入力データを指定する

Originの分析ツールは、入力データを指定する方法がいくつかあります。それには、ワークシートで事前に選択、データ範囲を入力、リストから選択、ツールのインタラクティブデータ選択機能があります。 該当する時は、データ範囲選択は柔軟で、1つ以上のワークシート列、ワークシート列の一部、ワークシート列の不連続部分を選択できます。

入力データを選択してから、分析ツールを開く方法が最も簡単に入力データを指定できます。 そうすると、ツールを開いて自分で設定するといった面倒な操作を行うことなく、適切なデータ入力フィールドを初期化します。 例えば、ワークシートのY列やY列にあるいくつかの行を選択し、線形フィットツールを開きます。ツールの入力データブランチが選択したデータで初期化され、他のフィットオプションを設定して、OKをクリックして、線形フィットを実行します。複数Y列を選択する場合、各列は 「入力データ」の下に別の範囲として表示されます。 (必要に応じて、そのまま使うか、調整します。)すべての分析ツールが複数範囲選択で動作するわけではありません。例えば、スムージングツール(解析:信号処理:スムージング)は、1度に1つのXY範囲でのみ動作します。

分析ツールの「入力データ」の自動初期化は、グラフ化したデータでも適用されます。 グラフウィンドウをアクティブウィンドウとして分析ツールを開くと、アクティブレイヤアクティブな曲線が分析用に選択されます。 また、分析ツールを開く前に、1つの曲線または複数曲線の一部を選択することもできます。 これを行ってもダイアログボックスを開いた後で分析から曲線を追加したり、削除することもできます。 分析ツールが開いたときにアクティブな曲線がない場合、入力データブランチも空白になります。 グラフ内のデータ範囲の指定についての詳細は、グラフ内のデータ選択をご覧ください。

Origin 2020bから、X軸のスケールをカスタマイズするには、ズームまたは開始終了のスケールの値を設定したあと、分析ダイアログを開いて、Xスケール範囲を使用を選択して、グラフのXスケール範囲を入力範囲として分析できます。

Specifying Your Input Data-0.png


このトピックの残りはOriginの分析ダイアログの入力データブランチでデータ範囲を指定する方法を説明します。

リストからデータ列を指定する

入力データブランチの一番上のレベルは、入力データセットのすべてを表示します。+アイコンをクリックして、このブランチを拡張し、入力データ範囲を表示します。

Specifying Your Input Data-1-vNext.png

右向きの三角形ボタンをクリックすると、(a) アクティブウィンドウのデータ列のリストおよび (b) 入力範囲を指定または修正するメニューコマンドを表示します。

Specifying Your Input Data-2-vNext.png

それぞれのリストの内容は、その時アクティブになっているウィンドウの種類やどのボタンがクリックされたかに依存します。このオプションを使って次のことを行うことができます。

以下のことを行うには... 手順

入力データの変更

リストから別のデータを選択し、現在選択している列と置き換えます。

データ範囲の追加

リストから追加または全列を選択し、既存の範囲リストに新しい範囲のノードを追加します。 これは、ツールを閉じることなく行うことができます。

入力のリセット

リストの「リセット」コマンドをクリックすると、すべてのデータフィールドを消去し、入力データ範囲を再度入力することができます。

入力範囲の制限

範囲ノードにはボックスがあり、これにチェックが付いていると、分析するデータ行の開始終了を指定することができます。

解析ツールで行ごとに入力データを指定する場合、開始 = 0とすると、入力データ範囲の「最後の行」を指定することができます。 OH specify end row by 0.png

グラフ内のデータ選択

グラフウィンドウがアクティブなときにツールが開いていると、異なるデータリストが表示されます。 この場合、入力データブランチがアクティブな曲線を取り出しますが、アクティブレイヤまたはページから別の曲線を追加したり、置き換えることができます。

すべてのプロットを選択することも、リセットしてすべての範囲を消去することもできます。 グラフから選択オプションは、グラフに移動し、データセレクタツールを使って、1つまたは複数の曲線選択を行うことができます。

インタラクティブなデータ選択を使う

各データ範囲フィールドの隣に、インタラクティブデータ範囲セレクタボタンButton Select Data Interactive.pngがあります。このボタンをクリックすると、ウィンドウが「ロールアップ」します。 ロールアップした状態では、ダイアログボックスの外側を操作でき、データ範囲を選択することができます。(ツールを開いたときにアクティブだったウィンドウであるワークシートまたはグラフのどちらかのデータを選択します。)

範囲を選択したら、 ロールアップしたダイアログボックスの右端にあるボタンをクリックします。すると、分析ツールに戻り、入力データノードに選択したデータ範囲が反映されます。

Specifying Your Input Data-3.png

データ範囲選択についての詳細は、次のトピックをご覧ください。

入力データ ブランチでデータ範囲の文字列を入力する

LabTalkのデータ範囲表記のシンタックスに詳しければ、「入力データ」ブランチの下にある編集ボックスに直接入力して、入力範囲を指定できます。一部の解析は、単一のデータセットのペア(例:補間/補外)に対して作用し、この場合のシンタックスは、

[Waterfall]Waterfall!(A,B)

ワークブックウォーターフォールおよびワークシートウォーターフォールの列A、列Bを指定します。

その他の解析は、複数のデータセット(例:テーマによるバッチピーク解析)に対して同時に作用し、この場合のシンタックスは、

[MultiplePeaks]"Multiple Peaks"!(A,B:E)

ワークブック複数ピークおよびワークシート複数ピークの列A、列BおよびC列を指定します。

XY列属性を必要としない解析(例:度数表)では、この場合のシンタックスは、

[MultiplePeaks]"Multiple Peaks"!(2:5)

列2から5を指定します。

LabTalkのデータ範囲表記のシンタックスについての詳細は、こちらを参照してください。

ワークシートに多数の列データが含まれている場合、入力データテキストボックスは上手く作動しないように見えます。このような場合は、範囲文字列をメモ帳のウィンドウに入力してから、テキストボックスにコピーして貼り付けてください。

異なるブラウザでオブジェクトを選択する

異なる分析ダイアログでは、データ入力ノードから異なるオブジェクトブラウザを開くことができます。これらのブラウザは、現在のワークブック、現在のフォルダなどのような指定したパスにある有効な分析オブジェクトを一覧表示します。これらのブラウザから分析データを選択、追加、置換、削除を行うことができます。

列/範囲/でデータセットブラウザ

ほとんどの分析ダイアログでは、範囲テキストボックスの右にあるボタンをクリックして、列を選択メニューを選択するか、非線形曲線フィットダイアログの Specifying Your Input Data-4.pngボタンをクリックして、列ブラウザを開きます。データセットブラウザ列ブラウザ範囲ブラウザダイアログは、同じように使用できます。
Column Browser 01.png
このダイアログボックスを使って次のことを行うことができます。

操作したいこと: 手順

異なる場所にある列を表示

列リストドロップダウンリストから適切な場所を選択します。

ブラウザにある列を除外

上側のブラウザパネルに多くのデータセットがあるとき、表示したくないデータセットを選択して、除外ボタンをクリックします。

指定の識別子で列をフィルタする

フィルタドロップダウンリストを使用して識別子を指定し、次の条件のドロップダウンリストから目的の値を選択します。

たとえば、フィルタリストで列ロングネームを選択し、条件値をSensor A yに設定すると、現在の場所にロングネーム「Sensor A y」のすべての列が上部パネルに表示されます。
Column Browser 02.png

列をソート

上側のパネルで、シート、インデックス、ロングネームなどの列のヘッダをクリックし、データセットをソートします。階層(ネスト)ソートするには、2番目の列ヘッダをクリックする前にSHIFTキーを押します。

複数の列を1つの塊として追加します。

CtrlまたはShiftキーを押しながら、複数の列を上側パネルから選択し、ブロックとして追加ボタンをクリックします。

列を追加

上側のパネルから列を選択し、追加ボタンをクリックします。

列を削除

下側のパネルから列を選択し、削除ボタンをクリックします。

グラフからのデータのみを選択

上のブラウザパネルに、ワークシートとグラフの両方のデータセットがある場合、グラフからのデータのみを選択ボックスにチェックを入れると、ワークシートからのデータセットを非表示にして、グラフのデータのみを表示できます。

値の設定ダイアログから変数:範囲変数の追加ダイアログメニューを選択して開くことができる範囲ブラウザの場合、除外ボタンの横に挿入モードオプションが1つあります。これを使用して、名前またはインデックスによって範囲を挿入する方法を決定できます。

range r1 = [Step01]1!Col(2);  ///シート/列番号による
range r2 = [Step01]Step01!B"Sensor A x"; ///シート/列名による

線形フィットダイアログの入力データブランチまたは他のいくつかの分析ツールから開くことができるデータセットブラウザの場合、除外ボタンの横にあるグラフからのデータセットのみを選択チェックボックスが存在します。これを使用して、選択した場所内のグラフのデータセットを除外できます。

行列ブラウザ

行列の拡張ダイアログや行列の転置ダイアログなどの行列関係ダイアログには、右向き矢印ボタンButton Select Input.pngがあり、 行列ブラウザを選択して行列ブラウザダイアログを開くことができます。

このダイアログボックスを使って次のことを行うことができます。

操作したいこと: 手順

異なる場所にある行列を表示

行列のリスト 」ドロップダウンリストから適切な場所を選択します。

行列を削除

下側のパネルから行列を選択し、「除外」ボタンをクリックします。

列をソート

上側のパネルで、シートインデックスロングネームなどの列のヘッダをクリックし、データセットをソートします。階層(ネスト)ソートするには、2番目の列ヘッダをクリックする前にSHIFTキーを押します。

ブラウザにある行列を除外

上側のブラウザパネルに多くの行列があるとき、表示したくない行列を選択して、除外ボタンをクリックします。

選択した行列を置換

行列を選択して下部パネルに追加したら、上部パネルで別の行列を選択し、「置換」ボタンをクリックして置換できます。

行列の値の設定ダイアログでMat(1):行列ブラウザを選択すると、行列オブジェクトブラウザが開き、現在の行列ウィンドウ内の行列オブジェクトを選択することができます。ブラウザ内で一つの行列オブジェクトを選択し、親ダイアログに追加できます。

イメージブラウザ

イメージ処理ツールでは、範囲ボックスの右にある右向き三角のボタンをクリックして、イメージブラウザメニューを選択して、イメージブラウザを開きます。

このダイアログボックスを使って次のことを行うことができます。

操作したいこと: 手順

異なる場所にあるイメージを表示

リストイメージ 」ドロップダウンリストから適切な場所を選択します。

イメージの削除

下側のパネルからイメージを選択し、「削除」ボタンをクリックします。

イメージの置換

上側と下側のパネルからそれぞれイメージを選択し、「置換」ボタンをクリックします。

イメージのソート

上側のパネルで、シートインデックスロングネームなどの列タイトルをクリックし、データセットをソートします。

ブラウザ内でイメージの除外

上側のブラウザパネルに多くのイメージがあるとき、表示したくないイメージを選択して、除外ボタンをクリックします。

グラフブラウザ

グラフの統合グラフのエクスポートでは、入力または出力モードを「指定」にしているときに、ボタンをクリックして、グラフブラウザダイアログボックスを開きます。

このダイアログボックスを使って次のことを行うことができます。

目的の結果 手順

グラフの追加または削除

左または右のパネルでグラフを選択し、 Button Expand Panel Right.png または Button Expand Panel Left.pngボタンを使って、グラフを追加または削除します。

レポートツリーブラウザ

フィット比較ツール(fitcmpdata と fitcmpmodel)は、2つのフィットを比較するためにフィット結果を使用します。ボタンをクリックすると、レポートツリーブラウザが開き、フィットレポートワークシートを指定できます。

このダイアログボックスを使って次のことを行うことができます。

操作したいこと: 手順

レポートワークシートを指定

ダブルクリックしてレポートワークシートを選択します。

レポートワークシートをソート

ワークシート、クラスなどの列タイトルをクリックしてワークシートをソートします。

シートブラウザ

複数ページの PDFファイルとしてイメージファイルとしてダイアログでは、指定モードを利用している時に、ボタンをクリックしてシートブラウザダイアログを開く事ができます。
また、レイアウトを新規に作成して、ワークシートの追加シートブラウザダイアログのコンテキストメニューから選択する事もできます。

このダイアログボックスを使って次のことを行うことができます。

目的の結果 手順

ワークシートを追加する

右側パネルでワークシートを選択してOKボタンをクリックします。

ショートカットでワークシートを追加する

ショートカットページを追加のチェックを付け、ワークブックのショートカットが左側パネルに表示されます。そして、どのワークシートに追加するか、選べます。
(ショートカットを作成するには)