(作図の詳細)「パターン」タブ


パターンタブは、次の一覧にあるグラフの範囲の塗りつぶし、縁、形状、透過率、諧調塗り色を編集する事ができます。

  • 2D グラフ2D縦棒/2D横棒/面積図/円/ウォータフォール

Pattern 2D.png

グラフの線タブで、曲線以下の塗りつぶし次のデータプロットまで塗りつぶす - 色の上下に設定すると、作図の詳細ダイアログのパターン_上部パターン_下部タブが表示され、上と下の領域を個別にカスタマイズできます。
  • 3Dグラフ:
Pattern 3D 1-vNext.png Pattern 3D 2.png
3D縦棒/3Dウォール/3Dリボン 3Dウォータフォール

境界

接続
(3Dウォーターフォールのみ)

線の接続タイプを指定します。

接続タイプの詳細については接続をご覧ください。

境界線の色を選択します。

色の選択については、 データプロットの色を編集する をご参照ください。

線種

線の種類を選択します。

線の太さを入力または選択します。 線の太さは、1ポイント(= 1/72インチ)を単位とします。

端線を表示
(3D ウォータフォールのみ)

ウォータフォールグラフの端の線を表示します。このチェックを付けると、基線を表示チェックも選択できるようになります。

基線を表示
(3D ウォータフォールのみ)

ウォータフォールグラフの基線を表示します。
基線の位置はゼロまたはY軸の最小値のどちらにでもなりえます。コントロールはアウトラインタブの基準面上で行います。

Note: 破線のパターンは、「オプション」ダイアログボックス(「ツール:オプション」)のグラフタブにある、Originの破線の種類グループで編集できます。

「塗りつぶし」グループ

塗りつぶしの色を選択します。透明に表示するには、「なし」を選択します。色の選択については、 データプロットの色を編集する をご参照ください。自動を選択した場合、Originは塗りつぶし色に境界色の薄いほうを利用します。

パターン(2Dグラフと3D棒のみ)

カラーセレクタと同様のパターンセレクタを使用してパターンを塗りつぶす方法を指定します。

Pattern Chooser.png

独自の塗りつぶしパターンをパターンギャラリーに追加できます(ヒント: リストの最後に追加されます)。User Filesフォルダ (UFF)を開き、/Patternsフォルダを作成し、更に/Geology/Normalを追加します。カスタムパターンのEMF ファイルを適切なサブフォルダに保存します(例: /Patterns/Geology)。これでギャラリーにカスタムパターンが表示されます。

単一タブ: 全てのグループ化プロットのポイントに単一パターンを適用

全ての棒、スライス、領域を塗りつぶすためにデフォルトパターンリスト、標準または地質学からパターンを選択します。

地質学を選択すると、パターンの編集を行う以下のコントロールが表示されます。 Pattern Geology Controls.png

選択されたパターンを適用する2つのモード、全体に合わせる比率があります。

  • 全体に合わせるを選択すると、全領域を塗りつぶすためにパターンを伸縮させます。このモードでは、X/Yオフセットのみ設定でき、特に非対称パターンの場合は、パターンをシフトできます。
  • 比率を選択すると、選択されたパターンのオリジナルのアスペクト比で領域を塗りつぶします。このモードでは、Xスケールを設定してパターンを拡大/縮小し、Xオフセットを設定してパターンを水平方向にシフトできます。

ポイント毎タブ: 現プロットの全ポイントに周期的にパターンリストを適用

このタブのオプションでは以下の設定が可能です。

  • 現在のプロットのすべての棒、円のスライスなどの塗りパターンを変更するデータセットを指定します。
  • すべての棒、円グラフなどをデフォルトのパターンリストで順番に埋める場合の開始パターンを選択します。
  • 既存のパターンリストを選択して、現在のプロットのすべての棒、円グラフなどを順番に塗ります。


このタブの選択によって、パターンリストタブが表示されます。

プロット毎タブ: グループ化された全プロットにパターンリストを適用

このタブはグループ化プロットでのみ利用できます。グループ化されたプロットを推移させるには、パターンリストを選択します。

パターンの色(2Dグラフと3D棒のみ)

塗りつぶしパターンを選択すると、「パターンの色」ボタンが有効になります。このボタンをクリックすると、選択したパターンの色を設定するために使用できるカラーセレクタが開きます。

自動を選択した場合、Originは塗りつぶし色に境界色の薄いほうを利用します。

太さ(2Dグラフのみ)

塗りつぶしパターンで線の太さを指定します。 線の太さの単位は、1ポイント(= 1/72インチ)となります。

暗い側にライティング効果を追加(3D棒/ウォール)

このチェックボックスを付けると棒グラフにライティング効果を追加します。サイドは暗くなります。

階調色

モード

階調色のモードを指定します。

  • なし: 階調色による色の変更はありません。
  • 1色: 1色で黒から白に徐々に色が変化します。
  • 2色: 塗りつぶしの色が1色からもう1色へ徐々に変化します。

明るさ

これはモード1色になっている時のみ利用できます。 スライダーを使用して、黒から白への階調色の明るさ(%単位)を変更します。

2番目の色

これは モード2色になっている時のみ利用できます。 階調を作るための2色目を選択します。

色の選択については、 データプロットの色を編集する をご参照ください。

方向

これはモード1色2色になっている時のみ利用できます。 塗り色がどのような方向から変化していくのかを指定します。

極座標の放射棒グラフの場合、Originは、色を徐々に塗りつぶす方向について以下の設定が可能です。

  • 放射内向き:外側から内側へ
  • 放射外向き:内側から外側へ
  • 放射中心外向き:棒の中心から外側と内側の両方向に色を推移
  • 放射中心内向き:外側と内側の端から中心に向かって色を推移

透過率

塗りつぶし領域を透過させます。スライダを動かすか、0(透過なし)から100(完全透過)の整数を入力します。

タブ次のデータプロットまで塗りつぶす-色の上下を選択した場合は、2番目のパターンタブが追加され(パターン_下)、独自の透過度コントロールが適用されます。デフォルトでは自動がチェックされていてパターン_上 タブの透過設定に従います。

線の透過率に従う

色付き面積グラフと2Dウォーターフォールでは、線の透過に従うにチェックを入れての透過設定を適用します。

塗りつぶしのみ透過

透過率の設定を塗りつぶしのみに適用します。境界線の透過率は0になります。これは、縦棒/横棒グラフ、ボックスチャート、円グラフで設定できます。

色付き面積グラフと2Dウォーターフォールでは、線の透過に準じるのチェックを外した場合のみ使用できます。

形状(3D棒グラフのみ)

3D棒グラフには、6つの形状があります。

3D Bar Shape 01.png 3D Bar Shape 02.png 3D Bar Shape 03.png 3D Bar Shape 04.png 3D Bar Shape 05.png 3D Bar Shape 06.png
角柱/直方体 円柱 三角錐 三角錐台 円錐 円錐台
  • 角柱/直方体:棒グラフを角柱/直方体で表示します。
  • 円柱: 棒グラフを円柱で表示します。
  • 三角錐:棒グラフを円錐で表示します。
  • 四角錐台: 最も高いデータポイントを四角錐で表示し、その他のポイントを四角錐台(切り取られた四角錐)で表示します。
  • 円錐:棒グラフを円錐で表示します。
  • 円錐台: 最も高いデータポイントを円錐で表示し、その他のポイントを円錐台(切り取られた円錐)で表示します。


形状ドロップダウンリストで、

  • 現在のグラフに、個別の形状を適用てきます。
  • 現在のグラフの棒の形状を形状リストから推移によって指定します。
  • 整数のデータセットまたは特定の形状リストにある形状を指定する カテゴリー値 を使用します。詳細は、このページ をご覧下さい。
  • グループ化3D XYY/XYZ 棒グラフの推移エディタにあるグループタブで、グループ化形状を指定します。
Note: 「アウトライン」タブで、棒の幅をカスタマイズして、「形状リスト」タブで形状リストを作成/カスタマイズ/ロードします。

プレビュー

このビューボックスに現在のタブでの設定が表示されます。