legendupdate

内容

メニュー情報

グラフ操作:凡例を更新

概要

グラフページ/レイヤの凡例を更新または再構築します

コマンドラインでの使用法

legendupdate dest:=layer update:=reconstruct legend:=combine order:=ascend mode:=lu

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
目的地 dest

入力

int

0
凡例の更新を適用する場所を指定します。

オプションリスト

  • page:ページ全体
    アクティブなページ全体の凡例を更新します。
  • layer:アクティブレイヤ
    アクティブなレイヤの凡例を更新します。
  • spepage:特定のページ
    これはダイアログの中では表示されません。これが選択されている場合、page 変数で指定したグラフページのみ更新されます。
  • spelayer:特定のレイヤ
    これはダイアログの中では表示されません。これが選択されている場合、layer変数で指定したグラフレイヤのみ更新されます。
更新モード update

入力

int

1
凡例を更新するか再構築するか指定します。

オプションリスト

  • reconstruct:再構築
    指定した凡例の自動更新モード順番変数に従って凡例を再構築します。
    Note:凡例の形式はデフォルトの設定に戻ります。
  • update:更新
    指定した変数より凡例の情報を自動的に更新します。
    Note:これは既存の凡例の形式や構造を変更します。
凡例 legend

入力

int

0
これは、更新モード変数で再構築が選択されている時のみ使用できます。この変数を使用してどの形式の凡例を再構築するか指定します。

オプションリスト

  • separate:各グラフに凡例
    各レイヤにそれぞれ異なる凡例を構築します。
  • combine:全てのページ用の1つの凡例
    グラフ内の全てのレイヤに対応する凡例を作成します。
次数 order

入力

int

1
これは、更新モード変数で再構築が選択されている時のみ使用できます。凡例が再構築されると、情報はグラフレイヤから読み取られる必要があります。この変数はレイヤを読み取る順番を指定します。

オプションリスト

  • descend:降順
    レイヤから情報を取るのに、インデックスの降順でデータを読み取っていきます。
  • ascend:昇順
    レイヤから情報を取るのに、インデックスの昇順でデータを読み取っていきます。
凡例の自動更新モード mode

入力

int

0
凡例を作成するには、LabTalkの編集表記(例えば、「%(1)」や「%(2)」)を使用しています。Originは自動的に表記法を凡例を構成する情報に「変換」します。この変数は表記法を変換する時の情報を指定します。

オプションリスト

  • comment: ユーザコメント (第1行)
    元データのコメント行の中の最初の行
  • dr: データ範囲
    プロットのデータ範囲
  • lu: ロングネーム & 単位
    元データのロングネームと単位
  • udpara: ユーザパラメータ 1
    元データの最初のユーザパラメータ行
  • lname:ロングネーム
    元データのロングネーム
  • sname:ショートネーム
    元データのショートネーム
  • lpara:パラメータ1
    元データの最初のシステム変数
  • custom:カスタム
    custom 変数によって指定した情報を使用
凡例のカスタムフォーマット(@D,@LU etc) custom

入力

string

このオプションはモード変数でカスタムが選択されているときのみ利用できます。ここで使用した表記法は凡例の表記法を変換する時に使用します。
グラフページ ページ

入力

GraphPage

<optional>
dest変数がspepageにセットされている場合のみ、この変数を利用できます。グラフページを指定するのに使用します。グラフページにある凡例は更新されます。
GraphLayer layer

入力

GraphLayer

<optional>
dest変数がspelayerにセットされている場合のみ、この変数を利用できます。グラフレイヤを指定するのに使用します。グラフレイヤにある凡例は更新されます。
非表示プロットの凡例を隠す hide

入力

int

1 凡例内に非表示プロットを表示するかどうか指定します。

説明

このXファンクションはグラフまたはレイヤにある凡例を更新あるいは再構築できます。グラフ操作のメニューからもGUIにアクセスできます。ダイアログによるコントロールについてはこのオンラインヘルプを確認してください。

サンプル

他のサンプルについては、XFスクリプトダイアログ(F11を押す)をご覧下さい。