Originコマンドウィンドウ

内容

  1. 1 コマンドウィンドウ
  2. 2 コマンドウィンドウのレイアウト
    1. 2.1 履歴パネル
    2. 2.2 コマンドパネル


コマンドウィンドウ

Origjnのコマンドウィンドウは、LabTalkスクリプトを実行するために使用されます。コマンドウィンドウでは、コマンド履歴やオートコンプリート機能を使用できます。

これを表示するには、メインメニューからウィンドウ:コマンドウィンドウを選択するか、ホットキー Alt + 3 を使用します。

このチュートリアルで、異なるタスクを実行するためのコマンドウィンドウの使い方について紹介しています。

コマンドウィンドウのレイアウト

コマンドウィンドウには2つの領域があります。

The Layout of the Command Window.png

履歴パネル

この履歴パネルでは、ユーザが入力したすべてのスクリプトコマンドの履歴を保持します。デフォルトで、エラー無く実行されたコマンドだけが履歴パネルに追加されます。(この動作はコマンドパネル内で右クリックして、ショートカットメニューから設定を選択して、変更することができます。 -- 以下参照)

右クリックショートカットメニュー での選択項目

スクリプトファイル(OGS)に保存

このコマンドは、コマンド履歴でコマンドが選択されている場合に利用できます。再度利用するために、選択したコマンドをOGSファイル(スクリプトファイル)に保存します。

選択を実行

このコマンドは、コマンド履歴の一部を選択し、選択したコマンドを実行します。

コピー

このコマンドは、履歴パネル内の選択したコマンドをコピーし、コマンドパネルに貼り付けたり、テキストファイルやOGSファイルに貼り付けるのに利用します。

クリア

このコマンドはパネル内のすべてまたは選択したテキストのみを消去するのに使うことができます。

印刷

このコマンドはパネル内のすべてまたは選択したテキストのみを印刷するのに使うことができます。

位置

このコマンドは、履歴パネルの相対的な位置を変更する場合に利用します。コマンドパネルの左、右、上、下に配置することができます。コマンドウィンドウを一度閉じ、再度開いたときに変更が有効になります。

コマンドパネル

このコマンドパネルでは、ユーザからのスクリプトコマンドを受け付けます。また、Xファンクションからの出力、Xファンクションのヘルプ、エラーメッセージを表示するのにも使用されます。

右クリックショートカットメニュー での選択項目

名前を付けて保存

このコマンドは、このパネルにあるすべてのテキストをテキストファイル(.TXT)に保存します。

切り取り

このコマンドは、コマンドラインの一部(プロンプトを含まず)が選択されている場合に利用できます。

コピー

このコマンドは、コマンドパネル内のテキストが選択されている場合に利用できます。このコマンドは、例えば、Xファンクションコマンドでこのパネルに出力された結果を選択してコピーし、別のアプリケーションに貼る付けるのに使うことができます。

貼り付け

このコマンドは、履歴パネル、テキストファイル内のスクリプトなどからコピーしたテキストを、このパネルに貼り付ける場合に利用します。

クリア

このコマンドはパネル内のすべてまたは選択したテキストのみを消去するのに使うことができます。

印刷

このコマンドはパネル内のすべてまたは選択したテキストのみを印刷するのに使うことができます。

設定

このコマンドは以下のオプションを提供するダイアログボックスを開きます。

  • オートコンプリート
このオプションは、コマンドパネルに入力するXファンクションのオートコンプリート機能のオプションを設定します。オートコンプリート機能を「自動的に開始(デフォルト)」、「オフ」、「矢印キーで開始」の3つから選択できます。
  • プロンプト
プロンプトの表記をデフォルトの「>>」にしたり、現在の時間や現在の作業ディレクトリを表示するように切り替えることができます。
  • コマンド履歴
コマンド履歴にコマンドをコピーするかどうかを指定します。