行列データの表示とプロファイル

行列データ:データモードとイメージモード

行列データは「データモード」または「イメージモード」で表示することができます。データモードとイメージモードに切り替えるには、行列オブジェクトをアクティブにしてメニューから表示:データモードまたは表示:イメージモードと操作します。

2つのモードの切り替えの際には、計算を実行してデータを持つ行列を作成し、データを画像として表示するために、イメージモードに表示を切り替えます。行列内のデータをイメージプロットとしてプロットすることができます。 これは、各セルがグラフ内の「ピクセル」として表される2Dプロットとしてデータを表示します。

行列データからプロファイルプロットを作成する際には、行列がデータモードまたはイメージモードのどちらになっていても問題ありません。

イメージサムネイルとスライダー

  • 個々の行列オブジェクトは、行列シートのセレクタ領域でイメージサムネイルとして表示できます。
  • または、スライダーコントロールを有効にして操作することで、行列ウィンドウのデータ部分に個々のオブジェクトを表示できます。データモードで行列が表示されている場合、スライダーはオブジェクトをデータとして表示します。イメージモードで表示されている場合、スライダーはオブジェクトを画像として表示します。

ユーザインタフェース上

セレクタ領域を表示し、サムネイルまたはスライダーコントロールを切り替える最も簡単な方法は、アクティブな行列ウィンドウにカーソルを合わせることで利用できるミニツールバーボタンを使用することです。


サムネイルを表示させるには:

  1. 行列ウィンドウのタイトルバーを右クリックして、イメージサムネイルの表示を選び、有効にします。
UG Show Image Thumbnails.png


スライダーを使用してサムネイルイメージ表示を置き換えるには:

UG MT Matrix Slider Thumbnail.png
  1. サムネイルが表示されるセレクタ領域、または行列イメージのすぐ右側の灰色の領域にカーソルを合わせます。カーソルがミニツールバーの表示になったら、クリックしてミニツールバーを表示し、スライダーまたはサムネイルボタンをクリックします。
  2. イメージサムネイルの表示に戻すには、ボタンを再度クリックします。
UG Matrix Slider Enabled.png

スライダーまたはサムネイルボタンの左にあるイメージセレクタボタンをクリックすると、サムネイルとスライダーの両方の表示を無効にできます。

LabTalkスクリプト上

オブジェクトプロパティのwbk.selectorおよびwbk.sliderのドキュメントを参照ください。

行列または仮想行列データのプロファイル

行列データ、またはワークシートデータから作成した仮想行列からプロファイルプロットを作成することができます。一度プロファイルプロットを作成すると、垂直線、水平線、または任意に設定された線に沿ったプロット断面のプロファイルを生成できます。

  1. プロファイルする行列(または仮想行列)をアクティブにします。もし仮想行列(ワークシート)のデータかを使用する場合には、データ領域を選択します。
  2. 作図:プロファイル:等高線プロファイル/イメージプロファイルを選択します。アクティブウィンドウが行列の場合、プロファイルプロットが作成され、イメージ/等高線プロファイルダイアログボックスが開きます。アクティブウィンドウがワークシート(仮想行列)でワークシートのデータ領域が選択されている場合は、plotvmダイアログボックスが開き、そこでワークシートのデータをどのように仮想行列として扱うかを設定することができます。OKを押すとプロファイルプロットが作成され、イメージ/等高線プロファイルダイアログボックスが開きます。
  1. Profiles1B.png
Note:プロファイルプロットは「スピードモード・オン」と表示されることがあります。これはデータが選択的にプロットされていることを示しています。スピードモードを修正または無効にすることができます。次をご覧ください。 スピードモード(必要に応じてポイントスキップ)

イメージ/等高線プロファイルダイアログ

プロファイルプロットが作成されると、イメージ/等高線プロファイルダイアログが開きます。

  • Basic Child Window Operations-1.pngボタンを押してダイアログを閉じます。
  • プロファイルグラフページ右上角のProfile button.pngボタンを押してダイアログを開きます。

ツールバーボタン

Delete graph.png

イメージプロファイルダイアログを閉じ、 プロファイルグラフとデータのどこを削除するか決定します。

Add vertical line.png

垂直プロファイル線を追加します。垂直プロファイル線は元のプロットの右側のグラフレイヤに追加されます。

Add horizontal line.png

水平プロファイル線を追加します。水平プロファイル線は元のプロットの上側のグラフレイヤに追加されます。

Add arbitrary line.png

任意のプロファイル線を追加します。任意のプロファイル線は元のプロットの上側および右側のグラフレイヤに追加されます。

Duplicate profile.png

アクティブなプロファイル上で線を動かしたり複製したりできます。

Delete profiles.png

アクティブプロファイルを削除します。プロファイルがレイヤの中に1つのみであれば、レイヤも同時に隠れます(下図をご覧ください)。

Crossed lines.png

プロファイルグラフと元のグラフを統合して作図します。このモードでは、データなしのレイヤは表示されません。

Seperate.png

トグル切り替えでプロファイルプロットをグラフウィンドウと分けて抽出したり、またはプロットを統合して一つにすることができます。

Activate output.png

このボタンはプロファイルプロットが別々のグラフにプロットされている場合のみ有効です。このボタンをクリックすると、プロファイルグラフに対応したタブがアクティブになります。

GoToProfileData.png

アクティブタブのプロファイルデータセットを選択します。

Default Settings.png

このボタンを押すとデフォルト設定ダイアログが開きます。

Profile default settings.png
  • プロファイルプロットタイプ:プロファイルのプロットタイプを、垂直、水平、および任意に変更します。 オプションは、折れ線(デフォルト)、散布図、線+シンボルです。
  • 凡例設定:現在、また今後追加されるプロファイル線に適用されます。凡例に示されるプロファイル線の幅や位置の値、プロファイル線の名前を決定します。 プロファイル線の名前は、凡例のカスタムフォーマット@LCに設定します。
  • プロファイルの量プロファイルの量に使用されるデフォルトの統計を選択します(以下を参照)。
Dialog expand panel.png VLineHLine、およびALineタブの設定を表示します(次を参照)。

タブの制御

タブの制御は行列データと仮想行列(ワークシート)のデータで少々異なります。相違点は表にまとめられています。

タブのタイトル上でを右クリックし、名前の変更を選択すると名前を変更できます。

プロファイルの量

プロットの量を選択します。単一のピクセル上にプロットする場合(下記のの設定をご覧ください)、これらの値に意味はありません(例:Min=Max=Mean)。値の範囲にプロットする場合、この設定によりプロファイル範囲内にどの量がプロットされるかが決定されます。

例として、スケールによると選択してスケールを20に設定し、垂直線ラインに沿ってプロファイリングする場合を挙げます。これにより2つの垂直線が、Xを中心として20スケール単位の距離に配置されます。プロファイルの量は選択されたXの値から20スケール単位(2つの垂直線の間)にわたって計算されます。

  • 最小
  • 最大
  • 平均
  • 中央値
  • 合計
  • SD
プロファイルデータの出力

このオプションは、元のデータが仮想行列の場合に有効です。

  • ソースと同じ
    ソースデータと同じX/Y値で、プロファイルデータを出力します。
  • 均一X
    ソースデータのX/Y範囲にしたがって、等間隔で配置されたX/Y値で、プロファイルデータを出力します。

プロファイル線の色を指定します。

プロファイル線を表示

プロファイル線を表示するか指定します。

プロファイル線の幅を指定します。

  • ピクセルによる
    プロファイルの幅をピクセルで指定します。ピクセル編集ボックスでピクセル数を指定してください。
  • スケールによる
    プロファイルの幅をスケールの値で指定します。スケール編集ボックスでスケール単位を指定してください。
  • 全範囲
    線の幅として、XまたはYの全範囲を使用します。これは、垂直、水平線で利用できます。
ピクセル
ピクセルによるが選択されたときに、この編集ボックスが編集可能になります。単位はデータ行列の1ピクセルです。任意線のプロファイル線の幅は1ピクセルに修正されます。
スケール
スケールによるが選択されたときに、この編集ボックスが編集可能になります。任意線のプロファイル線の幅は非表示ですが(1本の線のみ表示されます)、スケールパラメータはプロファイル計算に考慮されます。任意のプロファイル線の幅は、x, yを現在のスケールでのX, Y軸それぞれの横幅の投影とし、(x^2+y^2)1/2で計算されます。
X

プロファイルの位置を指定します。垂直のプロファイルで、全範囲が選択された時に利用できます。

Y

プロファイルの位置を指定します。水平のプロファイルで、全範囲が選択された時に利用できます。

X1, Y1, X2, Y2

これはプロファイルが任意のときのみ利用できます。これらのポイントは、任意のプロファイルの長さと位置を指定します。X1とY1は1つの線の位置のXとYを指定し、X2とY2は反対側の位置を指定します。

テキスト位置

テキストラベルはプロファイルの位置を表示する軸上に表示されます。ドロップダウンリストを使って、このテキストラベルの位置を指定することができます。次のオプションがあります。

  • 上軸に表示します。(これは垂直プロファイル用です。)
  • 下軸に表示します。(これは垂直プロファイル用です。)
  • 左軸に表示します。(これは水平プロファイル用です。)
  • 右軸に表示します。(これは水平プロファイル用です。)
  • なし
    垂直および/または水平プロファイルに適用します。これは、グラフをエクスポートの際に表示されているラベルをなくす場合に特に便利です。


プロファイルを削除してレイヤを非表示にする

レイヤから全てのプロファイル線を削除する際には、イメージ/等高線プロファイルダイアログボックスのアクティブなプロファイルを削除する Delete profiles.pngボタンを押すとレイヤが非表示になります(削除はされません)。

Profiles1C.png
Note:アクティブなプロファイルを削除する Delete profiles.pngボタンを押してプロファイルを削除することで、レイヤを非表示にできます。グラフ上で線を選択してキーボードのDeleteキーを押した場合には、対応する線のみ削除され、レイヤは残ります。非表示のレイヤは、元の位置にあります。


プロファイルデータへのアクセス

  • 各プロファイルプロットは、各プロファイルのワークシート(水平、垂直、任意)を含むワークブックを持ちます。
  • プロファイルに追加された線は、対応するシートにデータ行が追加されます。
  • それぞれのプロファイル線に対して、ワークシート列はXYのプロファイルデータを含みます。
  • 列の値は、X/Yの設定を変更するとダイナミックにアップデートされます。
  • プロファイルデータのワークブックはデフォルトでは非表示ですが、イメージ/等高線プロファイルダイアログボックスのプロファイルデータに移動 GoToProfileData.pngボタンを押すと表示できます。または、プロジェクト・エクスプローラを開きProfileDataNという名前のアイコンをダブルクリックして表示します。
PE profile data.png
  • プロファイルデータシートには、デフォルトでは列ラベル行ロングネームコメントXまたはY値、そしてまたはが表示されます。ラベル行のコメントXまたはY値そしてまたはは、それぞれの列のプロファイルデータで使用されているキーパラメータを表示します。ラベル行のは水平および垂直のプロファイルデータ、は任意のプロファイル線の関数を表示します。
Col-lab-row-info.png