対応のある符号検定

内容


イントロダクション

対応のある符号検定は、2つの独立した標本が同じ分布かどうかを調べる対応のあるt検定に対するノンパラメトリックな検定です。サブジェクトのグループの扱いの影響を検定するためによく利用されます。データは、例えば、臨床治療の前と後のように一対になっている必要があります。

対応のあるt検定とは異なり、この関数は母集団が正規分布している必要はありません。そのため、正規性に疑問があるような場合には、対応のあるt検定ではなく、対応のある標本の符号検定を使います。

欠損値の扱い

データ範囲に、欠損値がある場合、全てのケースが分析から除外されます。

対応のある符号検定を実行

対応のある符号検定を実行するには

  1. メニューから統計:ノンパラメトリック検定:対応のある符号検定を選択します。これは「sign2」ダイアログボックスを開きます。
  2. そこで「データ範囲」と「対立仮説」を指定します。
  3. OKをクリックすると、レポートテーブルのシートが作成され、そこに 頻度表自由度、S統計量、Z 統計量、関連するp値検定の結論が表示されます。

このセクションで説明している項目