GeoTIFFファイルのインポートと処理

GeoTIFFは、標準の.tifまたは画像ファイル形式であり、.tifファイルにタグとして埋め込まれた追加の空間(ジオリファレンス)情報が含まれています。2022b以降、OriginではGeoTIFFファイルを簡単に処理できるようになりました。

Multiple Geotiff in Image Window.gif

Geotiffファイルをインポートする

画像としてインポート

  • GeoTIFFファイルをインポートする方法

ファイル: 新規作成: イメージ: 画像/動画メニューを選択してGeoTIFFを画像としてOrigin内に開きます。

  • 複数のGeoTIFFファイルをインポートする方法

ファイル: 新規作成: イメージ: 複数画像ファイルメニューを選択して、複数のGeoTIFFを画像としてOrigin内に開きます。


行列としてインポート

  1. 行列をアクティブにして、データ: ファイルからインポート: イメージファイルを行列へインポートメニューを選択し、ファイルを選択します。
  2. イメージファイルを行列へインポートダイアログで、グレースケールGeoTIFFをデータとしてインポートにチェックを付けます。
Import GeoTIFF to Matrix.png


GeoTiFFにエクスポート

画像をGeoTiFFとしてエクスポート

  1. ファイル:イメージのエクスポートメニューを選択してイメージダイアログを開きます。
  2. グレースケールGeoTIFFをデータとしてエクスポートにチェックを付けます。
  3. GeoTIFFファイルのオプションであるGTモデルEPSG単位といったオプションを利用できます。
Note: Originの画像がGeoTiFFファイルからのものである場合、GeoTiFFに再度エクスポートすると、デフォルトデータのGTモデルEPSG、および単位が含まれます。


行列をGeoTiFFとしてエクスポート

  1. ファイル:エクスポート:イメージメニューを選択してイメージダイアログを開きます。
  2. グレースケールGeoTIFFをデータとしてエクスポートにチェックを付けます。
  3. GeoTIFFファイルのオプションであるGTモデルEPSG単位といったオプションを利用できます。

視覚化と処理

GeoTIFFの関心領域を抽出

  • 行列の場合、矩形/円形/多角形/領域ツールROI Rectangle Button.pngを用いて領域を関心領域(ROI)として選択し、そこから情報を抽出することができます。

NetCDFのROIに関する行列データのプロファイリングの詳細については、このページを参照してください。

  • イメージの場合も行列からの抽出と同様に関心領域を抽出できます。

ROIを右クリックして、ショートカットメニューからオプションを選択します。

Image ROI shortcut menu.png


別のパレットを適用

カラーパレットを適用

イメージがアクティブなとき、パレットボタンButton Palette.png欠損値の色ボタンPopup Background Color.png(ミニツールバー)を使用して、イメージウィンドウの色を編集できます。

GeoTIFFs In Differenct palletes.png

カラーパレットをクリアしたい場合、以下のスクリプトをスクリプトウィンドウで実行します。

img.Palette$="";

パレット反転

イメージウィンドウでパレットを適用すると、ミニツールバーのパレット反転Popup Revise Palette.pngボタンをつかって、パレットの色を反転できます。


グレースケール表示範囲の設定

GeoTIFFファイルをイメージウィンドウにインポートした後、グレースケールが画像に適してい場合は、グレースケール表示範囲の設定ツールを使用してピクセル表示範囲をリセットできます。

  1. イメージウィンドウをアクティブにして、イメージ:グレースケールヒストグラムメニューを選択して、cvhistogram ダイアログを開きます。新しいワークシートにピクセル強度分布を出力します。
  2. 出力データを確認してピクセル値の主な分布を見つけます
  3. イメージウィンドウをアクティブにして、イメージ:グレースケール表示範囲の設定メニューを選択して、cvgraymaxダイアログを開きます。グレースケールヒストグラムの出力結果から、適当な最小 および 最大 のピクセル値を入力します
Set Gray Scale Display Range.png

GeoTIFF画像のサイズ変更

GeoTIFF画像のサイズを変更するには、イメージ:サイズ変更を選択してcvResizeを開き、補間方法を選択して画像サイズを設定します。


グラフ作成

ラスターデータを等高線図、曲面図として作図

GeoTIFFファイルをイメージウィンドウにインポート後、関心領域を抽出できます。次に、イメージ:行列に変換を選択し、行列データを使用して等高線図や曲面図などを作成します。

3D Surface Map from DEM.png


GeoTIFFをグラフの背景として設定

イメージ:イメージをプロットを選択してGeoTIFFをグラフ上にプロットできます。それを円、棒、またはバブルプロットなどの背景として使用可能です。

GeoTIFF as Background.png


解析

GeoTIFFファイルをOriginにスタック行列としてインポートすると、NetCDFファイルと同様にOrigin解析ツールを使用できます。