行の削減

Originには、ユーザが定義したパターンによる行削減や統合、マスクされた列の削除といった方法によるデータ削減のツールが用意されています。

このツールを開くには、

  1. ワークブックをアクティブにします。
  2. メインメニューからメニューコマンドを選択します。ワークシート:行の削減と選択してwreducerows ダイアログを開きます。

wreducerows ダイアログボックスは、Xファンクション wreducrows を実行します。

ダイアログオプション

入力

データの入力範囲です。

範囲制御についてはこちらを確認してください:入力データを指定する

削減方法
  • N行読み捨て、M行読み取る
N行読み捨て、M行読み取ります。
  • 欠損値を含む行を削除する
欠損値を含む行を削除します。
  • マスクを含む行を削除する
マスクされたワークシート行を削除します。
  • 統合した値でN行減らす
Nポイント毎に統合する方法による値に等しい値で統合します。
行を統合/削除

削減方法の選択によって次のオプションを使用できます。N行読み捨て、M行読み取る(行を削除) または 統合した値でN列減らす(行を統合)。統合または削除する行の数を指定してください。

行をスキップ

削減方法としてN行読み捨て、M行読み取るを選択した時利用できます。スキップする行の数を指定します

統合する方法

削減方法として統合した値でN行減らすを指定した時利用できます。統合されたデータポイントを置き換えるための値を指定してください。

  • 最初のポイント
統合される最初のポイントの値でNデータごとに置き換えます。
  • 最終点
統合される最後のポイントの値でNデータごとに置き換えます。
  • 平均
統合されるポイントの平均値でNデータごとに置き換えます。
  • 最小
統合されるポイントの最小値でNデータごとに置き換えます。
  • 最大
統合されるポイントの最大値でNデータごとに置き換えます。
  • 合計
統合されるポイントの合計の値でNデータごとに置き換えます。
  • SD
統合されるポイントの標準偏差の値でNデータごとに置き換えます。
削除の開始行

統合/削除の開始行を指定します。

出力

出力範囲を指定します。

範囲制御についてはこちらを確認してください:結果の出力