ガジェット


このレッスンでは、ガジェットを使用してグラフでデータの探査分析を実行します。

積分ガジェット

  1. 前回のレッスンで保存したプロジェクトを開き、プロジェクトエクスプローラのルートレベルにガジェットという名前の新しいフォルダを追加します。
  2. 新しいワークブックを開き、ヘルプ: フォルダを開く: サンプルフォルダを選択して、サンプルフォルダを開きます。このフォルダ内のCurve FittingサブフォルダにあるMultiple Gaussians.dat ファイルを探します。空のワークシートにファイルをドラッグアンドドロップしてインポートします。
  3. データセットのロングネームを追加しましょう。列Bのロングネームラベル行に"Peak 1"と入力します。そのロングネームのセルをクリックして選択します。セルの右下角にマウスを移動すると、カーソルが"+"に変わります。マウスを左クリックしながら、列Cから列Eへドラッグします。自動的にロングネームにPeak 2Peak 3Peak 4と入力されます。
  4. 列BからEまでの列ヘッダ上でクリックしてドラッグし、列を選択します。メインメニューから作図: 基本の2Dグラフ:Yオフセット付積上げ折れ線を選択します。
  5. グラフをアクティブにしてメインメニューからガジェット: 積分...を選択します。
  6. デフォルト設定のまま、OKボタンをクリックします。グラフ内に関心領域(Region of Interest 、ROI)が配置されます。希望のデータ範囲をカバーするように関心領域(ROI)を移動したりサイズを変更したりします。
  7. 関心領域(ROI)の右上にある三角ボタンをクリックして設定を選択し、ダイアログを再度開きます。
  8. 出力タブを開き、出力先の項目にある、ワークシートに追加にチェックを付けます。OK をクリックして、ダイアログを閉じます。
  9. レイヤに複数のグラフがあるときに、このガジェットはデフォルトではアクティブなデータに対して動作します。今回の場合は、アクティブなグラフはPeak 1です。 例えばPeak 3にデータを変更したいときは、関心領域(ROI)の右上にある三角ボタンをクリックして、コンテキストメニューからデータ変更: Plot(3): Peak 3を選択します。
    Gadgets 01.png
  10. 再び三角ボタンをクリックしてすべての曲線で出力を選択します。すべての曲線に対する積分結果のワークブックが作成されます。三角ボタンをクリックしレポートシートに行くを選択すると出力ワークブックに切り替わります。
  11. グラフの関心領域(ROI)の右上にあるXボタンをクリックしてガジェットを削除します。

FFT ROIツールガジェット

  1. 新しいワークブックを作成し、<Origin EXE Path>\Samples\Signal Processing\Chirp Signal.datをインポートします。
  2. 列Bを選択してメインメニューから作図:基本の2Dグラフ:折れ線を選択して、折れ線グラフを作成します。
  3. グラフをアクティブにしてメインメニューからガジェット: FFT ROIツール...を選択します。ダイアログが開いたら、デフォルトのままOKボタンをクリックします。関心領域(ROI)がグラフに配置され、FFTの結果を表示するFFTPREVIEW という名前の他のグラフが作成されます。
  4. FFTPREVIEWグラフの右上角にあるLog Scaleのチェックを外します。それから元データの折れ線グラフのウィンドウとFFTPREVIEWのグラフウィンドウを横に並べます。データ曲線の最初の狭い範囲をカバーするように関心領域(ROI)を移動してサイズを変更します。
  5. 関心領域(ROI)を選択してからキーボードの矢印キーで関心領域(ROI)を右側に移動すると、もう1つのグラフでFFTの結果が更新されることが確認できます。
    Gadgets 02.png
  6. プロジェクトファイルを保存します。