(作図の詳細)「リンク」タブ

このタブでは、リンク線の色、リンク線の曲率、矢印の表示や表示方法、片側リンクの表示方法、フローを小さいパーセンタイルで表示するかどうかなどノードを接続するリンクを制御できます。

The (Plot Details) Link Tab 00.png
The (Plot Details) Link Tab 01.png
サンキー
アルビアル
The (Plot Details) Link Tab 02.png
コード

境界色

コードダイアグラムの境界色と塗り色を個別に制御できます。リンクの境界色を指定します。

境界の幅

コードダイアグラムの境界の幅を指定します。

リンク線の色を指定します。

  • ソースノードの色に従う または 主要ノードの色に従う(比率レイアウト)
    リンク線の色は、線図線の開始ノードであるソースノードに従います。比率レイアウトの場合、線は主要ノード(すなわち、正味の増加を示すノード)の色に従います。
  • ターゲットノードの色に従う または 下位ノードの色に従う(比率レイアウト)
    リンク線の色は、線図線の終了ノードであるターゲットノードに従います。比率レイアウトの場合、線は下位ノード(すなわち、正味の減少を示すノード)の色に従います。
  • ソースからターゲットへのグラデーションカラー
    リンク線の色は、ソースノードの色からターゲットノードの色に徐々に変化します。コードダイアグラムには利用できません。
  • 色指定
    リンク線の色をカラーチューザーを使って指定します。

透過率

リンク線の透明度を指定します。

塗りつぶしのみ透過

リンク線の塗り色の透明度を指定します。コードダイアグラムにのみ利用できます。

曲率

リンク線の曲率を指定します。0は曲率なしを意味し、100は最大曲率を意味します。

水平階段接続

ノード間に十分な間隔がある場合にこの設定にチェックを入れると水平階段接続を行います。十分な間隔がない場合、元の接続を維持します。(X/Yを反転なしの)通常のレイアウトでは、垂直方向の十分な間隔は2*回転半径であり、水平方向の十分な間隔はリンクの幅+2*回転半径です。

編集ボックスに値を入力して、最初のセクションのパーセントを決定します。デフォルト値は50です。

Note:いつでも垂直方向の位置を調整できます。

ノードの後に​​リンクを曲げる(%)

ソースノードまたはターゲットノードが180度反転または回転すると、特定のポイントリンクにはノードの後にリンクを曲げる(%)の設定が表示されます。デフォルトは50 です。これにより、隣接レベルのノード間の距離の50%後にリンクが曲がります。Ctrlキーを押しながらクリックすると、特別なポイントリンクが追加され、垂直セクションをドラッグするとこの値が変更されます。

リンクで分類

これはアルビアルダイアグラムでのみ利用できます。リンク線をノード間で分類または結合するか指定できます。

  • 全てのプロット
    リンクセットは、全てのプロットのカテゴリに従って細分化されます。この場合、開始から終了まで、ノード間の様残なフローをトレースできます。
  • 現在と次のプロット
    リンクを接続するとき、前のプロットと次のプロットのカテゴリのみを考慮します。リンクセットは、他のプロットのカテゴリを考慮してさらに分割されません。この方法を選択すると、全体の流れをチェックするのが難しくなるので注意してください。
  • 次のプロットのみ(セットを組み合わせる)
    リンクを接続するとき、次のプロットのカテゴリーのみを考慮し、同じセットでリンクを結合しようとします。この方法を選択すると、全体の流れをチェックするのが難しくなるので注意してください。
  • 色を含むすべてのカテゴリ(ある場合)
    リンクセットは、カラーラジオコントロール色指定オプションで指定された色カテゴリとすべてのプロットのカテゴリに応じて細分化されます。

片側リンク(Pro)

前後のリンクを除くノードの片側リンクを表示します。片側リンクは入力と出力の2種類あります。この制御グループはサンキーダイアグラムでのみ利用できます。

水平

片側リンクの水平方向の長さを指定します。100%は近傍の深さの初期間隔です。

垂直

片側リンクの垂直方向の高さを指定します。100%は近傍の深さの初期間隔です。

片側リンクの色を指定します。自動にすると、ノードの色に従います。

フェードアウト

片側リンクの色をフェードアウトします。

不平衡ノードの片側リンクを表示

入力と出力の量が異なる不平衡ノードの片側リンクを表示します。

終了の矢印を表示

コードダイアグラムでリンク終了に矢印を表示するかどうかを指定します。

矢印の長さ

リンク終了に表示される矢印の長さを指定します。

セルフリンク

ノードのセルフリンクをコードダイアグラムに表示するかどうかを指定します。セルフリンクとは、リンクが同じノードから始まり、同じノードで終わることを意味します。

このドロップダウンリストでは、セルフリンクを表示/非表示/削除するように設定できます。

フィルタ

コードダイアグラムの場合、この制御グループを使用して、指定したパーセンタイルよりも小さいフローを非表示にしたり、境界色透明度塗り色など、指定したパターンでこれらのフローを表示したりできます。