グラフ操作


名前 簡単な説明 サンプル
add_graph_to_graph 既存のグラフからEMFオブジェクトとしてグラフをレイアウトウィンドウに貼り付けます。 Example
add_table_to_graph グラフまたはレイアウトにリンクテーブルを追加します。 Example
add_wks_to_graph レイアウトウィンドウに既存のワークシートからワークシートを貼り付けます。
add_xyscale_obj レイヤに新しいXYスケールを追加します。
addline 垂直または水平線をアクティブグラフのアクティブレイヤに描画します。
axis_scrollbar スクロールバーオブジェクトをグラフに追加し、簡単にズームやパンニングを行います。 Example
axis_scroller X 軸の下に簡単に再スケールできるよう、1対の逆三角形を追加します。
g2layout 選択したグラフウィンドウを新しいレイアウトにします。 Example
g2w ワークシート内にグラフを移動します。
gxy2w 特定のX値に対して、全ての曲線からY値を検索し、ワークシートの1行に追加します。
gfitp すべてのレイヤをページに合うように調整します。
insert_wks_to_layer グラフレイヤにワークシートを表オブジェクトまたはビットマップ(BMP object)として追加します。
insert_graph_to_layer グラフウィンドウまたはレイアウトページにグラフウィンドウをBMPオブジェクトとして挿入します。
label_layer ラベルをグラフのレイヤに追加します
layadd アクティブグラフの新しいレイヤを作成します
layalign ソースレイヤを元に目的のレイヤを並べます。
layarrange グラフ上のレイヤを並べ替えます。 Example
laycolor レイヤの背景色を塗りつぶします Example
laycopyscale 1つのレイヤからもう1つのレイヤにスケールをコピーします。
layextract 指定したレイヤを別のグラフウィンドウに抽出します Example
laylink いくつかのレイヤを1つのレイヤにリンクします。
laymanage アクティブなグラフの中でレイヤを管理します。
laymplot 現在のグラフウィンドウで別のレイヤにプロットを移動します。
laysetfont テキストのレイヤのスケールを1つに固定します。
laysetpos 1つ以上のグラフレイヤの位置を設定します
laysetratio レイヤの幅と高さの比率をセットします
laysetscale グラフレイヤに軸スケールをセットします。
laysetunit グラフレイヤに単位をセットします。
layswap 2つのグラフレイヤの位置を入れ替えます
laytoggle 左/下軸のオンオフを切り替えます。
layzoom レイヤ中央にズームします
legendbox ボックスチャート要素の凡例を作成/更新します
legendcat カテゴリー値の凡例を作成/更新する
legendupdate 凡例を更新します Example
merge_graph グラフウィンドウの統合 Example
newinset インセットのある、新しいグラフページを作成します
newpanel パネルのある、新しいグラフページを作成します
palApply カラーマップにパレットを適用します Example
pfit2l すべてのレイヤを含むようにページを展開します
pickpts 2DグラフからXYデータポイントを選択します Example
speedmode スピードモードのプロパティを設定します。 Example
OpenBinWks ヒストグラムプロット用のビンワークシートを作成または開きます