複数Y軸グラフ

Multiple Y axes 01.png

要求されるデータ

Y列の選択(またはY列からの範囲)が必要です。関連付けられたX列がある場合はそれを使用し、そうでない場合は、Y列または行番号のサンプリング間隔が使用されます。

グラフ作成

データを選択します。

作図> 複数区分/軸:複数Y軸を選択します。

または、

2Dグラフギャラリーツールバーの複数軸グラフ...ボタンをクリックします。

Multiple Y axes 02.png

plotmyaxesダイアログボックスが開きます。

Multiple Y axes 03.png

レイヤ内の各プロットのプロットタイプ、グラフの左、右、中央のY軸の数、Yタイトルと上部X軸の表示など、グラフ作成オプションをカスタマイズします。 詳細はこちらをご覧ください。

テンプレート

OffsetY.OTP (Originのプログラムフォルダにインストールされています。)

ノート

  1. 複数のY軸グラフは複数のレイヤで構成されています。各Y軸は別々のレイヤのものです。
  2. 単一X列を含むワークシートを選択したとき、各Y列はデフォルトで個別のレイヤにプロットされます。
  3. 複数のX列を含むワークシートデータを選択した場合、デフォルトでは、レイヤの数 = X列の数になり、各Y列データの左側で一番近いXデータに対してYのデータプロットが作成されます。
  4. 左Y軸の数右Y軸の数の隣の自動のチェックを外すことで、左右のY軸の数を手動で指定できます。
  5. 各レイヤ中のプロットの数にある自動のチェックを外すと、各レイヤに塚するプロットをスペース区切りで指定できます。
  6. 各レイヤ内のプロットはグループ化され、グラフテンプレートでのプロットプロパティは1つずつ推移に設定されていることにより、それぞれのプロパティは異なるものが割り当てられます。
  7. 複数のX軸はレイヤ1のX軸に、直接(1対1)リンクされます。Y軸はリンクが設定されません。