サードパーティ製のファイルをインポートする


サードパーティ製ファイルのインポート方法

Originは様々な種類のサードパーティ製のファイルからデータをインポートできます。製品には多くのインポートルーチンがインストールされています。そのほかに、ダウンロードして利用可能なものもあります。


Originには次の3つの機能で、サードパーティ製ファイルのインポートが可能です。

メインメニュー: データ > ファイルに接続

データコネクタはOriginの最新データインポート技術です。多数のコネクタが事前にインストールされていて、データ: ファイルに接続から選択することができます。更に、新規追加サブメニューを選択して、アプリセンターダイアログを開き、自由にダウンロードできるデータコネクタを検索できます。インストール済みのデータコネクタアプリも、アプリギャラリーのコネクタタブからアクセス可能です。アプリギャラリーは、通常、Originのワークスペース右側に配置されています。

メインメニュー: データ > ファイルからインポート

一般的なサードパーティ製ファイルを、このメニューからインポート可能です。これらはまだサポートされているインポートルーチンで、通常は(a)シートに保存されたインポートダイアログ設定、または(b)Originインポートフィルタ(*.oif)を使用してインポートファイルのデータを解析します。ファイルからインポートでファイル形式が見つからない場合は、ファイルの種類の追加/削除サブメニューからを確認できます。これにより、インポートメニューのカスタマイズダイアログが開き、サポートされているすべてのファイル形式が一覧表示されます。このダイアログを使用して、フォーマットを表示または非表示にします。

ファイルの種類の追加/削除メニューアイテムを表示したくなければ、環境設定: インポートフィルタ・マネージャーを選択して、メニューのカスタマイズをクリックし、"ファイルの種類の追加/削除」メニューの表示のチェックを外します。これで、データ: ファイルからインポート:ファイルの種類の追加/削除は表示されません。

アプリギャラリー

サードパーティ製ファイルのインポートに使用できるアプリがいくつかあります。F10を押して開くアプリセンターで、左側の検索タブをクリックし、編集ボックスにimportと入力して検索を実行します。インストール済みのアプリは緑のチェックマークが表示されます。インストールされていないアプリは、ダウンロードとインストールアイコンが表示されます。使用したいアプリを選択してダウンロード、インストールします。インストールされたアプリは、Originワークスペースの右側にドッキングされたアプリギャラリータブに表示されます。

サポートされているファイル形式

次の表では、Originがサポートしているさまざまなサードパーティ形式を示しています。これには、古い* .oifでサポートされているインポートルーチンと最新のコネクタが含まれます。デフォルトのメニューに載っていないものは、インポートルーチンを追加するための手順にリンクされています。

名前 ファイルの種類(拡張子) サポートされている最新バージョン インストール方法 使い方
Agilentマススペック MS ダウンロード... アプリギャラリー
Binary 2D Array IMG,B2B メニューに追加... データ > ファイルからインポート
Bio-Logic MPR ダウンロード... アプリギャラリー
BRUKER BRUKER OPUS, RAW4.00 (XRD) OPUS7.5 メニューに追加... データ > ファイルからインポート
Bruker BES3T DTA ダウンロード... アプリギャラリー
C3D C3D ダウンロード... アプリギャラリー
Chem Data SDF,SDF.GZ,MOL,CDX ダウンロード... アプリギャラリー
カンマ区切り CSV Microsoft Office Excel 2019 インストール済 データ > ファイルからインポート
データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
Common Data Format CDF ファイルバージョン:3.3.1 インストール済 データ > ファイルからインポート
データトランスレーション DCF, HPF DCF:1.0
HPF 1.2: 内部 OriginC コードをサポート、バージョン指定なし
メニューに追加... データ > ファイルからインポート
DICOM DICOM images ダウンロード... アプリギャラリー
EarthProbe EPA EPAファイルインポートのみサポート メニューに追加... データ > ファイルからインポート
EDF EDF,BDF,REC,HYP メニューに追加... データ > ファイルからインポート
ETAS INCA MDF DAT, MDF INCA5.4(ファイルバージョン:3.0) インストール済 データ > ファイルからインポート
European Data Format EDF,EDF+,BDF,REC,HYP 内部 OriginC コードをサポート、バージョン指定なし インストール済 データ > ファイルからインポート
Excel XLS, XLSX, XLSM Microsoft Office Excel 2019 インストール済 データ > ファイルに接続

参考: Excelからのインポート

Famos DAT, RAW imc2 format
imc3 format
インストール済 データ > ファイルからインポート
FITS FIT,FITS ダウンロード... アプリギャラリー
Gamry Voltammetry XLSX,DTA ダウンロード... アプリギャラリー
Google Map Google Map images ダウンロード... アプリギャラリー
HBM Catman BIN Catman 5.4.2 ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
Heka DAT PATCHMASTER 2x90.3 (ファイルバージョン:9) メニューに追加... データ > ファイルからインポート
(HDF) Hierarchical Data Format H5,HE5,HDF5 HDF5 (ファイルバージョン:1.10.5) インストール済 データ > ファイルからインポート

データ > ファイルに接続
関連するアプリ:
HDF5 Browser

HTML HTM,HTML インストール済 データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
IgorPro PXP, IBW Igor Pro 8 インストール済 データ > ファイルからインポート
JCAMP-DX DX, DX1, JDX, JCM ファイルバージョン:6 メニューに追加... データ > ファイルからインポート
JSON JSON インストール済 データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
KaleidaGraph QDA 内部 OriginC コードをサポート、バージョン指定なし メニューに追加... データ > ファイルからインポート
LeCroy trc ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
LSM LSM ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
MATLAB Mat Matlab 2019b (ファイルバージョン: v7.3) インストール済 データ > ファイルからインポート
データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
MDF4 MDF4 ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
Minitab MTW, MPJ Minitab 20 メニューに追加...

ダウンロード...

データ > ファイルからインポート

データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー

MZXML mzData, mzXML, mzML, imzML mzXML3.0
mzML:1.1.0
mzData:1.05
imzML:1.1.0
メニューに追加... データ > ファイルからインポート
NanoScope NanoScope ダウンロード... アプリギャラリー
NetCDF NC バージョン: 4.7.0 (DAPはサポートされません) インストール済 データ > ファイルからインポート

データ > ファイルに接続

NI DIAdem DAT DIAdem 2019 インストール済 データ > ファイルからインポート
NI TDMS TDM, TDMS DIAdem 2019 インストール済

ダウンロード...

データ > ファイルに接続

データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー

NMR fid,1r, 1i, 2rr, 2ii, 2ri, 2ir, 3rr, etc. ダウンロード... アプリギャラリー
pCLAMP (ABF, DAT, AB?) pClamp 10.6 (ABF 2.06) インストール済 データ > ファイルからインポート
PDF PDF ダウンロード... アプリギャラリー
PLEXON PL2 ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
PLEXON's PLX PLX ダウンロード... アプリギャラリー
PNRF PNRF ダウンロード... アプリギャラリー
Princeton Instruments SPE SPE 3.0 インストール済 データ > ファイルからインポート
Prism PZFX, XML GraphPad Prism 8 インストール済 データ > ファイルからインポート
SAS SAS7BDAT, SD2 SAS 9.4 メニューに追加... データ > ファイルからインポート
シェープファイル SHP インストール済 データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
SigmaPlot JNB SigmaPlot 12.5 インストール済 データ > ファイルからインポート
SPSS SAV SPSS 26 インストール済 データ > ファイルからインポート
Somat SIE SIE InField 2.5 (ファイルバージョン:1.0) メニューに追加... データ > ファイルからインポート
音声 WAV 8/16/24/32/64-bit
(PCM形式、32/64-bit floatを含む)
インストール済 データ > ファイルからインポート
Tektronix ISF ISF メニューに追加... データ > ファイルからインポート
Tektronix WFM wfm ダウンロード... アプリギャラリー
Thermo SPC, CGM ファイルバージョン: 新しい Galactic SPC ファイル インストール済 データ > ファイルからインポート
Touchstone s1p,s2p,s3p,s4p,s5p,s6p,s7p,s8p,s9p,ts Touchstone version 2.0 ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
Universal File UNV,UFF,UF ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
VAMAS VMS ダウンロード... アプリギャラリー
Word docx Microsoft Office Excel 2019 ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
XML XML ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
XPORT XPT ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
Yokogawa WDF WDF DL350, DL850, DL850E,

XVWDF, SL1000, DLM2000, DLM3000, DLM4000, DLM6000, PX8000

ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー
Zygo MetroPro DAT バイナリデータファイル ダウンロード... データ > ファイルに接続 または アプリギャラリー

データ: ファイルからインポートメニューを使った、Xファンクションによるサードパーティ製ファイルインポートに関する詳細は、Xファンクションヘルプファイルをご覧下さい。(ヘルプをクリックしてからXファンクションを選ぶか、ダイアログが開いているときにF1キーを押します。)

コマンドウィンドウからドキュメンテーションに直接アクセスするには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。

help X-FunctionName

現在サポートしていないサードパーティ製ファイルに対しては、Originのインポートウィザードを使って自分自身のインポートルーチンを作成することができます(Origin Cコードを使う必要があります)。詳細な情報は、OriginCガイドのインポートの章を確認してください。

ファイルのメータデータ

ファイルをインポートするとき、ファイルの日付、名前、パスが目的のワークブックに保存されます。いくつかのサードパーティ製のファイルでは、ファイルインポート時に他のメタデータも保存されます。例えば、OriginはNI DIAdem .DATファイルから時間形式も保存します。

インポートしたファイルと結びついているメタデータを次の方法で表示することができます。

  • ワークブックオーガナイザで情報を表示します。オーガナイザを開くには、ワークブックタイトルバーで右クリックし、ショートカットメニューから「オーガナイザを表示」をクリックします。
  • 情報変数の挿入ダイアログボックスで情報を表示します。指定したワークブックと結びついているメタデータは、ショートカットキーを使って、そのブックにテキストオブジェクトとして挿入したり、ワークブックデータと一緒にグラフに表示することができます。詳細は、インポートしたASCIIファイルから抽出した変数をテキストラベルに挿入するを参照してください。
  • 基本的な情報を表示するには、コマンドウィンドウに次のスクリプトを入力します。
page.info = <ENTER>
impinfo <ENTER>
  • 列プロパティダイアログボックスのユーザツリータブで情報を表示します。列プロパティダイアログを開くには、列ヘッダをダブルクリックし、ユーザツリータブをクリックします。Originは、ファイルの情報をここに保存しますが、ツリーはユーザも編集できます。

いくつかのファイル(例えば、 .WAV やThermo .SPC/.CGM など)では、 ファイルヘッダから読み込まれたパラメータが、グラフ作成やデータ分析で使用するためにワークシートに追加されます。例えば、WAVファイルのサンプリング間隔は、目的のワークシートのヘッダ行に入力されます。インポートしたデータをプロットする際には、サンプリング間隔がX軸の増分として使われます。

インポートモード

ほとんどのサードパーティ製のファイルに対して、インポートダイアログボックスのオプションを使ってインポート範囲を設定することができます。インポートモードオプションには以下があります。

  • 既存データを置き換える:目的のウィンドウに既に存在しているデータはデータインポートにより消去されます。
  • 行の末尾に追加する: 必要に応じて新しい行を追加
  • 列を追加して読み込む:必要に応じて新しい列を追加
  • シートを新たに作って読み込む:インポートする各ファイルに対して新しいシートを作成
  • ブックを新たに作って読み込む:インポートする各ファイルに対して新しいブックを作成

ノート:

  • サードパーティ製のファイルをインポートするいくつかのXファンクションでは、これらのインポートモードをサポートしていません。
  • Princeton Instruments SPEデータファイルでは、インポート先のウィンドウの種類が、データの次数によって異なります。データファイルが1次元の場合、ワークブックにインポートされます。それ以外の場合、(ワークブックがアクティブウィンドウの場合でも)インポート先のウィンドウとして行列ブックが使われます。