グループ化積み上げ棒グラフ


Video Image.png Video Text Image.png Website blog icon circle.png Blog Image 33x33px.png


概要

Originでは、複数データセットを積み上げグラフとして作図可能です。通常データセットはデフォルトでグループ化されます。さらに、以下に示すような2つのサブグループを持つ積み上げ棒グラフのためのサブグループが可能になりました。
Grouped Stacked Column 08.png

必要なOriginのバージョン: Origin 2020以降

学習する項目

このチュートリアルでは、以下の項目について説明します。

  • 積み上げ棒グラフを作図する
  • 積み上げ棒グラフをサブグループ化する
  • グラフのX軸表を表示し編集する

グループ化積み上げ棒グラフの作成操作

このチュートリアルは、<Origin EXE Folder>\Samples\Tutorial Data.opjというプロジェクトのGrouped Stacked Columnフォルダを使います。

Note: ラーニングセンターダイアログのグラフサンプルにあるColumn and Barのサムネイルをダブルクリックしてサンプルグラフを開くことができます。 (メニューからヘルプ:ラーニングセンターを開くか、F11を押すと開きます。)

  1. ワークシートSheet1をアクティブにし、B列からG列までを選択して、 作図>棒、円、面積: 積み上げ縦棒を選択してグラフを作図します。
    Grouped Stacked Column 01.png
  2. 縦棒グラフをダブルクリックして、作図の詳細(プロット属性)ダイアログを開きます。グループタブで、サブグループサイズによるに設定し、サブグループのサイズを3にします。
    Grouped Stacked Column 02 2.png
  3. 作図の詳細ダイアログの左パネルで、Layer1を選択し、積み上げ形式タブを開きます。累積/推移のサブグループ内のオフセット(「グループ」タブ内)のチェックを付けます。適用ボタンをクリックします。
    Grouped Stacked Column 05.png
  4. OKをクリックして、ダイアログを閉じます。メニューからグラフ操作:再スケールして全てを表示を選択して再スケールします。
  5. 縦棒をクリックして表示されるミニツールバーで、グループタブの「データラベルを表示」ボタンを選択して縦棒のラベルを表示します。
    Grouped Stacked Column 03 2.png

X軸のラベル表作成操作

  1. X 軸の目盛ラベルの行を2行にするには、X 軸の目盛ラベル上でダブルクリックして、ダイアログを開きます。
    • 目盛ラベルタブを選択してから軸アイコンを選択します。
    • その中のフォーマットタブでフォントサイズ16に設定します。
    • タブに移動し、一番上にある有効にするチェックをつけてから行数2に変更します。 すると、左パネルのアイコンが下1に変わり、下2が追加されます。
    • 表のレイアウトは以下のように設定します。
      Grouped Stacked Column 06.png
    • 下2アイコンを選択し、表示タブのデータセット名[Book4]Sheet1!H に設定し、フォーマットタブでフォントサイズを12にします。これにより、ワークシートのLabel(Y)列を参照した自動車の名称が目盛ラベル行に表示されます。
    • 表のレイアウトは下図のようにします。
      Grouped Stacked Column 07.png
  2. OKボタンをクリックして、ダイアログを閉じます。凡例をレイヤ内に移動します。レイヤ上でクリックしてミニツールバーを開き、レイヤ枠ボタンをクリックしてレイヤ枠を表示します。
    Grouped Stacked Column 07a.png

グラフの編集

以下の編集操作により、サマリーで表示されている画像のグラフと同じようにグラフを編集します。

  1. 縦棒グラフをダブルクリックして、作図の詳細(プロット属性)ダイアログを開きます。グループ タブを開き、塗り色詳細の中にあるButton browser.png ボタンをクリックします。推移リストエディタを開きます。
  2. 最初の色の右側にある矢印をクリックします。さらに カスタムの下にある空の色ボックスをクリックします。 ダイアログが開くので、赤、緑 の値を 165,196,0に設定し、OK.をクリックします。
  3. RGBの値で、5つのカスタムカラーを追加してみます。: (243, 62, 12), (243, 200, 30), (0, 64, 127) (119, 0, 31), (124, 191, 243).
  4. 推移リストの7番目と8番目の色は、削除ボタンを押してぞれぞれ削除します。これで推移リストは6色のみになります。OK をクリックして、推移リストエディタを閉じます。
    Grouped Stacked Column 02.png
  5. ラベルタブで、フォントサイズ12濃い灰色、にして太字ボタンをクリックします。ラベル形式カスタムに設定し、フォーマット指定のBOXに$(p,.0)% を入力します。これで、棒上のラベルが調整されます。
    Grouped Stacked Column 03.png
  6. 棒の間隔タブをクリックし、棒の間隔(%)30にします。
    Grouped Stacked Column 04.png
  7. 作図の詳細ダイアログの左パネルで、Layer1を選択し、積み上げ形式タブを開きます。積み上げ棒グラフで合計ラベルを表示
    Grouped Stacked Column 09.png
  8. グループタブで、編集モード独立にします。OKボタンをクリックして、ダイアログを閉じます。
  9. 暗い色の棒に表示されるラベルが読みにくいことがわかります。これらの文字の色を白地にすることにします。
    1. Ferrari Centralプロットのラベルをクリックして、ミニツールバーの開き、フォントサイズ11にし、フォントの色明るい灰色にします。
      Grouped Stacked Column 09a.png
    2. Ferrari Westプロットのラベルをクリックして、ミニツールバーの開き、フォントの色明るい灰色にします。
  10. グラフウィンドウの灰色の背景の部分で右クリックし、開いたメニューから、 レイヤタイトルを追加/変更 を選択します。レイヤタイトルとして、Salesと入力します。
  11. サイズの変更が必要な場合は、緑色のレイヤ操作ハンドルを使って変更します。最終的に、サマリーにあるようなグラフになります。