(オブジェクトプロパティ)位置タブ

テキストオブジェクト データラベル
Text Object Position tab.png Annotation Position tab.png


テキストオブジェクト/凡例

単位

単位のドロップダウンリストは絶対単位も相対単位も表示します。

水平垂直 の絶対単位
インチ, cm, mm, ピクセル, ポイント

水平垂直 の絶対単位

スケール この単位を選択すると、ラベルの位置は軸スケールに対応します。軸スケールが変更されると変更されます。
 ページに対する%

この単位が選択されると、水平垂直のテキストボックスの値は、グラフページの高さと幅のパーセンテージで表示されます。

 レイヤの%

この単位が選択されると、水平垂直のテキストボックスの値は、レイヤの高さと幅のパーセンテージで表示されます。

アンカー

このドロップダウンリストからオブジェクトのアンカーポイントを指定出来ます。

例えば、左上アンカーに選んだ場合、オブジェクトの左上のポイントが水平垂直 の値となります。

Note:

  • Note: 単位の選択がドロップダウンリストで変更されると、水平垂直 のテキストボックスの値は、レイヤの位置と大きさが変わらないように、その単位を使った値に自動的に更新されます。

テキスト枠のアンカー

枠上のアンカーポイントを指定(テキストオブジェクトの枠は タブで設定が出来ます。)

オブジェクトに枠が無い場合でも、このチェックボックスにチェックを入れると、テキストの端がアンカーになります。

オブジェクトに枠がある場合は、このチェックボックスにチェックを入れると、枠の端がアンカーになります。

ミニチュートリアル:レイヤーの右上隅の凡例を編集

  1. 凡例を右クリックし、コンテキストメニューからプロパティ...を選択します。
  2. テキストオブジェクトダイアログで、位置タブを開きます。
  3. アンカー右 - 上水平100垂直0と設定します。
  4. テキストフレームのアンカーにチェックが入っていることを確認します。
Anchor on Text Frame 01.png

Note: テキストフレームの アンカーがにチェックが入っていない場合、上記の設定では凡例とレイヤーフレームの位置合わせを行うことができません。

Anchor on Text Frame 02.png

水平と垂直

水平または垂直のオフセット値の設定
水平移動なし/ 垂直移動なし にチェックを入れると、水平方向/垂直方向の移動を制限することが出来ます。

アノテーションオブジェクト

アノテーションオブジェクトの位置タブでは、次のオプションでデータポイントに連結されたオブジェクトを変更出来ます。

X 値 X 値 オプションを選択し、テキストボックスにX 値を入力します。アノテーションオブジェクトは、このX値によるデータポイントに連結されているので、このデータポイントによってテキストは更新されます。
ポイントのインデックス ポイントのインデックス オプションを選択して、テキストボックスに、データのインデックス番号を入力します。アノテーションオブジェクトは、このX値によるデータポイントに連結されているので、このデータポイントによってテキストは更新されます。
最小値Y このボタンをクリックして、最小のY値データにアノテーションアブジェクトを連結します。テキストはこのデータポイントに更新されます。
最大値Y このボタンをクリックして、最大のY値データにアノテーションアブジェクトを連結します。テキストはこのデータポイントに更新されます。

Origin 2017移行では、見出しラベルをドラッグして移動できるようになりました。ポインタボタンButton Pointer.pngをクリックして、ALTキーを押して十字カーソルでラベルをドラッグして移動します。

オフセット

単位 単位のドロップダウンリストは絶対単位も相対単位も表示します。
テキストアンカー このドロップダウンリストからオブジェクトのアンカーポイントを指定出来ます。

テキスト枠のアンカー のチェックボックスにチェックを入れると、枠上にアンカーポイントは設定されます。(テキストオブジェクトの枠は タブで設定が出来ます。)

水平/垂直 水平または垂直のオフセット値の設定

水平移動なし/ 垂直移動なし にチェックを入れると、水平方向/垂直方向の移動を制限することが出来ます。

オブジェクトの水平方向または垂直方向の移動を制限するには、Shiftキーを押しながらオブジェクトをマウスでドラッグします。