データベースからデータを再インポートしてグラフを更新する

サマリー

このチュートリアルでは、データベースからのデータインポートおよび分析とグラフ作成を行います。その後、OriginのLabTalkスクリプトを使用したデータベースクエリーの更新とデータ再インポートを行うボタンをグラフに追加します。

ここで使用するSQLデータベースは AdventureWorks データベースです。AdventureWorks データベースの取り付け方法についての詳細情報は、CodePlex のWebサイトを参照してください。

チュートリアルの各ステップはローカルなデータベースでの操作例です。このチュートリアルのまま操作することは出来ません。

学習する項目

このチュートリアルでは、以下の項目について解説します:

  • クエリーのデータ範囲を定義するためにSQLクエリーのLabTalk変数を使用して、データベースからデータをインポートする
  • ピボットテーブルとグラフを作成し、データを分析する
  • クエリーのデータ範囲を編集するボタンをグラフに追加して、データベースからの再インポートを行う

ステップ

サーバマシンnoho上にSQLサーバAdventureWorks2008を予めセットアップ済であることを想定しています。

データベースからデータをインポートする

  1. 新しいプロジェクトを開始します。データベースアクセスツールバーのSQLエディタを開くボタンをクリックしてSQLエディタを起動します。
    ImportDataDatabase 1.png
  • メニューからファイル:接続文字列の編集を選択してテキストボックスに以下の接続文字列を入力します。
    Provider=SQLOLEDB.1; Password=labtalk2015; Persist Security Info=TRUE; USER ID=CONNECT; Initial Catalog=AdventureWorks2008; DATA SOURCE=noho
    
  • テストボタンをクリックして接続を確認します。問題なければ、OKをクリックしてデータベースにアクセスします。
  • SQLエディタでクエリー:LabTalk...と操作し、LabTalkサポート設定ダイアログを開きます。ダイアログで、LabTalk置換(%,$)をするのチェックボックスを付けて、以下のスクリプトをテキストボックスに入力します。
    string pastFrom$ = ""; string pastTo$ = ""; string curFrom$ = ""; string curTo$ = ""; if(exist(strPast1$, 18) == 18)  // strPast1$に値があるか確認 { // strPast1$に値がある場合 pastFrom$ = strPast1$;  // strPast1 $をpastFrom$に割り当てる } else  // strPast1$が定義されていない場合 { pastFrom$ = "1/1/2003";  // 定数文字列をpastFrom$に割り当てる } if(exist(strPast2$, 18) == 18) { pastTo$ = strPast2$; } else { pastTo$ = "3/31/2003"; } if(exist(strCurrent1$, 18) == 18) { curFrom$ = strCurrent1$; } else { curFrom$ = "4/1/2003"; } if(exist(strCurrent2$, 18) == 18) { curTo$ = strCurrent2$; } else { curTo$ = "6/30/2003"; }
    
    Update Graph Database 01.png
  • OKをクリックしてSQLエディタに戻ります。右側のテキストボックスに、以下のSQLステートメントを入力します。
    SELECT OrderDateTotalDueAndProductSubcategoryID.OrderDate AS 'Order Date', 'Date Range' = 
    	CASE 
    		WHEN OrderDateTotalDueAndProductSubcategoryID.OrderDate < &apos;%(curFrom$)&apos; THEN &apos;Past&apos;
    		ELSE &apos;Current&apos;
    	END,
    	Production.ProductSubcategory.Name AS &apos;Subcategory Name&apos;, 
    	OrderDateTotalDueAndProductSubcategoryID.TotalDue AS &apos;Total Due&apos;
    FROM 
    	(SELECT OrderDateAndTotalDue.OrderDate, OrderDateAndTotalDue.TotalDue, Production.Product.ProductSubcategoryID
    	FROM
    		(SELECT Sales.SalesOrderheader.OrderDate, Sales.SalesOrderDetail.ProductID, Sales.SalesOrderheader.TotalDue
    		FROM Sales.SalesOrderheader
    		INNER JOIN Sales.SalesOrderDetail
    		ON Sales.SalesOrderheader.SalesOrderID=Sales.SalesOrderDetail.SalesOrderID
    		WHERE (Sales.SalesOrderheader.OrderDate BETWEEN &apos;%(pastFrom$)&apos; AND &apos;%(pastTo$)&apos;
    				OR Sales.SalesOrderheader.OrderDate BETWEEN &apos;%(curFrom$)&apos; AND &apos;%(curTo$)&apos;)) AS OrderDateAndTotalDue
    	INNER JOIN Production.Product
    	ON OrderDateAndTotalDue.ProductID=Production.Product.ProductID) AS OrderDateTotalDueAndProductSubcategoryID
    INNER JOIN Production.ProductSubcategory
    ON OrderDateTotalDueAndProductSubcategoryID.ProductSubcategoryID=Production.ProductSubcategory.ProductSubcategoryID
    
    Update Graph Database 02.png

    上の図で確認できるように、合計で3つのLabTalk変数がステートメントの中で使用されています。

  • ツールバーの最後のボタンをクリックすると、置換結果を確認出来ます。
    Update Graph Database 03.png
  • メニューから、ファイル:アクティブワークシートに保存を選択し、この設定をワークシートに保存します。そして、ワークシートにデータをインポートボタンButton db Import Data.pngをクリックしてインポートを行い、SQLエディタ閉じます。インポートデータを確認でき、以下のような画像が表示されます。 ワークシートの右上に表示される黄色いアイコンは、ワークシートにデータベース接続が含まれていることを示します。
    Update Graph Database 04.png
  • ピボットテーブルの作成と列演算の実行

    1. インポートしたデータで操作を開始します。列Cを選択し、ワークシート:ピボットテーブルと操作してData Manipulation\Worksheet: wpivot ダイアログを開きます。
    2. 再計算を自動に設定します。
    3. ピボットテーブルの列ソースで右向きの三角形をクリックし、列Bを設定します。
    4. サマリー出力タイプ合計を設定します。すると、ピボットテーブルのデータソースが追加されます。列Dを右向きの三角形をクリックして選択します。
    5. オプションノードを開き、出力列のソートなしに設定します。
      Update Graph Database 05.png
    6. OKボタンをクリックして、設定した方法でピボットテーブルを作図します。
      Update Graph Database 06.png
    7. 列の追加ボタンUpdate Graph Database 07.pngを2回クリックして、新しい列を2列追加します。
    8. それぞれのロングネームをPercent ChangeGain/Loss にします。
    9. 列DのF(x)=セルにおいて、
      Origin 2017を使用している場合、以下を入力します。
      B==0 ? 100 : 100*(C-B)/B
      	
      Origin 2017より前のバージョンを使用している場合、以下を入力します。
      col(B)==0 ? 100 : 100*(col(C)-col(B))/col(B)
      	
    10. 列EのF(x)=セルにおいて、
      Origin 2017を使用している場合、以下を入力します。
      D > 0 ? 12 : 2
      	
      Origin 2017より前のバージョンを使用している場合、以下を入力します。
      col(D) > 0 ? 12 : 2
      	
    11. 結果は次のようになります。

      Update Graph Database 10.png

    グラフの作成とグラフの編集

    1. Pivot1ワークシートで、列CとDを選択して、メニューから作図: 複数区分: 積み上げ... を選択します。
    2. ダイアログで、以下のように設定します。
      Update Graph Database 14.png
    3. OKをクリックします。2区分のグラフが作成されます。
      Update Graph Database 15.png
    4. 左パネルの下軸をダブルクリックします。目盛ラベルタブで、割る値1000000 にし、ラベル接尾語Mを入力します。スケールタブで、開始終了0120に設定します。主目盛のタイプは増分とし、値は20にします。軸ダイアログの左パネルで垂直方向を選択します。再スケール方法を自動にします。OKをクリックします。
    5. 右パネルの下軸をダブルクリックします。スケールタブで、開始終了-100400に設定します。主目盛のタイプは増分とし、値は100にします。 軸ダイアログの左パネルで垂直方向を選択します。再スケール方法を自動にします。 グリッド線タブを開き、左パネルで垂直方向が選択されています。下の方にあるY=0 にチェックをつけます。特別な軸刻みタブを開き、左パネルで下軸を選択します。軸の開始行の表示隠すに設定します。これをしないと、左プロットの最後の目盛ラベルが、右プロットの最初の目盛ラベルと重なります。OKをクリックします。
    6. 凡例、右軸の目盛ラベルなどを削除すると、下図のようになります。
      Update Graph Database 16.png
    7. 左の横棒グラフの塗り色を薄い空色にします。
    8. 右の横棒グラフの塗り色を列E(Gain/Loss)のインデックスにします。ラベルを有効にし、ラベル形式カスタムフォーマット指定$(Y, .1)%を入力して、接尾語%付きの小数点以下1桁のY値を表示します。
    9. 必要に応じて上、右、下の軸を削除するなどの軸編集を行います。グリッド線を表示します。左軸の主目盛、副目盛などを非表示にすると、グラフは下図のようになります。
      Update Graph Database 18.png

    ボタンを追加してLabTalkスクリプトを実行する

    1. グラフの右下で右クリックして、テキストの追加を選択します。テキストボックスにUpdateと入力します。
    2. このテキストUpdateを右クリックして、プロパティを選択し、テキストオブジェクトダイアログを開きます。プログラミングタブを開きます。Note: Origin 2017より前のバージョンでは、メニューからオブジェクトのプログラミング制御を選択して開くダイアログを使用します。
    3. のあとでスクリプトを実行」の前にあるドロップダウンでボタンアップを選択し、下にあるテキストボックスに次のスクリプトを入力します。OKをクリックします。
      double pastDate1 = date(1/1/2003);
      double pastDate2 = date(3/31/2003);
      double currentDate1 = date(4/1/2003);
      double currentDate2 = date(6/30/2003);
      // strPast1$, strPast2$, strCurrent1$, strCurrent2$が同時に存在するか確認
      if((exist(strPast1$, 18) == 18) && (exist(strPast2$, 18) == 18) && (exist(strCurrent1$, 18) == 18) && (exist(strCurrent2$, 18) == 18))
      {
      	// ある場合、ダイアログに表示するようにdouble値に設定します
      	pastDate1 = date(strPast1$);
      	pastDate2 = date(strPast2$);
      	currentDate1 = date(strCurrent1$);
      	currentDate2 = date(strCurrent2$);
      }
      // 日付設定のダイアログ
      GetN (Last Seaon) :@G
      	(From) pastDate1:@FD0
      	(To) pastDate2:@FD0 (-) :@G
           (Current Seaon) :@G
      	(From) currentDate1:@FD0
      	(To) currentDate2:@FD0 (-) :@G
      (Set Date);
      // 設定された日付を取得し文字列に変換
      string strPast1$ = $(pastDate1, D0);
      string strPast2$ = $(pastDate2, D0);
      string strCurrent1$ = $(currentDate1, D0);
      string strCurrent2$ = $(currentDate2, D0);
      // 設定された日付に従ってデータベースからデータを再インポート
      dbimport iw:=[book1]sheet1!;
      range rPivot = [Book1]Pivot1!;  // ピボットテーブル範囲
      layer.x.to = rPivot.maxRows+0.5;  // 垂直軸の値を設定
      rPivot.runfilter();  // データフィルタを実行
      	

      テキストオブジェクトがボタンになり、これをクリックすると、入力されたスクリプトが実行されます。

      Update Graph Database 30.png
    4. このボタンをクリックすると、デフォルトの日付が入力された状態でダイアログが開きます。(初回起動時のみ。初回起動ではない場合は、最後に使用したときの値。)
    5. では期間を変更してみます。「Last Season」を2004/01/01から2004/03/31まで、「Current Season」を2004/04/01から2004/06/30までに設定します。
      Update Graph Database 31.png
    6. OKをクリックすると、指定した日付範囲のデータがワークシートに再インポートされ、Pivot1ワークシートが更新されます。グラフも同様に更新されます。Pivot1シートのGain/Loss列の値により、横棒の色が塗り分けられます。1つの製品にロスがあるということが簡単に伝えられます。
      Update Graph Database 32.png