ワークシート列のアンスタック

この機能は、グループデータを複数列にアンスタックするのに使用します。アンスタック中、欠損値は1つのグループとしてまとめることができます。また、出力にグループ外の列を追加する事も可能です。

この関数を使用するには

  1. データを入力した、新しいワークシートを作成します。
  2. メニューからワークシート:列アンスタッキングを選び、wunstackcolダイアログボックスを開きます。

実際には、wunstackcol Xファンクションが呼び出されて操作を行います。

UnstackColumnsDialog.png

ダイアログのオプション

再計算

結果を再計算する方法を指定します。詳細は分析結果の再計算を確認してください。

アンスタックされるデータ

アンスタックされるデータを指定します。

グループ列

グループ情報を含む複数のグループ列は、グループ列ボックスに入力します。列のアンスタックはこのグループに従います。ツールバーGroup List Toolbar.pngの、上へ移動Button Group List Move Up.png下へ移動Button Group List Move Down.png削除Button Group List Remove.pngすべて選択Button Group List Select All.png選択Button Group List Add.pngボタンでグループ列の追加や削除、順序変更が可能です。
列の大部分がテキストの場合、グループ列はプロット後にカテゴリーとして設定されます。そのため、簡単に出力列を並び替えることができます。

オプション

その他の列を含める

元のシートのアンスタックしていない列を結果シートに含めるかどうかを指定します。

その他の列

アンスタックされていない列を結果シートに出力するかどうかを指定します。これは、非アンスタック列を含めるにチェックが付いている場合のみ利用できます。

その他の列値のためにルールを抽出

その他の列のデータをどのように整理するか指定します。これは、非アンスタック列を含めるにチェックが付いている場合のみ利用できます。
  • 最長のグループ一致
    このオプションは各グループ化変数(グループ列)の中に同じ数だけの観測値があり、それとグループではない列(その他の列)の観測値も等しい場合に使用できます。例えば、2つの列G1とG2にアンスタックする6つの観測値があるとします。グループ化しない変数に関しては、3つの値、g1、g2、g3があります。 このオプションを使用するには、G1とG2はそれぞれ3つの観測値を有している必要があり、グループ化していない変数にはそれぞれ2つの観測値がある必要があります。このオプションを選択する前に階層(ネスト)ソート(第一ソートはグループ列で、第二ソートはその他の列)を実行するべきです。
  • 全てのグループを統合する
    このオプションはグループ列その他の列のデータをまとめ、データをアンスタックするためのインデックスとして使用します。つまり、グループ列内にあるデータとその他の列にあるデータの組み合わせはユニークである必要があります。

欠損データを1グループとして含める

欠損値を1グループとして考えるかどうかを指定します。
出力設定

出力列のソートキー

出力列をどのようにソートするか指定します。
  • グループ変数
    グループ変数の値で出力列をアルファベット順にソートします。例えば、グループ変数「Make」には2つの変数、「Acura」と「Buick」があります。アンスタックした後、列は「Acura」の後に「Buick」が表示されるようになります。
  • アンスタックされるデータ
    アンスタックされるデータの順番をそのまま使用します。例えば、アンスタックされるデータ[Book1]Sheet1!(3,4)とあります。アンスタックされると列3のデータが最初に表示され、次に列4が続きます。もし、アンスタックされるデータ[Book1]Sheet1!(4,3) ならば、列4のデータが先に出力され、それに列3のデータが続きます。

出力ワークシート

アンスタックした出力データを保存する場所を指定します。

グループ情報の入れ先

グループ化した情報をどこに出力するか指定します。
  • ロングネーム
    グループ情報をロングネーム行に出力します。
  • コメント
    グループ情報をコメント行に出力します。
  • データ列のロングネームに追加する
    グループ情報をロングネーム行に追加します。
  • ユーザ定義パラメータ
    グループ情報をユーザ定義パラメータ行に出力します。この行の名称はグループ列格納元で指定します。

グループ情報の入れ先

このドロップダウンリストはグループ情報の入れ先に、ユーザ定義パラメータを選択した時のみ表示されます。グループ化情報を格納するユーザ定義パラメータ行の名前を使用します。名前は元のワークシートのグループ列にあるラベル行から取ります。選択したラベル行には、ユーザ定義パラメータ行に名前を付けるための文字列が含まれている必要があります。これがない場合、エラーメッセージが表示されます。GUIでは、使用可能なオプションは次の通りです(元のワークシートでどのラベル行が表示されているかに依存します)。
  • ショートネーム
    グループ列のショートネームを使用します。
  • ロングネーム
    グループ列のロングネームを使用します。
  • 単位
    グループ列の単位を使用します。
  • コメント
    グループ列のコメントを使用します。

列のアンスタッキングをするには

この関数は列のスタッキングとは正反対の操作となります。列のアンスタッキングでは、他のアンスタックしていない列がアンスタックした列の結果に追加できます。

  • アンスタック
    グループデータを複数列にアンスタックします。
    Unstack Without Enable Options.png
  • 非アンスタック列を含む
    グループデータをアンスタックして非グループデータ列を含めて複数の列に出力します。
    • 最長グループ一致オプション
      Unstack With Ungrouped Data.png
    • 全てのグループを統合するオプション
      Unstack With Ungrouped Data1.png

サンプル

サンプル 1: 基本の使用方法

この例は、グループデータ(<Originインストールフォルダ>\Samples\Statistics\body.dat)を複数列にアンスタックします。

  1. ファイル <Origin インストールフォルダ>\Samples\Statistics\body.dat を新しいワークシートにインポートします。
    Wunstackcol example 1.png
  2. 列DとEを選択し、ワークシート:列アンスタッキングを選択(またはコマンドウィンドウで wunstackcol -d; を入力)し、wunstackcol ダイアログを開きます。
  3. グループ列の項目にある三角形のボタンをクリックし、C(Y): genderを選択します。
  4. オプションツリーではその他の列を含めるのチェックを付けます。その他の列は、デフォルトのまま使用します。
  5. その他の列値のためにルールを抽出ドロップダウンリストから全てのグループを統合するを選択します。
  6. 出力設定の項目の、グループ情報の入れ先ではユーザ定義パラメータを選択し、グループ列格納先にはロングネームを指定します。その他の設定はデフォルト値のままにします。
    Wunstackcol example 2.png
  7. OK ボタンをクリックし、列をアンスタックします。結果は下図のようになります。
    Wunstackcol example 3.png

サンプル 2: 日付や時間でアンスタッキングする

この例では、日付-時間列で並べられたグループデータを使用します。

  1. ワークブックを空の状態にして、データ: インポート: 単一ASCIIファイルを選び、<Originプログラムディレクトリ>\Samples\Import and Export\Custom Date and Time.datを選択します。
  2. A(X)列の先頭をクリックして列を選択し、列フォーマットを選びます。
  3. プロパティタブを開き、フォーマット日付に、表示カスタム表示を選択し、カスタム表示ボックスに以下を入力してOKをクリックします。
    dd.MM.yyyy HH:mm:ss.##
    
    この操作によって、Originに文字列データを数値として認識させることで数学的処理ができるようになります。
  4. データシートをスクロールして、文字列の時間の部分(HH:mm:ss.## )が9時から始まっていることを確認します。B(Y)列のデータを時間と分ごとのグループに分けるとします。 グループ分けを行うにはまずA(X)列を再選択し、右クリックして列フォーマットを選び、プロパティタブでフォーマット時間にし、表示ドロップダウンリストからHH:mmを選択します。
    ワークシートは次のようになります。
  5. Wunstackcol example 4.png

  6. 両方の列をハイライトして、ワークシート: 列アンスタッキングと選択します。
  7. グループ列にA(X)を設定します。初期設定のまま、OKボタンをクリックします。データがHH:mmごとにグループ分けされ、グループ情報が新しいワークシートのコメント行に表示されます。
  8. Wunstackcol example 5.png

サンプル3: アンスタッキングした列を並び替える

このサンプルでは<Originインストールフォルダ>\Samples\Statistics\automobile.datPower列をMakeごとにアンスタッキングします。

  1. ファイル <Origin インストールフォルダ>\Samples\audtomobile.datを新しいワークシートにインポートします。
  2. 列Cを選択し、ワークシート:列アンスタッキングを選択し、wunstackcol ダイアログを開きます。
  3. グループ列の項目にある三角形のボタンをクリックし、B(Y): Makeを選択します。
  4. 再計算自動に変更し、その他はデフォルトのままとします。
    Wunstackcol example 6.png
  5. OK ボタンをクリックし、列をアンスタックします。B列はカテゴリカルに設定されていることに注意してください。
  6. UnstackCols1シートの全てのデータを選択し、作図> 複数区分/軸: ラベルから複数パネルを一括作成を選択します。
  7. グループ識別子コメントを指定します。OK をクリックして複数パネルグラフを作成します。パネルの並び順はUnstackCol1シートの列の順番に準じています。
  8. 例えば、メーカー名のアルファベット順にパネルを並び替える場合は、元となるワークシートのカテゴリ順を変更することです。automobileシートに戻ります。B列のカテゴリセルのヘッダーをダブルクリックします。
  9. カテゴリーダイアログで、カテゴリーの編集(追加、削除、任意の順)をチェックします。表のヘッダーをクリックして、カテゴリーをアルファベット順に並び替えます。OKをクリックします。
    UnstackCols1とグラフ内のパネルの順序が更新されていることを確認してください。