laymxn


メニュー情報

グラフ操作:レイヤ配置...

概要

グラフをm*nレイヤに変更

コマンドラインでの使用法

1. laymxn row:=2 col:=4 autofit:=0 pageunit:=cm width:=25 height:=30 unit:=mm xgap:=4 ygap:=6;

Xファンクションの実行オプション

スクリプトからXファンクションにアクセスする場合、追加のオプションスイッチについてのページを参照してください。

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
Row row

入力

int

<unassigned>

行の数を指定します。

Col col

入力

int

<unassigned>

列の数を指定します。

レイヤサイズを維持してページサイズを自動調整 autofit

入力

int

1

レイヤサイズを維持してページサイズを自動調整するかどうか設定します。

オプションリスト

  • 0=偽
  • 1=真
単位 pageunit

入力

int

0

レイヤサイズを維持してページサイズを自動調整に使用していないとき(autofit=0)に有効です。グラフページサイズの幅と高さの両方の単位を指定します。

オプションリスト

  • 0=inch:インチ
  • 1=cm:cm
  • 2=mm:mm
  • 3=pixel:ピクセル
  • 4=point:ポイント
width

入力

double

<auto>

選択されたグラフページの幅を指定します。

高さ height

入力

double

<auto>

選択されたグラフページの高さを指定します。

単位 unit

入力

int

0

グラフの余白の単位を設定します。

オプションリスト

  • 0=inch:インチ
  • 1=cm:cm
  • 2=mm:mm
  • 3=pixel:ピクセル
  • 4=point:ポイント
  • 7=page:% of Page
水平の間隔 xgap

入力

double

<auto>

2つの隣接するレイヤ間の水平方向のギャップを指定します。

垂直の間隔 ygap

入力

double

<auto>

2つの隣接するレイヤ間の垂直方向のギャップを指定します。

関連するXファンクション

laymanage, laysetpos, layalign, layarrange