expImage

内容

  1. 1 メニュー情報
  2. 2 概要
  3. 3 コマンドラインでの使用法
  4. 4 変数
  5. 5 説明
  6. 6 サンプル
  7. 7 関連のXファンクション

メニュー情報

画像

概要

アクティブなイメージを画像ファイルにエクスポート

コマンドラインでの使用法

1. expImage fname:="c:\flower";

2. expImage im:=[Mbook1]1 type:=tif fname:=c:\flower;

3. expimage -t mytheme f:="c:\ExportedUsingTheme";

変数

表示
変数
I/O

データ型
デフォルト
説明
入力行列 im

入力

MatrixObject

<active>

エクスポートするイメージ デフォルトはアクティブイメージです。

ファイルの種類 type

入力

int

BMP

エクスポートする画像ファイルの種類を指定します
オプションリスト

  • bmp:Bitmap (*.bmp)
    BMPファイルにエクスポートします。
  • gif:Graphics Interchange Format (*.gif)
    GIFファイルにエクスポートします。
  • jpg:Joint Photographic Experts Group (*.jpg)
    JPGファイルにエクスポートします。
  • pcx:Zsoft PC Paintbrush Bitmap (*.pcx)
    PCXファイルにエクスポートします。
  • png:Portable Network Graphics (*.png)
    PNGファイルにエクスポートします。
  • psd:Adobe Photoshop (*.psd)
    PSDファイルにエクスポートします。
  • tga:Truevision Targa (*.tga)
    TGAファイルにエクスポートします。
  • tif:Tag Image File (*.tif)
    TIFファイルにエクスポートします。
ファイル名 fname

入力

string

fname$

エクスポートする画像のパスとファイル名を指定します。ファイル拡張子が省略されると、指定した画像ファイルの種類に従って追加されます。

画像の設定 tr

入力

TreeNode

<unassigned>

画像の設定を指定します。ファイルの種類により、設定項目が異なります。すべての種類に対して、DPI解像度と色の深さを指定できます。ファイルの種類に対してJPGが選択されていると、圧縮率を指定することができます。TIFFに対しても、色空間と圧縮法の両方を指定することができます。
詳細は説明をご覧下さい。

説明

expImage関数は、行列オブジェクトを画像ファイルとしてエクスポートします。どのデータタイプの行列オブジェクトでも入力として使うことができますが、設定と出力タイプにより、別のデータタイプに変換できます。

エクスポートに対して8つのファイル形式(BMP, GIF, JPEG, TIFFなど)がサポートされています。ユーザは、必要に応じて、その中から選択できます。

また、ダイアログ内のImage Settings を使って、DPI解像度、色の深さなどを指定することができます。異なるファイルタイプに対しては、異なる設定が利用できますので、このオプションを使う前にファイルの種類を選択して下さい。

ダイアログオプションの詳細

ダイアログオプションの詳細

  • 画像の設定 (tr)
詳細は、 このページをご覧下さい。

サンプル

1. 次の例では、アクティブな行列オブジェクトをJPEG画像ファイル(c:\test.jpg)にエクスポートします。

a.Originメニューから、「ファイル:エクスポート:画像…」を選択します。これは、エクスポートオプションを調整するexpASC ダイアログボックスを開きます。
b.「ファイルの種類」ドロップダウンリストを使って、「JPEG形式 *.jpg」を選択します。「ファイル名」に「c:\test.jpg」と入力します。 OK をクリックして、ダイアログを閉じます。

2. 次のスクリプトコマンドは、ダイアログを開かずにアクティブな行列オブジェクトをBMPファイル(c:\test.bmp) にエクスポートします。

expImage fname:="c:\test.bmp" type:=0;

関連のXファンクション

impImage, expMatASC