=2 col:=3 newlayer:=1 keep:=0;

3. merge_graph option:=project topm:=7 bottommg:=15;

4. merge_graph option:=specified graphs:="graph1"+char(10)$+"graph2";

5. merge_graph option:=project row:=3 col:=1 resizewidthbyscale:=1 width:=11.41 height:=7.973 unit:=inch;

6. merge_graph option:=folder row:=2 col:=1 aspectratio:=1 width:=11.41 height:=7.973 unit:=inch labeltext:=custom labelcustom:=(a$) labelposition:=tro;

Xファンクションの実行オプション

スクリプトからXファンクションにアクセスする場合、追加のオプションスイッチについてのページを参照してください。

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
統合 option

入力

int

<auto>
グラフ選択に対するオプションを指定します。

オプションリスト:

  • page:現在のページ
    アクティブページ内の全てのグラフ
  • folder:現フォルダ中のすべて
    サブフォルダを除く、アクティブフォルダ内の全てのグラフ
  • recursive: 現フォルダ中のすべて(再帰的に適用)
    サブフォルダを含む、アクティブフォルダ内の全てのグラフ
  • open: 現フォルダ中のすべて(オープンのもの)
    アクティブフォルダ内の開いている全てのグラフ
  • embed:現フォルダ中の全て(埋め込みを含む)
    埋め込みグラフを含むアクティブフォルダ内の全てのグラフ
  • project:プロジェクト中のすべて
    現プロジェクトの全てのグラフ
  • specified:指定
    graphs変数で指定したグラフ
グラフ graphs

入力

string

<auto>
統合するグラフを指定します。の変数はオプション変数で「指定」が選択されているときのみ利用できます。2つの隣接するグラフ名は、文字列「/n」で分ける必要があります。ダイアログで、別の行に各グラフ名を入力できます。
元のグラフを保持 keep

入力

int

1
統合を実行した後、元のグラフを保持するかどうかを指定します。
レイアウトの再配置 arrange

入力

int

1
複数レイヤを含むグラフに属するレイヤを再配置するかどうかを指定します。
行数 row

入力

int

<auto>
新しいグラフでの行数を指定します。新しいウィンドウの行と列の並びを再配置します。
列数 col

入力

int

<auto>
新しいグラフでの列数を指定します。新しいウィンドウの行と列の並びを再配置します。
新規レイヤを追加 newlayer

入力

int

0
元のグラフの数が行数と列数の積より少ない場合、空白のグリッドに対して新しいレイヤを追加するかどうかを指定します。
レイヤの縦横比を保持する aspectratio

入力

int

0
グラフレイヤの元の縦横比を維持するかどうかを指定します。
元のグラフを1つの単位として扱う groupgraph

入力

int

1
この変数を1にすると、同一グラフからの全てのレイヤはグラフを統合する時に1単位として認識されます。元のグラフでリンクしていないレイヤは元のレイヤ1にリンクされます。このような動作を無効にするには、この変数を0に設定します。
レイヤリンク linkarrange

入力

int

0
全てのリンクしていないレイヤを統合したグラフのレイヤ1にリンクするか指定します。リンク済みのレイヤは、統合前にリンクしていたレイヤとリンクした状態が保持されます。
共通スケールでレイヤ幅を設定 resizewidthbyscale

入力

int

0
それぞれのレイヤ幅を共通スケールで定義します。例えば、積み上げ横棒グラフの作図する際に共通スケールを決めて、レイヤ間で棒の長さを直接比較することができます。一方、このオプションがないと、同じ物理量を示す2つの軸が、異なるスケール範囲になることがあります。
共通スケールでレイヤ高さを設定 resizeheightbysale

入力

int

0
それぞれのレイヤ高さを共通スケールで定義します。例えば、積み上げ縦棒グラフの作図する際に共通スケールを決めて、レイヤ間で棒の高さを直接比較することができます。一方、このオプションがないと、同じ物理量を示す2つの軸が、異なるスケール範囲になることがあります。
軸フレームを表示 smartarrange

入力

int

0
軸/目盛りが重なっているときに、軸フレームを表示してグラフの軸/目盛りを非表示にするかどうかを指定します。
単位 spaceunit

入力

int

0
新しいグラフページの感覚と余白の単位を指定します。

オプションリスト:

  • percent:ページの%
    ページの%です。
  • inch:インチ
    インチ
  • cm:cm
    cm.
  • mm:mm
    mm.
  • pixel:ピクセル
    ピクセル
  • point:ポイント
    ポイント
水平の間隔 xgap

入力

int

2
隣接するレイヤ間の水平方向のギャップを指定します。
垂直の間隔 ygap

入力

int

2
隣接するレイヤ間の垂直方向のギャップを指定します。
左端余白 leftmg

入力

int

5
新しいグラフページの左余白を指定します。
右端余白 rightmg

入力

int

5
新しいグラフページの右余白を指定します。
上部余白 topmg

入力

int

5
新しいグラフページの上余白を指定します。
下部余白 bottommg

入力

int

5
新しいグラフページの下余白を指定します。
向き portrait

入力

int

2
Specifies the orientation for the new graph page.

オプションリスト:

  • landscape:横
    横向き
  • portrait:縦
    縦向き
  • auto:自動
    自動
width

入力

二重Y軸

<auto>
新しいグラフページの幅を指定します。
高さ height

入力

double

<auto>
新しいグラフページの高さを指定します。
単位 unit

入力

int

<auto>
新しいグラフページの単位を指定します。

オプションリスト:

  • inch:インチ
    インチ
  • cm:cm
    cm.
  • mm:mm
    mm.
  • pixel:ピクセル
    ピクセル
  • point:ポイント
    ポイント
スケールモード scalemode

入力

int

0
レイヤ枠、レイヤとスケールに接続している軸、軸ラベル、凡例、データプロット、他のオブジェクトが、新しいグラフページのレイヤのサイズが変わったときに、どのような効果にするかを指定します。

オプションリスト:

  • source:自動
    ソースグラフの設定を使用します。
  • frame:レイヤ枠でスケール
    レイヤに比例してレイヤ内の要素の大きさも変わります。
  • fixed:固定倍率
    各レイヤ要素のサイズを、元のサイズ(フォントサイズ、シンボルサイズ、線幅など)で決定します。これらの要素の大きさは、fixfactor変数で指定した倍率を元の大きさの乗数にして決まります。
固定倍率 fixfactor

入力

double

1
これは、スケールモード変数が固定倍率にセットされている場合のみ利用可能です。固定スケール倍率を指定します。
ラベルテキスト labeltext

入力

int

0
統合された各グラフに追加されるラベルの種類を決定します。

オプションリスト:

  • none:なし
    グラフにラベルを追加しません。
  • capitalA:A
    大文字のアルファベット順でラベルを表示します (例:A, B, C...)。
  • a:a
    小文字のアルファベット順でラベルを表示します (例: a, b, c...)。
  • custom:カスタム
    カスタムラベルを定義します。labelcustom 変数を使用してカスタムラベルテキストを定義します。
カスタム labelcustom

入力

string

Graph##
labeltextcustom の時に利用可能です。カスタムラベルのテキストを指定します。置換表記と列挙コードを使用できます。

列挙コードでは、%(u$)%(v$) が、大文字と小文字を列挙します。$(i) # が、インデックスを列挙します。%(p$) は、文字#を示します。カスタムドロップダウンリストの詳細は、このOriginヘルプページを参照してください。

ラベル位置 labelposition

入力

int

0
各グラフレイヤのグラフラベルの位置を指定します。

オプションリスト:

  • tlo:外側の左上
  • tli:内側の左上

説明

このXファンクションは指定したグラフを新しいグラフウィンドウに統合します。新しいグラフでは、元のグラフは× のグリッドで配置されます。

サンプル

以下の例では、2つのグラフ(Graph1とGraph2)を新しいグラフページに統合します。

  1. Originメニューから、グラフ操作:グラフウィンドウの統合を選びます。これは、Xファンクション「merge_graph」のダイアログを開きます。
  2. ダイアログ内では統合ドロップダウンリストから指定を選択します。グラフの編集ボックス右にあるブラウズMerge graph help English files image002.jpgボタンをクリックし、グラフブラウザダイアログを開きます。Graph1Graph2を選択してからOKをクリックして、グラフブラウザダイアログを閉じます。
  3. merge_graph XファンクションダイアログをOKをクリックして閉じると、Xファンクションを実行しグラフを統合します。

関連するXファンクション

g2layout, layadd, laysetunit, laylink


キーワード:統合