はじめに

イメージウィンドウ

バージョン2021bより、Originは画像をロードおよび保存するための新しい画像ウィンドウを導入しました。処理および解析ルーチンにOpenCVを採用しています。新しい画像ウィンドウは、以下のような単一レイヤのウィンドウです。上部に情報バーがあり(表示されない場合は、表示:情報を表示を選択して表示できます)、動画またはマルチフレーム画像の場合は、下部にナビゲーションバー(表示:ナビゲーション表示を選択して表示します)があります。これはほとんどすべての画像処理の性能に影響します。

シングルフレーム画像 マルチフレーム画像または動画
Importing Images introduction 02.png Importing Images introduction 01.png

画像ウィンドウと行列ウィンドウについて

  • Origin 2021b以前のバージョンでは、画像は行列ウィンドウに保存され、LeadToolsによって処理されます。一方、新しい画像ウィンドウは、処理および分析ルーチンにOpenCVが採用されています。
  • 行列ウィンドウは、複数レイヤウィンドウなので多くのシートを含むことができます。しかし、画像ウィンドウは1つのシートに限られます。
  • 行列ウィンドウは、ほとんどすべての組み込みの画像処理ツールに関わります。また、2D FFTなどの処理や分析で結果データを出力する場合は、行列ウィンドウが使用されます。一方、イメージウィンドウは、ほとんどの画像/動画処理アプリで使用されています。
  • いつでもイメージウィンドウを行列に変換および元に戻すことができます。以下をご覧ください。

画像や動画をインポートする

詳細は、このページを参照して下さい。

ウィンドウの基本操作のメニュー

編集:切り取り:アクティブなイメージウィンドウをクリアします。
編集:削除:ROIが選択されている場合、このメニューはROIを削除します。イメージウィンドウが選択されている場合、このメニューはウィンドウをクリアします。
編集:コピー:ROIが選択されている場合、このメニューはROIの全ての情報をコピーします。イメージウィンドウが選択されている場合、このメニューは画像をコピーします。そして、それをオブジェクトとしてグラフウィンドウまたはイメージウィンドウに貼り付けることができます。
編集:貼り付け:コピーされたROIや画像を貼り付けます。
表示:情報:情報バーの表示/非表示
表示:ナビゲーション:ナビゲーションバーの表示/非表示

画像や動画をエクスポートする

詳細は、このページを参照して下さい。

イメージウィンドウでの基本操作

画像メインメニューのツールに加えて、基本的な操作にすばやくアクセスするためのツールバーボタンとコンテキストメニューが用意されています。

ミニツールバー

イメージレイヤのどこかの場所でクリックすると、ミニツールバーが表示されます。
シングルフレーム画像
Minitoolbar image window.png
動画
Minitoolbar image window2.png
マルチフレームスタック画像
Minitoolbar image window3.png

グレースケール画像へのパレットの適用

イメージウィンドウのグレースケール画像に、カラーパレットを適用できます。

  1. 必要に応じて、ミニツールバーのグレーボタンPopup Gray.pngをクリックして、画像をグレースケールに変換します。
  2. カラーパレットをグレースケールの画像に適用するには、スタイルツールバーのパレットボタンButton Palette.pngをクリックします。
  3. ミニツールバーのパレット反転ボタンPopup Revise Palette.pngをクリックして、適用されたパレットを反転できます。

スタイルツールバーのパレットリストで、さらに他のパレットをクリックしてカラーマネージャを開くと、他のパレットを追加できます。

コンテキストメニュー

Save reload image.png

ROIを追加 ROIで何ができるかについては、以下をご覧ください。
実際のサイズを表示/
ウィンドウに合わせる
  • 画像を1:1ピクセルモードで表示する、または
  • 画像を常にウィンドウサイズに合わせます。
リンクファイル ここをチェックすると、画像をソースファイルにリンクします。こちらでファイルリンクの有無の違いを確認してください。
ソースファイルパス ダイアログを開き、画像ファイルのソースを変更します。画像のパスの保存と変更についての詳細はこちらを参照してください。

関心領域(ROI)

  • ミニツールバーのROIを追加ボタンAdd ROI Button.pngをクリックします。
または、
  • ツールバーの四角形ツールボタンRectangle Tool Button.pngをクリックします。画像上で四角形のボックスをドラッグします。


ROIをダブルクリックして、
  • ROIの名前を変更できます
  • 左上と右下のアンカーポイントのXY座標を指定して、ROIを再配置します。
Image window ROI Position.png


ROIを右クリックして、
Image window ROI context menu.png
  • 切り出し:画像をグラフから開いたときに使用できます(グラフ画像をダブルクリックするなど)。これにより、グラフ画像がイメージウィ​​ンドウのROIに切り出されます。元のグラフ画像のサイズは、切り出された領域のサイズに縮小されます。グラフウィンドウで画像全体を復元するには、ROIの外側を右クリックして、クリッピングを削除を選択します。
  • 切り取り:イメージウィンドウ画像とグラフ画像(存在する場合)をROIにトリミングします。グラフ画像のサイズと位置は保持されます。
  • コピー:ROIを画像としてコピーできます。Origin内の他のウィンドウに貼り付けることができます。 (例:グラフまたはワークシートウィンドウ、または他のアプリケーションへ)マルチフレーム画像の場合、アクティブなフレームのみがコピーされます。
  • 位置をコピー:ROIボックス座標の4つの頂点をコピーします。プレーンな数値として貼り付けるか、別のROIボックスに位置を貼り付けるかを選択できます。後のオプションでは、ROIの/高さ、または水平/垂直位置のみを貼り付けを選択できます。
  • ROIをエクスポート:詳細(ROI名、頂点の位置など)を.ROIファイルに保存します。
  • ROIをインポート:以前に保存したROIの詳細を、選択したROIに適用します。
  • XYからROIを作成: XY座標(境界)とインデックスデータのセットから、任意の形状の新しいROIボックスを作成します。グレースケール画像のみサポートしています。
  • 新規作成:ROIを新しいイメージウィンドウに出力します。

イメージウィンドウROIの外側の、画像の暗さの度合いは、システム変数@IMGDIによって制御されます。@IMGDI = 1000に設定すると、外側の領域が黒く表示されます。 @IMGDI = 0にすると、暗くされません。システム変数の値を変更する方法については、このFAQを参照してください。

画像からグラフを作成

メニューのイメージ:イメージをプロットを選択します。

  • 新しいグラフウィンドウが作成され、現在の画像が背景として設定されます。
  • 作成されたグラフウィンドウは自動で、レイヤレベルの作図の詳細ダイアログのレイヤの大きさタブにある軸の長さをリンクするX:Yの比率が1に設定され、等尺の表示になります。
  • グラフページはレイヤサイズに合うように自動で再スケールされます。

グラフへの画像の挿入についての詳細は、このページを参照してください。

調整と変換

上述のボタンとメニューに加えて、Originは画像処理と解析に役立つツールのセットを提供します。次のようにサブカテゴリがあります:

行列への変換と復帰

データセットの表示と保存のさまざまな方法として、イメージウィンドウと行列ウィンドウの間で変換する必要がある場合があります。変換中にデータタイプを指定できます。これは、後処理でデータタイプが必要な場合に考慮に入れる必要があります。

画像(シングルチャネル)を行列に変換するには、

  • メニューから、イメージ:行列に変換を選択して、Cv2Matダイアログを開きます。

次のデータタイプがサポートされています。

自動 これはデフォルトオプションです。画像タイプを取得し、画像フレームごとに常に1つの行列オブジェクトを生成します。8ビットのグレースケール画像はByte行列に変換され、RGBカラー画像はUIntマトリックスに変換されます。

Alphaチャネルを処理せず、必要に応じて前処理ができます。

Byte Byte行列:0から255までの値
UShort Unsigned short行列:0から65535までの値
UInt Unsigned Int行列 (符号なし整数型):0から4294967295までの値
Float 32bit Float行列:-3.4X1038~3.4X1038の値
Double 64bit Float行列:-1.7X10308~1.7X10308の値


行列をイメージウィンドウにに変換するには、

  • Pythonでこれを行うことができます。以下はサンプルです。
import originpro as op
import numpy as np
ml = op.find_sheet('m')
a = ml.to_np3d()
iw=op.new_image()
iw.setup(1,True)
iw.from_np(a)
iw.set_int('NAV',1)