(オプション) 『ページ』タブ


Page tab.png

『ページコピーの設定グループ』グループ

グラフウィンドウやレイアウトページの編集:ページコピーまたは編集:画像としてグラフをコピーする...メニューコマンドを使ったときのクリップボードにコピーされた画像についての事前設定が可能です。設定のうちいくつか(縮小率、余白の制御)はエクスポートするグラフのデフォルト設定に影響します。ただし、グラフエクスポート ダイアログを使って、簡単にデフォルトを書き換えて、テーマファイルに基づいたカスタマイズ設定を使うことができます。

ページコピー
(Ctrl+J)
OLE(Object Linking and Embedding)オブジェクトオブジェクトをクリップボードにコピーします。
  • 縮小率 (%)
ページのサイズを制御します。 単位は元のページサイズのパーセントです。例えば、40%で表示する場合は40を入力します。デフォルトでは100%となっています。ページをコピーしてMSWordなどの別のアプリケーションに貼り付けると、Wordの規則に従って、貼り付け中にページが拡大・縮小される場合があることに注意してください。
画像としてグラフをコピーする...
(Ctrl+Alt+J)
ダイアログを開いて画像設定を選択します。
余白の制御

この値は、コピーされたグラフページの量を制御します。初期設定では、グラフの白い背景の範囲がグラフページとして見なされます。「余白枠」や 「余白詰め」のモードで使用されている内容領域 ("bounding box") は、そのページごとに規定されています。

  • 余白枠を選択してページの内容領域の部分とその周りの余白 (『余白枠の割合』コンボボックス中で指定) をコピーします。境界ボックスには、グラフページの外に存在するオブジェクトが含まれます。
  • 余白詰め:そのページの内容領域の部分だけを、(余白無しで)コピーします。境界ボックスの、グラフページの外側のオブジェクトも含むページ内で余白詰めとは異なります。
  • ページ部分: グラフウィンドウ内のページ全体(白い領域)をコピー/エクスポートします。
  • ページ内で余白詰め: グラフページ内の全て/領域の50%以上の要素周りのタイトな境界ボックスを使います。

それは、何らかのオブジェクトがグラフページの外側に存在していることが原因です。(例えば、作成したテキストオブジェクトをページの外側にドラッグ&ドロップして、それを忘れてしまったなど)余白の制御が、「余白詰め」または「余白枠」になっていると、Originは、グラフ上のすべてのオブジェクトを囲むようにバウンディングボックスを描きます。このとき、見えていないページの外側のオブジェクトも含みます。 これがエクスポートしたグラフを極端に小さくしてしまう原因となっています。 グラフをコピーして別のアプリケーションに貼り付けたとき、貼り付けたグラフが本来よりもはるかに小さく見える場合は、余白の制御ページ内で余白詰めに設定し、オプションを保存して、もう一度コピーして貼り付けてみてください。

†Note: Origin 2018より、(1) 境界ボックスの確認、(2) 境界ボックスをエクスポート余白編集ダイアログを使って調整できるようになりました。

コピー (Ctrl+C) デフォルトでは、Ctrl+Cキーを使ってグラフをコピーした場合、グラフを画像としてコピーします。このドロップダウンリストからページコピーを選択することでこの動作を切り替えできます。

『ページグリッドの間隔(ピクセル)』グループ

ページ

このコンビネーションボックスで値を入力または選択して、グラフページのグリッド線の間隔をピクセル単位で設定します。

レイヤ

このコンビネーションボックスで値を入力または選択して、レイヤのグリッド線の間隔をピクセル単位で設定します。

Note: グリッドを表示するには、表示:表示様式:グリッド種類を選択するか、グラフページミニツールバーのグリッドの表示ボタンをクリックします。