グラフの座標値を読み取る

Source data on hover 3.png

Originには、データプロットを視覚的に探索するいくつかのツールが提供されています。

  • スクリーンリーダ ツールはデータ表示ウィンドウでXY(Z - ターナリ―図や等高線図のみ) 座標を表示します。データポイントの座標値も表示します。詳細は、スクリーンリーダツールをご覧ください。
  • データ表示ツールは、いくつかの分析ツールを使ったときやある分析操作を行ったときのデータ表示に使用されます。詳細は、Originヘルプのデータ表示ツールをご覧下さい。
  • Origin 2018から、データの座標値を2Dグラフのデータポイント上にカーソルを合わせるだけで表示します。さらに、ツールチップ上で右クリックして開くポイント取得 ツール もあります。対象のデータポイント上でダブルクリックし、座標値や他の情報をワークブックに出力します。詳細は、データリーダツールをご覧ください。
  • データリーダ ツールは、データ情報ウィンドウを使って X と Y (等高線図の場合はZも)座標を表示します。詳細は、データリーダツールをご覧ください。
  • データ情報ウィンドウはデータリーダツールをリーダ、ラベル、カーソルのいずれかのモードで使用した時に表示されます。データ情報ウィンドウは自由に設定することが出来、様々なタイプの座標値を加えたメタデータを出力するように構成することが可能です。詳細は、Originヘルプのデータ情報ウィンドウをご覧下さい。