(作図の詳細) 「円グラフの形状」タブ

ここに書式なしテキストを挿入

(作図の詳細) 円グラフの形状タブでは、円グラフの表示や回転、個々の円グラフスライスを推移させる編集が可能です。

Pie geometry.png

3D表示

視角

視角設定は、円グラフの視角を決定します。 単位は度です。 90を入力すると、2Dの円グラフになります。

厚み

厚みの設定は、円グラフのスライスの厚さを決定します。 単位は、円グラフの半径の%です。

太さの増分

円グラフが3D表示の場合、厚さの増分設定を利用して、スライスの順番またはデータセットの値に従って、上で設定した厚さの範囲でのスライスの厚さを推移させることができます。

ドロップダウンリストを使って、3D円グラフの厚さをどのように推移させるか指定します。

  • 自動を選択すると、スライスの厚さを、回転グループで設定した順番で最初のスライスから最後のスライスまで、半径(厚みで指定)の30%から100%まで増やします。
  • 列を選択すると、スライスの厚さは列の値で決定されます。最大値のスライスは、厚みボックスで指定した最大の厚みになり、最小値のスライスは、ほぼ厚み0になります。

回転

開始の方位角(度)の設定は、円グラフの最初のスライスの位置を決定します。

反時計方向ボックスを選択すると、スライスを反時計回りに表示します。

半径/中心位置

半径の大きさ

半径の大きさ(フレームの%)テキストボックスで、円グラフのサイズを設定します。 単位は、フレームの大きさの%です。 フレームとは、円グラフの境界ボックスのことです。

半径の増分

円/ドーナツグラフのスライスを異なる半径で表示できる設定です。ドロップダウンリストを使って、半径をどのように変化させるか決定します。

  • 自動を選択すると、スライスの半径を、回転グループで設定した順番で最初のスライスから最後のスライスまで、半径(半径の大きさで指定)の40%から100%まで増やします。
  • パーセンテージを選択すると、スライス自身のパーセンテージで半径が変化します。最大パーセンテージのスライスは、半径の大きさで指定した最大の半径になり、最小パーセンテージのスライスは、限りなく0に近い半径になる可能性があります。
  • 列を選択すると、スライスの半径は列の値で決定されます。最大値のスライスは、半径の大きさボックスで指定した最大の半径なり、最小値のスライスは、限りなく0に近い半径になる可能性があります。

水平オフセット

水平オフセット(フレームの%)ボックスを使って、グラフを右(n > 0)または左(n < 0)方向に移動します。 単位はフレーム(円グラフ周囲の境界ボックス)の%です。

ドーナツ(半径の%)

円グラフにドーナツホールを追加するか指定します。ドーナツグラフでは、デフォルトでこのオプションが有効になっています。

また、このコントロールは3D円グラフでは無効です。

サイズ

このラジオコントロールでは、ドーナツグラフの中心の穴の半径を指定します。穴のサイズ指定には2つの方法があります。

  • 穴のサイズ: 穴の半径を直接指定します。
  • スライスの厚み: スライスの厚みを指定します。

ドーナツグラフ穴のサイズのとスライスの厚みの合計が半径になります。

穴の色

穴の色を指定します。デフォルトの色は「なし」です。

代替色

穴の色を設定した後、スライスを交互に塗るための代替色を設定できます。デフォルトの色は「なし」です。