データ情報ウィンドウとデータポイントツールチップ


はじめに

作図に使ったデータポイントについての記述的な情報を表示するには、データ情報ウィンドウとデータポイントツールチップを利用します。

  • データ情報: データリーダ Button Data Reader.png, データラベル Button Data Annotation.pngまたは、ツール内のデータカーソルツールButton Data Cursor.pngを選択したときに自動的に表示されるポップアップウィンドウです。
  • データポイントツールチップ: プロットしたデータポイントにカーソルを合わせると表示されます。

ユーザストーリー

下の画像では、様々な年代・メーカーの自動車のデータセットを表しています。まずPowerGas Mileageを利用してグラフを作成し、このグラフを使って機能を説明します。ツールバーのデータリーダ Button Data Reader.pngを選択し、グラフ上の外れ値になるようなデータポイントをクリックします。データ情報ウィンドウが開き、クリックしたポイントがワークシートの334行に、または座標:X = 66 (Power)とY = 36 (Gas Mileage)にあることがわかります。

Data info columns controls 1.png

実際に、ワークシートの334行目には Saturnモデルがあり、 Year2004であり、Power66kwGas Mileage36mpgであることが確かめられます。データ情報ウィンドウはデフォルトではこの形式で情報を報告しますが、解析を行うに当たってX66で、Y36であるという情報だけでは不十分ではないでしょうか?単に座標を報告するのではなく、XとYの値とそれぞれのラベルを表示してみましょう。さらに、このデータポイント(2004 Saturn)に対して、0-60mphWeightそして、Engine Displacementなどを付け加えると、より便利になるでしょう。データ情報ウィンドウでは、このような付加的な情報を追加して、その変更を記録しておくことができます。

Data info columns controls 2.png

データポイントツールチップ

Origin 2019を起動してデータポイントにマウスオーバーすると、データ情報ウィンドウと同じようなツールチップが表示されます。ツールチップはデータポイントツールチップダイアログでカスタムできます。データ情報レポート設定ウィンドウを簡単にしたものです。

Data point tooltip OH.png

ツールチップショートカットメニュー

ツールチップの編集やその他のオプションについては、データポイントのツールチップを直接右クリックしてください。

Source data on hover menu.png
  • シートに移動は、ワークシート上の該当するデータをハイライトして表示します。
  • データポイントツールチッを表示は、2Dグラフで編集可能なデータポイントのツールチップと、カスタマイズ不可能なデータプロットツールチップの表示を切り替えます(下記参照)。
  • データポイント取得は、カーソルをデータ読み取りモードし、ポイント取得ダイアログを開きます。グラフのポイント上でダブルクリックして終了するときには完了をクリックします。これにより取得ポイントのサマリーデータ(ソース、XY座標など)が生成されます。
  • コピーは、ラベルを含むデータポイントのツールチップ情報をクリップボードにコピーします。
  • 座標コピーは、座標の値のみをコピーします。セルを右クリックして、各値を行内の個別のセルに貼り付けをします。または貼り付け(スペースを保持)をして、選択したセルにスペースで区切られた文字列として値を貼り付けます。
  • 設定は、データポイントツールチップダイアログが開き、ツールチップの内容とフォーマットを変更できます。以下のデータ情報ウィンドウのドキュメントを、ツールチップを構成するためのガイドとして使用してください。


データツールチップの表示をオフにするには、いくつかの方法があります(次のヒントを参照してください)。最も速い方法 - 特に、この機能を有効にして一時的に無効にしたい場合 - グラフをアクティブにして表示メニューをクリックします。データツールチップを選択して、チェックを外します。このメニュー項目を再度選択するか、Originを再度起動しない限り、全てのグラフでツールチップが無効になります。

2つのデータツールチップがあり、もう1つは旧式でカスタマイズ不可能なデータプロットツールチップです。この2つの表示を切り替える、またはそれらを完全にオフにすることができます。LabTalkシステム変数@PTおよび@ PTIの値を変更することによって、データプロットおよびデータポイントツールチップの表示を選択的に制御できます。

Data point vs plot tooltips.png
@PT=0; //データプロットとデータポイントツールチップの両方を無効にする
@PT=1; //2次元グラフ用のデータポイントツールチップを有効にする
@PT=2; //3D OpenGLグラフのデータプロットツールチップを有効にする(初期設定)
@PT=3; //2Dグラフと3D OpenGLグラフの両方のデータプロットツールチップを有効にする
@PTI=0; //データポイントツールチップのみを無効にする
@PTI=1; //データポイントのツールチップを有効にする(デフォルト)

デフォルトでは、データポイントのヒントが中程度の透明度で表示されます。LabTalk System Variable @TDTの値を変更することによって、ツールチップの透明度に影響を与えることができます。LabTalkシステム変数の値を変更する方法については、このFAQを参照してください。

データ情報の特徴

  • その外観と表示された内容の両方を詳細にカスタマイズ出来ます。
  • データ、ワークシートの列ラベル行に格納されたメタデータ、およびセル埋め込みイメージを表示できます。
  • 編集した設定は、グラフウィンドウ、単一のグラフレイヤ、または単一のデータプロットに保存することができます。
  • また、カスタム設定をスタンドアロンファイル(テーマ)として保存し、これから作成するデータプロットに後から適用することもできます。

コンテキストメニュー

データ情報ウィンドウを右クリックし、コンテキストメニューを開きます。

Data Info Window Context Menu.png


グラフに行く

ソースグラフに移動します。グラフウィンドウがアクティブのときは使用できません。

シートに移動

ソースワークシートに移動します。ワークシートウィンドウがアクティブのときは使用できません。

セルのテキストのコピー

データ情報ウィンドウのセルをクリックし、セル内のテキストをクリップボードにコピーします。

すべてコピー

データ情報ウィンドウに表示されているすべてのテキストをクリップボードにコピーします。

ユーザ設定 データ情報レポート設定ダイアログを開きます。 データ情報レポート設定の詳細については、以下を参照してください。

Note: ユーザ設定コンテキストメニューは、グラフウィンドウがアクティブな場合にのみ使用できます。

データ情報レポート設定

データ情報レポート設定ダイアログは、データ情報ウィンドウに表示される内容をカスタマイズするために使用されます。

Data Info Report Settings Dialog.png

ダイアログの下部にある表示/非表示ボタンを使用して、外側のパネルを一時的に非表示にして、中央パネルを広くすることができます。

Data info show hide buttons.png

行のコントロール

通常、選択したポイントのXとYの値(存在する場合はZ)を表示するには、データ情報ウィンドウが必要です。これらのボタンを使用して、データ情報ウィンドウ(またはデータポイントツールチップ)にデータポイント値を追加します。

数値データをプロットすると、グラフ軸の目盛りラベルは、ソースワークシートの対応するデータとは異なる形式になるのが一般的です。そのような場合は、データポイント値を追加するために座標ボタン(たとえば、Button X Coordinate.pngボタン)とソースボタン(たとえばButton Source X Data.png)を使用できます。

  • 座標を選択すると、データ情報ツールチップはグラフ軸の表示形式に従いますが、精度は高くなります。
  • ソースを選択すると、データ情報ツールチップはワークシートの表示形式に従います。

Note: いずれの場合でも、データ情報またはツールチップの表示にカスタム形式を適用することができます(つまり、(1)ワークシート、(2)グラフ軸、(3)ツールヒント表示用に異なる形式を設定できます) 次の列設定 をご参照ください 。

Data Info Buttons on Row tab.png
Button Row Index.png <I> 行番号 : 選択したポイントのワークシート行番号
Button X Coordinate.png <X> X 座標 : 選択した点のX座標です
Button Y Coordinate.png <Y> Y 座標 : 選択した点のY座標です
Button Z Coordinate.png <Z> Z 座標 : 選択した点のX座標です
Button Source X Data.png <XData> ソースXデータ : 選択したポイントのソースXデータセット
Button Source Y Data.png <Ydata> ソースYデータ : 選択したポイントのソースYデータセット
Button Source Z Data.png <Zdata> ソースZデータ : 選択したポイントのソースZデータセット
Button Black Space.png <S> 空白 : セパレータを追加します

列のコントロール

ダイアログボックスの左と中央の列コントロールは、特定のデータポイントに関連付けられたデータの表示の追加、整列および書式設定に使用されます。

Data info columns controls 1.png
ワークシートデータリスト

このパネルには、プロットの作成に使用したワークシート内のすべてのデータセット(列)がリストされます。このリストには、プロットされていないデータが含まれる場合があります。データセットは、ショートネーム列とロングネーム(存在する場合)によってリストされます。

  • ショートネームまたはロングネームヘッダーをクリックすると、リストをソートできます。
  • データセットを中央パネルに移動すると、データセット名がグレー表示されます。
データボタンの追加

これらのボタンを使用して、データセットをデータ情報ウィンドウの内外に移動します。

データ情報の表内容

これは現在、データ情報ウィンドウに追加されているすべてのデータセットのリストです。これらは、列ショートネームのみで表示されます。

  • 内容を移動するには、データセットをクリックし、該当する矢印ボタンをクリックします。
  • ショートネームの左側にあるボタンをドラッグして並べ替えます。
データ情報の表内容

データ情報表の各列(プレビューに表示される)は個別に設定されます。

  • 各列の上にある鉛筆アイコンButton edit pencil.pngをクリックして、列の設定ダイアログを開き、コンテンツを設定します(下の列の設定を参照)
表内容の追加と削除

クリックすると、表内容(データ情報ウィンドウから)に列を追加または削除できます。必要に応じて列見出しをドラッグして、表の列を並べ替えることができます。

表の行を並べ替えるには、ボタンを中央パネルの左側にドラッグします。

Data info reorder rows.png

タイトルとヘッダーの制御

タイトル の制御で、データ情報ウィンドウのキーとなる情報を追加できます。

Data Info Title Tab 1.png

データ情報ウィンドウでは下図のように表示されます。

Data info title header.png
レポートのタイトル

このドロップダウンリストを使ってレポートのタイトルを指定します。次のオプションを利用できます。

  • なし: ウィンドウのタイトルを表示しません。
  • ブックシートとインデックス:選択したポイントのブック名、シート名、行番号をウィンドウタイトルとして表示します。例: [Book1]Sheet1[3].
  • インデックスのみ: ウィンドウタイトルとして行番号を使用します。
  • シート名のみ: ウィンドウタイトルとしてシートネームを使用します。
  • ブックのロングネームのみ: ウィンドウタイトルとしてブック名を使用します。
  • カスタム: カスタマイズした文字列を使用してウィンドウのタイトルを作成します。
カスタム文字列

これは、レポートタイトルカスタムが選択されている場合のみ利用できます。自由な文字列を入力するか、変数i(行番号)またはポイント座標XYZと組み合わせてLabTalk 文字列レジスタを使用して文字列を作成します。

%N =ブックショートネーム
%A =ブックロングネーム
%B =シート名
I =行番号
X、Y、Z =データポイント座標

例の列で使用されているフォーム(例:%(1、@ W))に従う限り、@Optionsリストの要素を使用することもできます。

例: [%N]%B[$(I)] または[%(1,@W)]%(1,@WS)[$(i)]のいずれかで、[ブックショートネーム] シート名 [行番号]として表示されます。

ウィンドウタイトル

このドロップダウンリストを使ってウィンドウタイトルを指定します。次のオプションを利用できます。

  • 自動:グラフをアクティブにして、選択したデータポイントのブック名、シート名、列名、および行番号を表示します。例: [Book1]Sheet1(A,B)[3].ワークブックをアクティブにして、グラフ名、レイヤーインデックス、データプロットインデックス、列名、および選択したデータポイント行番号を表示します。例: [Graph1]1!1"B"[3].
  • なし: ウィンドウのタイトルを表示しません。
  • ブックシートとインデックス:選択したポイントのブック名、シート名、行番号をウィンドウタイトルとして表示します。例: [Book1]Sheet1[3].
  • インデックスのみ: ウィンドウタイトルとして行番号を使用します。
  • シート名のみ: ウィンドウタイトルとしてシートネームを使用します。
  • ブックのロングネームのみ: ウィンドウタイトルとしてブック名を使用します。
  • カスタム: カスタマイズした文字列を使用してウィンドウのタイトルを作成します。
カスタム文字列

これは、ウィンドウタイトルカスタムが選択されている場合のみ利用できます。自由な文字列を入力するか、変数i(行番号)またはポイント座標XYZと組み合わせてLabTalk 文字列レジスタを使用して文字列を作成します。

%N =ブックショートネーム
%A =ブックロングネーム
%B =シート名
I =行番号
X、Y、Z =データポイント座標

例の列で使用されているフォーム(例:%(1、@ W))に従う限り、@Optionsリストの要素を使用することもできます。

例: [%N]%B[$(I)] または[%(1,@W)]%(1,@WS)[$(i)]のいずれかで、[ブックショートネーム] シート名 [行番号]として表示されます。

列ヘッダとしてソースを表示

データ情報に列ヘッダを追加ヘッダには、各データ情報テーブル列のデータのソースが表示されます。通常は列のショートネームロングネーム、またはその他のワークシート列ラベル行見出しによって示されます。 またはデータ(座標)または相対(距離)。

フォント

Data info font.png
フォント フォントを設定します。
最小のフォントサイズ 最小のフォントサイズを設定します。デフォルトは10です。データ情報ウィンドウで列のサイズを変更すると、フォントサイズが変更されます。適切な最小サイズを設定すると、テキストが見やすくなります。
最大のフォントサイズ 最大のフォントサイズを設定します。デフォルトは16です。データ情報ウィンドウで列のサイズを変更すると、フォントサイズが変更されます。適切な最大サイズを設定すると、テキストが見やすくなります。
フォントの色とスタイル データ情報ウィンドウのフォントの色とスタイルを設定します。レポートタイトルは個別に設定できます。
  • カスタムカラーを選択するには、このトピックを参照してください。
  • 必要に応じて、太字、イタリック体、または下線付きのテキストを選択します。

タイトル

Data info title.png
タイトル行間隔 レポートタイトルの行間隔を設定します。
タイトルフォントスケーラ レポートタイトルテキストの倍率
フォントの色とスタイル レポートタイトルの色とスタイルを設定します。
  • カスタムカラーを選択するには、このトピックを参照してください。
  • 必要に応じて、太字、イタリック体、または下線付きのテキストを選択します。

背景

Data info background.png
背景 背景色を設定します。
列ヘッダの背景 列ヘッダの背景色を設定します。
グリッド線を表示 グリッド線の有効または無効
グリッド線の色 グリッド線の色を指定カスタムカラーを作成するには、このページを参照してください。
表示のため自動的にフィット データ情報ウィンドウのサイズを変更すると、ウィンドウにコンテンツを自動的に合わせます。

列の設定

列の設定はウィンドウ表示を編集するためのものです。

Data info column settings.png
タイプ

現在の列に表示する情報の種類を設定します。次のオプションがあります。

  • セパレータ: 空白の列を簡単に追加します
  • ラベル: ソースワークシートにある列ヘッダを表示します
  • : ソース リストから選択した値を報告します
  • シングルセル: 列にある全てのセルを一つのセルにまとめるオプションです
  • 数値表示形式: 現在の列に表示する内容を設定しますカスタム数値フォーマット をご参照ください。
ソース

タイプ =

  • データ (リーダー)
  • データ (カーソル1,、カーソル2)
  • 相関 (リーダー - カーソル1,、カーソル2 - カーソル1)
データリーダーに関する情報はこちらのページをご参照くださいデータリーダーツール.データカーソルに関する情報はこちらのページをご参照くださいデータカーソルツール.
  • シングルセル: 挿入された列は、表の高さにまたがる単一のセルです。セルには、行インデックスで指定されたワークシート値と、ソースリストで選択したワークシート列が表示されます。特にイメージや大きなテキストブロックを表示するのに便利です。
  • 数値表示形式:データ表示には使用されませんが、数値データを行単位でフォーマットするために使用される列を、表の他の列に挿入します。デフォルトの表示形式が要望する表示形式(小数点以下の桁数など)になっていない場合、これらのコントロールを使用して、データ情報ウィンドウまたはツールチップに数値形式を1行ずつ設定できます。
  1. 列セルをクリックすると、リストコントロールが表示されます。
  2. リストコントロールをクリックして、数値データの適切なカスタムフォーマットを選択します(このリストは単に例を示しており、一般的ではありません)。 カスタムコントロールを直接リストコントロールに入力することもできます。
Data info custom format list.png

「D」または「T」の後に数字Nを入力して、日付/時刻形式を指定する必要があります.Nは、「列のプロパティ」ダイアログの表示 ドロップダウンリストのフォーマット索引(順序は「0」から始まります) (例えば、D09/17/2018の表示日付に対応する)。


X、Y、またはZのデータポイント値でのみ動作します。

ソースをX / Y / Zに影響させる

列のロングネームがある場合には、このボックスをオンにして列のロングネームでソースデータをリスト表示します。 それ以外の場合はショートネームで表示します。このボックスは、ソースデータを表に追加する(Button Source X Data.pngでデータ値を追加する)ときに自動的に選択されます。

接頭語

列の内容に付ける接頭語を指定します。

ラベル接尾語

列の内容に付ける接尾語を指定します。

フォントスケーラ 列テキストの倍率
フォントの色とスタイル 列のテキストのフォントの色とスタイルを設定します。
  • カスタムカラーを選択するには、このトピックを参照してください。
  • 必要に応じて、太字、イタリック体、または下線付きのテキストを選択します。
列幅
  • <自動>: データ情報ウィンドウのサイズを変更します。データポイントツールチップの列幅コントロールなし(自動のみ)。
  • 文字数単位の幅
位置合わせ
  • 自動: テキストは左揃え、数値データは右揃えにします。
  • または 中心.

テーマの制御

カスタムのデータ情報設定は、アクティブなグラフウィンドウ、アクティブなグラフレイヤ、またはアクティブなデータプロットで保存することができます。さらに、後で保存したテーマを読み込むことができ、設定を再作成する手間を省くことができます。

Data Info Dialog Theme.png

テーマに名前を付けて保存

  • 保存先<グラフ>: アクティブなグラフウィンドウに表示設定を保存します。
  • 保存先<レイヤ>: アクティブなグラフレイヤに表示設定を保存します。
  • 保存先<データプロット>: アクティブなデータプロットに表示設定を保存します。
  • <デフォルト>として保存: デフォルト設定として現在の表示設定を保存します。
  • 保存: 使用中のテーマに現在の表示設定を保存します。
  • 名前を付けて保存: .現在の表示設定を、後で使用するユーザーや同僚と共有するために名前付きテーマに保存する。

テーマのロード

  • システムのデフォルト: 表示設定をシステムデフォルトに設定します。
  • 削除: 選択したテーマを削除
  • <前回どおり>: 最後に使用したテーマをロードします(保存する必要はありません)。
  • セパレータの下に他のテーマオプションが表示されることがあります。